スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『道徳感情論』 私の精神の成長の記録


この世界には、”読むべき”ではなく、”読まなければならない”書物というものがあると私は思う。それは現代に生きる人々の義務であり、この世界の未来のための責任であると信じている。その一つに『国富論』がある。著者はアダム・スミスで、「見えざる手」はあまりに有名であろう。だが、岩波文庫で『国富論』を検索すると全四冊の大作であり、社会科学を意味する白帯、特に社会科学においては無知の私にとってはとても手の出せない代物であった。また『国富論』と経済学の双璧をなすともいえる『資本論 マルクス著』に至っては全九冊であり、もはや私にはこれを読破する時間も、体力も残っておらず、それを理解するには余りに貧弱な頭脳であるため、あきらめていた。

「知ってるか、アダム・スミスは道徳の先生だったんだぜ?『国富論』の前に『道徳感情論』を読む必要があるね。まぁ、それをしっかりと理解したうえで『国富論』に臨むことだよ。『道徳感情論』はたしかに『国富論』ほど有名ではないかもしれないが、アダム・スミスの思想の根幹にあるものはこちらに色濃く表現されているように思う。」

Pはこんなことを言った。『道徳感情論』か、調べてみると上下巻であり、なるほど道徳であるならば、経済を論じられるよりも理解できそうな気もした。

このブログはずっと文学作品の抜粋を冒頭にかかげ、そこから紡ぎ出された思索と思想をつづるスタイルをとっていたが、私がこの『道徳感情論』を読み進め、その最中も、読み終えたときも、私の得た感想というのは未理解であった。いかに私の知力が乏しいか、それを改めて痛感させる書物であった。私たちは基本的に経験によってしか理解することはできないのだと思う、だが賢い人間というのは経験をせずして、他者の言論を理解することができるのであり、ゆえに人生で得るもの以上のなにかを説明することができるのではないだろうか。知力の乏しい私が、さも分かったように文学作品を論ずるのは間違っている。私ができることと言えば、その書物によって何を感じ、どのように成長することができるのか、その可能性を見出すことでしかない。文学に親しむきっかけになればとの思いも確かにあった。しかしながら、それは益のないことのようであるし、私の成長を綴ることの方がよほど、文学的ではないだろうか。私は作家になりたいわけでも、思想家になりたいわけでも、宗教家になりたいわけでも、資産家になりたいわけでもないのである。自分自身になろうとしているようでもあるし、自分自身を凌駕していこうとしているようでもある。あるいは、自分自身を無に帰そうとしているようでもある。

一人の人間として社会で生きられるように育ててくれた親への感謝

ああ、子に対する母の愛には、他のあらゆる愛を凌駕する永遠のやさしさが秘められている。この種の愛は我欲によって冷まされることはまずない。ましてや、危険に晒されたからといって怯え慄くこともない。また、その子が立派な人物に成長しなかったからと言って、その愛情が消滅することはない。母親というものは自分の生涯のあらゆる歓楽を犠牲にしてまでも、子供のために何かをしてやりたいと考えるものである。親はすべての喜びを、子供のために捧げるのである。親は子供の名誉を誇り、子供の立身栄達を喜ぶのだ。しかし、もしわが子に不幸が降りかかるようなことがあれば、不憫さゆえに親はその子をなおさらいとおしく思うのだ。わが子に不名誉が及ぶことがあったとしても、それにかまわず親は息子を愛して慈しむのである。もしも、全世界の人々がわが子を見捨てたとしても、母親は愛しい自分の息子を守るものである。   『スケッチ・ブック』 アーヴィング著より



この春、私は家を出た。かつて思い描いた未来では、私はとっくに家を出て、自立して、立派な人物になっていたはずだった。親を安心させ、親孝行らしい親孝行の一つや二つやり遂げているはずだった。ところが、ずいぶん遠回りをしてしまって、私も若さを失い、親もすっかり年老いて、私が果たそうとした立派な親孝行はこの遅れによって難しいものになり、どうやって形を繕おうとも苦い思いが混じってしまうであろう。仮に、親子が信頼しあい、運命がもたらしたその問題を受け止め、力を合わせて乗り越えることができたなら、その絆は生涯かたく結ばれたままであったであろう。私自身は精いっぱい向き合ったつもりだ、そして親も自分自身に向き合い、親としてのあるべき姿を模索したであろう。しかし、問題を正しく把握し、私を理解することはできなかったようだった。人は、己が経験したことのないことは想像することさえ難しい、ましてやそれを理解することなど不可能である。私はこう理解していた、だがせめて親身になって分かろうという心と心を氷解させようという努力を感じたかった。ついに私は希望も夢もあきらめて、そのまま故郷に残ることにした。家を出る大義はなくなった。親と過ごす時間の有限に初めて思いをはせたのはこのときだった。親と過ごすこの当たり前の時間を惜しんで生活し、終わりを予期し、永遠を見いだせないかと奮闘した。自分の命を捨ててでもわが子を守るという母の言葉と、無理解という大きな矛盾に私は大いに苦しんだ。やがて仕事を始め、少しずつ自分の力で立とうという人生への挑戦に駆り立てられていった。振り返れば、その時その時に課題があり、深慮があった。自立のための準備期間と言えなくもなさそうだが、怠慢とも結論できそうだ。あれほど長く、親元で暮らしていたにもかかわらず、日々自分の力で生活を送れていることは少なからず私自身驚嘆した。親元を離れて初めて親のありがたみが分かるというが―これはおそらく不便を感じて、親の世話がいかに行き届いていたか、どれだけその配慮の元、守られ助けられていたかに気づくということだろうが、私の場合、何不自由なく親がいたときと変わりなく生活を送れていることに気づいた時、親がいかに私を鍛え、自立するための教育を与えてくれたか、そのことを示していた。規則正しく、身辺整理を怠らず、日々を大切に生きること、それを何度も何度も無意識のレベルにまで刷り込む作業を私は知らず知らずのうちに親元で施されていたのである。一人の人間が、一人の人間として社会で生きること、それはとても尊い。私は一人、心で親に向かって、今まで感じたことのない崇高な感謝と尊敬の念を抱いた。

新人賞を目指す男のブログ


Y君、あなたは伝道的観念が強い(キリスト教を他人に伝道するということを直接に指すのではない。)割合に自己生活の内省が深刻を欠いではいないであろうか。自己の生活について自信が強すぎはしまいか。自己の生活に威力を感じ過ぎはしまいか。試みにあなたの周囲を見たまえ。何処に肯定的な、自信のある、強い生活を送ってるものがあろう。淋しい、弱い、自信のない、大きな声を出して他人に叫ぶのは羞しいような生活をしてる人ばかりではないか。そういう強い、肯定的な、力ある生活を送ろうと思ってあせりつつも、出来ないで疲労するものもある。廃頽するものもある。はなはだしきは自殺するものもある。あるいは蒼ざめ衰えてなお苦しき努力を続けてるものもある。人生は限りなく淋しい。あなたは少なくとも寂しい思索家などのいうことに今少し耳を傾ける必要はないであろうか。私はそれについてある実例をあなたに示したい。私の友人はさんざん行き悩んだ末、芸術より外に私の行く道はないといって、学校も欠席して毎日下宿屋の二階に蟄居して一生懸命創作をした。そして二百枚も書いた。私はこの頃世に出る片々たる短編小説などよりどれほど優れてるかしれないから、完成さして発表してはどうかといっていた。ところがある日私がその家を訪ねて続きを見せろといったらもう止したといって淋しそうな顔をした。それは惜しいではないか。あれほど熱心に書いたのに、どうしたのだと訊いたら「君、私の生活にはちっとも威力がない!創作したって何になろう。」といって顔をしかめた。私はその時二人の間に漂うた涙のない、耗り切れたような悲哀と、また理解と厳粛とをあなたにあなたに味わせたいと思う。   『愛と認識との出発』 倉田百三著より



私はずっと理系の人間であった。世界はすべて数式で構築され、問題には必ず答えが存在すると信じて疑わなかった。けれども、精神と肉体に私は矛盾を感じざるを得なかったし、群像は説明不可能であった。数学的に思考しながら、常に不可解な人間生活を送らなければならなかったのである。私はどうしても仮想空間を準備して、条件付けをした上でなければ感情を有する個人として存在することができなかった、故に文学に没頭していった。ラプラス変換の有効性に数学的思考の転回を学びながら、ラスコーリニコフの危険思想に惹かれていた。来る日も来る日も、文学を携え講義に臨み、私は文学に熱中していった。次第に講義から足は遠ざかり、学校へは行くものの、向かうのは図書館で、昼食もろくに取らず、気が付けば日が暮れていた。学校へ何をしに来ているのだか、徐々に重なる欠席は文学と私を堅く結びつけ、社会生活を遠ざける結果を約束していた。世界には文学あるのみだ、現実世界がなんだというのだ、文学こそが私にとって世界なのだ。私は勢い込んだ。夏目漱石が処女作であるにもかかわらず「吾輩は猫である」を約36万字という驚異的なボリュームで物したことに驚愕し、どうあってもせめてボリュームだけでも同等の作品に仕上げなければならないと机に向かった。じきに原稿用紙は200枚に及んだ。貧弱で心もとない小説が、首の座らない赤子のごとき作品が予感される出来栄えだった。しがない一学生になにができるであろう!私は旅をしようと思った、私は働こうと思った、私は恋をしようと思った、私は、人間の生活というものを一からやり直そうと思った。

Kは言った。

「そんな背伸びをしたって始まらない。君の作品はたしかに未熟だ。しかし、思いがよくこもっている。読みながら、ひたむきな君の姿勢が伝わってくる。それは重厚な長編を書き上げたらみあげたものだ。だが、完成させてみることだよ。すべてはそれからだ。私は思うんだが、新人賞に応募してみてはどうか。原稿用紙200枚程度だ。」

新人賞は私にとって全く世界の外側にある出来事だったため、はっとした。新人賞を目指して小説を書く、これはなかなかにおもしろいではないか。新人賞の応募総数は非常に多いそうだが、どのような人物が新人賞を狙って小説を書き、日々奮闘しているのかということはなかなか知られない。一人の新人賞を目指す男のブログというのも悪くない。私は早速ペンを走らせた。

目標がなければ努力のしようがない


私はそんなあやふやな態度で世の中へ出てとうとう教師になったというより教師にされてしまったのです。幸に語学の方は怪しいにせよ、どうかこうかお茶を濁して行かれるから、その日その日はまあ無事に済んでいましたが、腹の中は常に空虚でした。空虚ならいっそ思い切りが好かったかも知れませんが、何だか不愉快な煮え切らない漠然たるものが、至る所に潜んでいるようで堪らないのです。しかも一方では自分の職業としている教師というものに少しの興味も有ち得ないのです。教育者であるという素因の私に欠乏している事は始めから知っていましたが、ただ教場で英語を教える事が既に面倒なのだから仕方がありません。私は始終中腰で隙があったら、自分の本領へ飛び移ろう飛び移ろうとのみ思っていたのですが、さてその本領というのがあるようで、無いようで、どこを向いても、思い切ってやっと飛び移れないのです。   『私の個人主義』 夏目漱石の講演より


働かないで済むのなら、働かないで済ませたい。そんな思いが私の心のどこかにあったのでしょう、とうとう私は25歳になるまで社会というものを知らず、他人に頭一つ下げることもなかったのです。しかし、そんな毎日を過ごしていても未来は一向に明るく輝いては来なかったのです。太陽がいいほど高くなったくらいに寝床を出る。するとどこからか発動機の音や工夫の掛け声が聞こえてくる。世界というか経済という社会に取り残されている心持がして、また生きるための健闘から逃げているような気がしてのうのうとしているのも間違っているように思えました。友人の一人は主任という肩書を手にし、出世の一途をたどっているというのに、30歳になるまでにキャリアは皆無で、まともに働いたことすらないとなると、一般市民としてやり直しがきかなくなってしまうという厳然たる事実も私は意識し始めました。しかし、時すでに遅く、私に残されていた職業というのは出世の見込みのない、その上、来年、その次と保証のない仕事でした。そのような社内では重要度の低い、あってもなくてもいいような、不注意から拵えてしまった、まあ厄介な仕事ですから、大した責任を担うこともなく、気をもむ必要もないので、その日その日は済んでいきます。ではこれが、生涯続けられる仕事か、人生を捧げるに値する仕事か、と自分自身に問うてみると、なんの意気込みも湧き上がって来ないのでした。

毎日、定められた勤務時間内で与えられた仕事を片付ければ、それでお給料は頂けたので、必要最低限の注意と活力を仕事に注ぎ、仕事の間隙を思索と読書に費やしていました。仕事を終えると身心を整えることに努めました。チャンスが与えられたとき、それをしっかりと掴めるだけの準備はしておこうと思っていたのです、運命の神様は後頭部が禿げているといいますし、けれど、そのチャンスとはいったいどんな種類のものかということに関して見当は全くついていませんでした。ですから、努力をしようにも、何をしたらいいかわからないといった具合で、チャンスらしいチャンスもなく―私自身がそのチャンスの何たるかを了解していないのですから当然です―、時間だけが過ぎていきました。

私の青春に巻き添えを食った不運な人々


自分の青春が空しく過ぎたと思うのは、何と淋しいことだろう。自分がたえず青春に背いて来たと、また青春にみごと一杯食わされたと、自分のよりよい望みも新鮮な夢も、秋の木の葉が朽ちるように、みるみるうちに朽ち果てたと思うのは。自分の行く手に、ただ食事ばかりが長々と連なっているのを見るのはたまらない。人生を儀式のように眺め、しかつめらしい人の群の後ろから、世論も情熱も分けてもらえず、とぼとぼと歩いて行くのはやる瀬ない。   『オネーギン』 プーシキン作より


私にもかつてはよりよい望みも新鮮な夢もあった。すべてを凌駕する若さのエネルギーを私は大いにあてにして、頭の中はいつも前代未聞と革命と偉業を追いかけた。創作と研鑽、それが私のすべてであった。私にとって青春は望むもののたった一つに変換が可能であり、多くの若者は惜しげなく思い出として美化される享楽への変換を望んだ。大雑把に言えば「遊び」に変換してしまうのである、しかし、それが多勢であるから、主流となり強さともなる。私のような若き野望の持ち主のほとんどはこのように(今の私を見よ)青春に一杯食わされるわけである。偉業を成し遂げるわけでもなく、青春の思い出を残すでもなく、明るい未来の礎を築くでもなく、ただ反故と孤独に包まれて佇む私。次にふと我に返るときには私の孤独は一層深まり、世間からはおろか知人らからも取り残され、守る家庭も誇る仕事も持たず、見苦しくさび付いた青春を謳歌して、そんな体たらくになっていないともかぎらない。そして何より、こんなみじめな未来に向かう私に不運にも巻き添えを食った家族、友人、恋人は不憫である。私のエゴを許せ。私は自分の青春を台無しにするだけでは満足せず、友人や恋人の青春にまで影を落としているのである。家族や恋人に至っては不安と苦悩を与えずにはおかない、私の憎むべきエゴを通す、この身勝手さがなんとも恨めしい。私は死んで詫びなければならないような罪を犯してしまった気がする。時は戻らない、その時を汚してしまった私の罪は浄められることはない。彼らの青春に醜く残る染みは生涯彼らを塞がせることになるのだ。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。