ル・マン24時間耐久レース 総合優勝「マツダ 787B」 理想のエンジン「ロータリーエンジン」


RX-7のフロントスタイルは今ではほとんど見なくなった丸みを帯びたリトラクタブル・ヘッドライトとエッジの効いたフォグランプのバランスとボンネット全体の統一的流線形が美しい。ちなみにこの車体に格納できるタイプのヘッドライトを採用した車はRX-7の生産終了によって日本市場から消えてしまった。

file_convert_20170220011709.jpg

実をいうと、私はバックスタイルが好きである。私の中で対になっているものを一つに統一してしまうことは大きな挑戦であるが、まさにこのバックライトはそのいい例である。この挑戦的な試みに見事成功していると私には感じられるのである(ホンダNSXもその一つだ)。いわゆるスポーツカーの類は似通ったフロントスタイルになっていることが多い。それゆえバックスタイルがとても重要になってくるのだ。

だが、父が私にRX-7をプレゼントしたのはこうした外見上のかっこよさを気に入ると思ってのことではない。私は前述のように自動車に興味を持ち始めて、必然的にモータースポーツにも興味を抱いた。その中でも最高峰のレースといえば、F1とル・マン24時間耐久レースだが―のちにルイス・ハミルトンの姿に感銘を受け、F1に面白さを見出す―、リアルな自動車レースゲームとして名高いグランツーリスモにはまっていた私は、ル・マンで走っているようなレーシングマシンが格好良く見えた。そして、日本車で唯一「マツダ 787B」という車が総合優勝を果たしたことを知った。

20_convert_20170220014817.jpg

たしか、ゲーム内である条件を達成するとドライビングすることができ、猛烈に憧れたものだった。いつか乗り回してみたい、それがゲームを続けるモチベーションでもあった。ライトがなんとも愛くるしくて、錚々たる海外メーカーとこの子が戦ったのかと思うとよく頑張ったと称えないではいられない、ましてや優勝してしまうなんて…言葉では言い表せないほど感動してしまう。

驚くべきはそのエンジンでロータリーエンジン。このエンジンでの優勝も初とのこと。初どころか唯一の優勝かもしれない。理系脳である私は、そのエンジンの構造を知り、これこそ真の発明だと思ったものだ。発明家になったつもりで、ロータリーエンジンの構造を自分で研究してみると、三角ローターとハウジングはそれぞれ数学的特徴を持っており、その曲線と凹凸がどのように作用しているのか非常に難しい数式がそこに見出された。

img_1_convert_20170220014616.jpg

とにかく美しく、三角のローターが回転することで無駄なく、吸気と排気が可能で、省スペースでもある。エンジンの理想形とさえ思えてくる。この奇跡のエンジンともいうべき、「ロータリーエンジン」搭載車がRX-7だったのである。父はそれを思って私にプレゼントしたのだと思う。しかしながら、現実には、摩擦部分の消耗が激しかったり、熱効率が悪かったりと高性能と呼べるものではなかったようだ―ル・マン総合優勝と矛盾するようにも思えるが、実際に乗っていても、オイルは減る、燃費は悪い、エンジントラブルなど、気軽に乗れる自動車ではなかった。

結局私は、維持費がかさむようになり、乗り始めてからそれほど多く乗らずして乗り換えを決意することになった。共に過ごした時間は長くはなかったかもしれないが、手のかかるヤツではあったし、初めての車でもあり、印象深い車の一つであることは間違いない。

自動車免許の取得と初代マイカー マツダ RX-7


こんにちは。
どうぞお付き合いください。

高2の冬、東大志望の私に、母は塾へ行くことをすすめるのかと思いきや、自動車学校へ行くことをすすめた。せっかく誕生日が早いのだから取ってしまいなさいということだった。私の母はなかなかぶっ飛んでいる、そのことを表すエピソードの一つであり、私はこのことを生涯忘れないであろう。

周りのみんなは部活を終え、塾へと向かうが、私は自動車学校へと向かう。シャープペンシルではなく、ハンドルを握り、微積の講義ではなく、道路交通法を学んでいる。ちゃんちゃら可笑しいとはまさにこのこと。自動車免許取得までおよそ2、3か月だったが、小、中学校の先輩と一緒になったり―通常高校卒業を機に自動車免許を取る場合が多いので、ちょうど重なった―、普段とは違う交流があったのも楽しかった。勿論、同級生にも会ったが彼らはまともに学校へ行ってるのか疑わしい、大学受験など受けそうもない低偏差値の学校の連中だったから暢気なものだったが、そんな空気も新鮮で彼らとの会話は心地よかった。無論、道路交通法の教科書と一緒に数学の青チャートはカバンに入っていて、隙間時間には学習も怠らなかった。というよりも、数学は私にとってスマートフォンの「パズドラ」のようなゲームの暇つぶしであったため、携帯ゲームを持ち運ぶのとなんら違いはなかった。

免許の試験当日は2つ上の中学時代の部活の先輩と偶然一緒になり、非常に心強かった。彼もやはり偏差値で言えば頼りなかったが、ユーモアは抜群で、余裕綽々で近くのそば屋で昼食を奢ってくれた。100点満点だったか忘れたが私は98点で先輩は92点か何かで、2年も後輩の私を褒めちぎった。部活動での当時もかわいがってくれた先輩であり、上下関係が厳しい運動部でも、いや、そうだからこそ築ける師弟関係のような、兄弟のような気持ちのよい関係がある。私は知らず知らずのうちに、そうした幸福な立場を確立していたのである。だが、逆に私がそのような先輩であるかという段になると甚だ疑問である。おそらく、私は先輩としては失格だろうと思う。

私は無事自動車免許を取得することができた。しかし、ノーリスクというわけでもなく、私は少しだけ犠牲を払わなければならなかった―甲子園大会の予選に向けた練習を免許の試験のために休んだため、練習試合でメンバーを外された。私は免許取得のことを一切口にしなかった。そもそも学校で許されていたかどうかもわからない。

高校在学中に、大学受験を控えたわが子に運転免許を取らせる母親もさることながら、父親の方はというと…

00510000161000590633_01_convert_20170211010051.jpg

免許取得してまだ日の浅い、ある日ガレージには「マツダ RX-7」が停まっていた。

お読みいただきありがとうございます。

姉は私のファッションリーダー 初めて買ったブランド品 PAUL SMITH の長財布


こんにちは。
どうぞお付き合いください。

姉は私のファッションリーダーだった。高校生で、登下校のマフラーはバーバリー。休日には「ブルガリ ブループールオム」をまとい、街へ出かけていった。よく読んでいた雑誌は海外のゴシップ系のもので、気になる洋服があると注文していたようだった。それゆえ日本ではみなれない色合いやデザインのものが多かった。化粧にも人一倍こだわりがあって、研究熱心でもあった。そんな姉を身近で見ていたので自然と人並みにファッションへの興味を抱くようになった。私のような内向的な生活をしている者にとって疎遠であるはずのものなので、ありがたい存在であった。ファッションのおもしろさ、奥深さ、これは文学や芸術につながるものでもあり、また経済社会、資本主義の構造を顕著に表す概念でもあるように思う。私は何を買うにしても姉に相談ばかりしていた。そんな中、私がファッションを通して知った概念が”ブランド”である。大学生になって、持ち物を一新することで高校生から脱皮しようと考えた私はそのシンボルを特段の理由もないが、財布にしたのであった。確か、当時使っていたものは、母が入学祝に三越(百貨店での買い物は初めてだったかもしれない。無論、自分で稼いだお金ではない、自分で買ったのはもっと後になってからだ)で買ってくれた、二つ折りのシンプルでしっかりとしたつくりの、ハイブランドではないが、信頼できるmade in ITALYのもので、こちらも思い出深いアイテムで、部屋の一隅で眠っている。

71b0M4gxhZL__UL1500__convert_20170130162725.jpg

姉が私にすすめたのがこの「PAUL SMITH」のラウンドジッパーではない長財布であった。私は鮮やかなストライプが前面を覆うデザインに大きな衝撃を受けた。姉は派手とはいわないが、華があると形容できるような人間で、そのことはこの選択からも明らかだった。同時に、私へのファッションスタイルの要望でもあった。たしか3万円くらいしたと思うが、当時は財布に3万円、中身より外身の方が常に価値を上回るのはいかがなものかと考えていたが、のちに、10年近く経っても、大きな損傷もなく使用できることで十分にそれだけの価値を知ることになる。

PAUL SMITHの象徴でもあるマルチストライプは心地よいランダム、対称性のやぶれのような根源的な美を感じないではいられない。またかぶせぶた型の長財布は軽やかかつアクティブな印象を与えるので、大学生の私にはとてもフィットした。最近、大学時代に仲の良かった友人がこんなことを言った。

「懐かしいな、そのポールスミスの財布。まだ使えるんだね、やっぱモノがいいやつだったんだね。」

「うん、今では色落ちもしてきちゃったし、皮の傷みも目立つから、サブとしてこうやって現場仕事のときや旅のときに持っていくんだ。」

「実は、俺。」といって、徐に彼がバッグから取り出したのは、さりげなくマルチストライプが施された、シックなポールスミスの長財布だった。

「しゃれた財布だな、と思ってて就職した時に買おうと思って買ったんだよな。かたすぎなくて、遊び心があるっていうか、今では値段も手ごろだといえるくらいだし、一応ブランドってことで大人な感じもするだろう?」と笑った。

私はその財布を皮切りに、ポールスミスのアイテムをいくつか手にすることになった。イギリス的紳士に憧れる私ではあるし、色彩を取り入れたい願いにも応えるお気に入りのブランドである。

お読みいただきありがとうございました。

「スバル レガシィ B4」 「美」・「カッコよさ」への芽生え

私が「美」・「かっこよさ」というものを強く意識したのは小学生の時分、「スバル レガシィ B4」を目にしたときのことだった。

当時、Y君と車に二人で乗っていると、通り過ぎる車の車名を彼は次々と言い当てた。「あれはマークⅡ、その次に来たのはサニー、停まっている黄色い車はシビックだ」とか、「フィットはカローラの販売台数を塗り替えた車だよ」と小学生とは思えない知識量で私は羨望のまなざしで見ていた。「ルシーダとエミーナはよく似ているけれど少し違っているんだ」。私には判別できない相違を彼はいとも簡単に認識することができた、それから私は注意深く行き交う車とその車名を一致させつつ記憶するようになった。ある日走り去ったある車の姿に感銘を受けた。それが前述の「スバル レガシィ B4」であった。

00510000011000590983_01_convert_20170117013205.jpg

ヘッドライトの形と紫がかったような青色が私の気に入った。これほどスポイラーが似合う車はなかなかないといまだに思う。車のみならず物のデザインに対する関心を芽生えさせたのは間違いなくこの車との出会いである。私はすっかり車が好きになった。

車好きの人から見れば私は素人同然であるし、デザイン重視の好みである。エンジンや足回りの構造などの詳細は気にもしていない。

スバルは国産メーカーの中でも特異な存在で、自動車製造のアプローチが他社と大きく差がある。富士重工が製造しているというのも渋く、ラリーの参戦やエンジンへのこだわりなど男心をくすぐる。

私の中で特別な車の一つであるから、今回記事にしてみた次第である。

読書の必需品 GUCCIのボストン型眼鏡

眼鏡は私の読書の必需品。これがなければ私は読書を楽しむことができないので愛着を人一倍持っている。前回の記事で経済的発展、物質的アプローチをしていきたいと書いた。そこでこの眼鏡について書いてみたい。

Gucci_GG_1087-F_Asian_Fit_WR9_convert_20170105230713.jpg

GUCCIの「GG 1087/F」 というモデルの眼鏡だ。ややウェリントンよりのボストン型といったところで、レンズが大きく視界も良好。柄の裏側にはmade in ITALYの刻印がある。眼鏡屋の店主によると、海外製のものはプラスチックの質が良いとのこと。私がこのグッチの眼鏡のもっとも気に入っている点はパッと見ではグッチだと分からないところである。折りたたむと柄の先端の裏側にGGのロゴがあるのがあり、使用時は柄のレンズよりの部分に片側、左側にだけGUCCIとさりげなく彫られている。なのでほとんどだれからもグッチの眼鏡だとは気づかれない。私はブランドの伝統と技術とプライドに信頼を置いていて、愛用品は意外にブランドものが多いのだが、グッチは興味のあるブランドでありながら、所有していなかった。この眼鏡との出会いは運命的ですらあった。ユニセックスのようなデザインで店主がガラスケースからぜひお試しくださいと勧めてくれたもので、かけてみると非常に似合っているように思った。なるほど、アジアモデルで日本人の骨格に合うようにつくられたものであった。グッチの眼鏡といえば、印象的なのは高校時代、友人のIがデザイン性の高いグッチの眼鏡をかけて登校していたことだ。以前から若者にも人気のあったグッチの眼鏡だが、KENZOの眼鏡が販売されなくなったように、ブランド側と販売側との間で問題となり(値下げなどによるブランド力の低下を引き起こした)、生産が縮小され、以前のようには手に入らなくなるとのことだった。一層購買意欲が高まったのは言うまでもない。べっこう柄のフレーム、そのデザインはさすがグッチと思わせるもので、レンズの傾きやレンズと柄の接続部分の形状などは素晴らしい(付属の眼鏡ケースはリサイクルできる)。トムフォードの眼鏡と少し迷ったが、トムフォードの眼鏡はレンズ脇のトムフォードを象徴するTに抵抗があったのと、フレームのふちに厚みがあり、眼鏡の存在が際立ちすぎて私の好みには合わなかった。

眼鏡は視力を矯正するだけのアイテムではなく、気持を上げ、印象までよくしてくれる魔法のアイテムである。これからもこの眼鏡とともに読書を続けていきたい。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる