スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甚五郎ラーメン 旅の一興としての中華そば


寒い時期のラーメン一杯、それが旅先での中華そばならこれ以上のごちそうはない。

eb41e5fd436424db866844e5a493ecf2_convert_20170717192739.jpg

BFD3B8DECFBAA4E9A1BCA4E1A4F3BFD3B8DECFBAA4E9A1BCA4E1A4F3_convert_20170717192610.jpg

私は飛騨高山方面へ行くときには必ず「高山ラーメン」を食べる。日本人なら嫌いな人はいないであろう醤油の香ばしくも上品な芳香を楽しめる料理の一つがこの高山ラーメンだと私は思っている。これ以上ない中華そばのビジュアル。ザ・高山ラーメン。スープはまろやかでカツオ?のしっかりとしたうまみと鶏ガラ?のコクが絶妙に一体となってうまい。麺はちぢれ麺でやや白っぽい。際立ったなにかがあるわけではないが、それだけ日常的に食すのに適した、まさに中華そばのイメージにぴったり。

私がこの「甚五郎ラーメン」を選んだ理由は単純に幹線道路沿いにあって、ミニを停めるための駐車場が容易に確保できるからだ。店舗の隣には持ち帰り用ラーメンの製造工場が併設されていて、なるほど人気の程がうかがえたし、ひっそりとたたずむ名店という風情ではないけれども、親しみやすく年季もあって味わいがあった。旅行者にとってはこれくらいはっきりとした店構えだと利用しやすい。絶品のご当地ラーメンとはいいがたいかもしれないが、のんびりとあくまで腹ごしらえとしてのラーメンだと考えると旅の一興となりうるラーメン店である。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>寒い時期のラーメン一杯、
おおおいっ、
このくそ暑い時期に、
なにをのたまっておるのだっ!w

青梗菜さんへ


こんばんは!

おっしゃるとおり!旅に関しては季節外れの記事が続きますよ~w

ご注意くださいっ

No title

>おっしゃるとおり!旅に関しては季節外れの記事が続きますよ~w
誇らしげに言うか?

>ご注意くださいっ
開き直っとるがなw。

あ、そうだ。
パスカルの『パンセ』は、
神を否定するときにも、
じゅうぶん使えますよ♪

青梗菜さんへ


こんばんは。コメントありがとうございます。


ネタがたまっているので季節感は問題にせず、時系列だけ守って書こうと思っているんです♪
早く記事にしてしまいたいんです。なので違和感を覚えるとは思いますがご容赦ください。

神を否定するときにも使えるんですか?
あれはひたすら神が存在することを証明しているように見えるのですが!
どういうことでしょう??

少しご説明いただけたら嬉しいです。。。

No title

うん、岩波の『パンセ』、ほしいなぁ。
ってか、岩波から出てなかったのが不思議だわ。

>少しご説明いただけたら嬉しいです。。。
説明はできないのだけれど、
アフォリズムだから、
恣意的に抜き出して、つなぎ直せば、
無神論ぽくもなったりするw。
ごめんなっ、パスカル。

毎日、暑いね。
hajimeさん、小説、がんばれっ。
暑中お見舞い申し上げます。

青梗菜さんへ


コメントありがとうございます。

ほんと不思議ですよね。なので、出たときは感激しました。やっとでた!って。

なるほど、恣意的に抜き出してつなぎなおせばたしかにできそうです。

青梗菜さんだからこそのテクニックですね。わたしはどうも真に受けてしまってなかなか斜に構えてみたり、うがった見方ができないので、青梗菜さんの視点にはいつもはっとさせられます。

ありがとうございます、いいものをつくれるよう最善を尽くします。

暑い日が続きます、ご自愛ください。
暑中お見舞い申し上げます。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。