文学界新人賞へ応募 I氏の助言


「ブログ読んだよ」

と、I氏は、私を優しく射るような目をして言った。

「何か感想はある?」と私は返事した。

「そうだな、まあよくあんなにも多く書けるなと驚いたね。どうせ同じことの繰り返しなんだろうと思ってたらそれぞれ違っている。あれだけ書くネタがあるのは正直うらやましい気もしたね。でも、それぞれには残念ながら深みがないよ。だからむだにたくさん書けるとも言えるかもね。実際どういうつもりでブログを書いてる?」

「文学は好きだし、ああいった自分の好む傾向のものを書いていれば、共感してくれる人や同じ趣味を持つ人たちと交流できるんじゃないかって期待もあるんだ」

「文学をやってるつもりかい?俺はね、Hがまず一本作品を仕上げないと認めないよ。ブログなんて所詮娯楽だ。作品として仕上げると気分がいい。それに同志がやっぱりいて、彼らと話すのは非常に有意義だ。君は現実世界はバカばかりだというが、ネット界はそうではないと言い切れるかい?ブログを通じて知り合った人たちと俺の同志と比べてみたらどうだろうか。彼らは毎日必死に作品に取り組んでいて、賞に応募して切磋琢磨している。次こそは、と俺も思って試行錯誤している。俺からみると、ブログなんかやってないで、小説でも書いて、文学賞に応募するなりした方がいいんじゃないかって思う。書けないことはないと思う。書くことが好きだろうし、続ける根気さもある。俺は誰が見てるとも知れないブログを書き続けることはできそうにない。賞がとれるかもしれないと思えばがんばれるけどね。そうそう、今書いているやつを今度「文学界新人賞」に応募するつもりなんだけど、Hも試しに応募してみないか?俺も刺激になる」

私が内心抱えていた文学に対する葛藤。ブログと作品制作の意義。I氏はそれを鋭く追及したのだ。彼は文学界新人賞のみならず群像や新潮新人賞など様々な作品賞に応募してあと一、二歩というところでもがいているのを私は知っていた。私はどこか彼の才能に対する引け目から応募することにためらいがあった。作品として物語を完結させることさえできないほど才能に恵まれていなかったのである。ところが、彼は適切なアドバイスを私に与えた。

「俺には作品として完結させる実力もなければ、作品にするような物語のテーマもない。新人賞に応募するなんてとても望めないよ」

「わかってないね。大層立派なテーマなんて必要ないんだ。ただ恋愛するだけ、それでもいい。お前が考える恋愛は実はだれもが考える恋愛というわけではないんだ。適当にテーマを決めて、よし、書き始めよう。というのもいけない。書いたことがない人間はそうやって勢いで書いて途中で行き詰まる。それは当たり前だ。でもね、小説にはプロットっていう設計図があるんだよ。物語の骨組みを、そうだな、10個くらい、ざっと場面展開でもいい書いてみるんだ。たとえば、基本の4つは起承転結。細かいことはその都度相談してくれれば、俺だって大した実力はないけど、経験の中からアドバイスできることはあると思う」

彼にアドバイスを聞きつつ、書き始めてみると、なるほど案外すらすらと物語が紡がれていく。ちょうど私は資格の試験を終え、何かこの能動的集中力をせっかくだし、そのまま引き継ぎたいと考えていたので絶好のタイミングであった。ブログの方でも失望させられることもあったりして、少し変化というか刺激を求めていたところであった。こちらはある意味ネタ帳、練習帳として機能するに違いないし、面白いので続けながら、9月末の文学界新人賞に作品を応募することに決めた。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たしかに、作品を完成させて応募されたらいいと、私も思います。完成させないことには、人に読んでもらえない。親切な、良いご友人ですね。こういう人、なかなかいないのでは。

小説の場合、公募の文学賞・新人賞という器があるから、やりやすい面があります。。小説以外の、たとえば私のやろうとしている分野(歴史の啓蒙書みたいな)だと、新人賞とかないわけで、無名の人間がデビューするのはどうしたらいいんだ、みたいなところがあるわけです。一方で、小説の場合だと、新人賞以外のルートでデビューするのが、近年は一層困難になっている、というのも何かで読んだことがあります。

そういちさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。

以前そういちさんに応募されたらいいとアドバイスを頂き、制作に取り組んでいたのですが、なかなかうまくいきませんでした。
しかし、今回は以前より成長したところもあったのか、今のところ順調に進められています。今の私があるのはそういちさんのアドバイスがあってのことです、改めて感謝しています。はい、彼は私にいい刺激と影響を与えてくれます。大事にしなければいけないと思います。

そうですね、すごく環境は整っているように思います。WEB応募もできますし、様々な条件で応募できるので、自分に合った作品賞に挑戦できるのは非常にありがたく思います。小説の場合、新人賞もとれないような作家は世に作品が出せたとしても見向きもされないような気もします。特に現代においては。

そうですね、スカウトみたいな誰かの目にとまってデビューとかになるんでしょうか?ブログで書くにはもったいないくらいの情報量、知識を必要とする文章を書かれていてすごいなぁと思っています。そういちさんの今後のビジョンが非常に気になります。

No title

私のアドバイスというのはともかく、今回のようなご友人の刺激や励ましは、ありがたいことだと本当に思います。ぜひ頑張ってください。

私の場合、以前出した共著は、所属していた研究団体のつながりでしたし、電子書籍は何のツテもないまま出版社に持ち込んだところ「電子書籍なら」ということで出たのです。電子書籍は、残念ながらあまり売れていないのですが、「自分にも商品になる文章が書ける」という励ましや自信にはなりました。

去年出した世界史の本は、ブログをみた編集者の方から声がかかったのです。しかしそのときに、すでに編集者の企画に沿う方向の原稿が、8割がた完成したかたちであったというのは、大事だったと思います。発表のあてがなくても、書き続けていてよかった、と思います。

世界史の本も(まったくダメではないですが)、どんどん売れてヒットしているというわけではないので、そこから次の依頼が、なんてことは当然ながらありません。でも、次回作の話ではないにせよ、別の出版社の編集者の方(雑誌の方)が関心を持ってくださって、取材を受ける、ということも最近ありました。だから、これからも発表のあてがなくても、本気で書いていくと、何か展開があり得るのでは、と思っています。また、実際に今も新しいものを、単行本化・商品化を意識して、依頼もないのに書いています。ビジョンなどとはいえないでしょうが、それが私の現状です。

hajimeさんは若いですから、まだまだ挑戦や展開の時間があります。うらやましい。いろいろやってみたらいいと思います。おっしゃるように、小説の場合には、デビューへのいろんな手がかりがあるわけです。自分にあう文学賞への応募というのは、やはり有効な方法だと、私も思います。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる