気分と賢く付き合う


同時に二つのことができるほど私は器用でないし、ただ日々の生活を送るだけでも疲弊してしまう精神状態なのでブログからは徐々に遠ざかっていくことになるだろうと思っていた。作品のことが気になり、正直ブログの方は段々と関心が薄くなっていった。以前は毎日アクセス数を確認して、一喜一憂していたものだが、今はどうでもよくなってしまった。昨日”きっとまったく更新してないからアクセスが激減してるんだろうな”と思って確認してみると、減ったことは減っていたが、思ったよりも元気に?やっていた。ブログは頻繁に更新して、続けることがアクセス数を増やすポイントらしいが、それは間違いないこととして、そうやって続けてきたものであればたとえその頻度が落ちたとしても無に帰するほど残酷な構造ではないらしい。今後も細々と続けていこうと改めて決意した次第である。

読書、ブログ、文学賞への挑戦、この歩みは偶然であろうか、必然であろうか。私は常に作品としての執筆を意識していたことは確かなことで、そこに向かって歩みを運んできた結果とすれば当然であろう。ただ実感として思うのは、人が気分に左右されながら日々を過しているということで、読書がしたい気分から、ブログを書きたい気分になって、応募作を作ってみようという気分に変わっていったということで、私がこうしたいと思ったからそうなったのではなく、私がそうなっていたから、こうしたいと思ったのである。漠然と自分がなりたい状態というものを描きながら日々の気分に従って生きることで―気分に抗うことは可能だが、気分は常に前提として私に用意されている―その状態に近づくようだ。ゆえに、文学賞を取りたいだとか、その後作家として活躍したいという気持ちがあるわけでなく、今は気分的に文学賞に作品を応募してみたいのであってそれを終えた時、私がどういった気分であるのかは不明であるし、なにをやろうという気になっているかは予想できない。ここ数か月でそんなスタイルが自分に合っているのではないかと思うようになってきている、気分に合わせた目標設定をし、それに向かって努力を続け、それを果たした後、そのときの気分に合わせてまた目標を立てるという繰り返しである。少なくとも、こうしたテクニックによって思い悩むという事態に落ち込まずに済んでいるようにも思う。資格受験、作品賞への応募、次なる目標は?あと一か月目標に向かって日々過ごすのみである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる