死期の予感 親しい人への還元 みんなで『ヘインズ プレミアム ジャパンフィット』を着よう

親父が昔こんなことを言っていた。

「世の中には不思議なことがある。

あるとき、私の向かいの席だった会社の同僚が新品のネクタイをいらないか、と言ってきたことがあった。私はネクタイなら使う機会があるじゃないかと言ったんだが、使わないからぜひ。ということだったから、強く断る理由もなくそれをもらった。たまたまその日、別の同僚とその彼からネクタイをもらったという話をすると、自分も彼から同じカメラの趣味があったから、高価なカメラを先週もらったという。しばらくしてそのネクタイをプレゼントしてくれた同僚が不慮の事故で亡くなってしまった。生前彼と親しかった人たちが口をそろえて言ったことが、彼が自分がこの世を覚っていたかのように、死の少し前から身辺整理といった感じで身の回りの物を捨てたり、人にあげたりしていたということだった。

人間は自分の死期が分かるものなのかもなぁ。」

私はこの頃、身の回りをすっきりさせたくて仕方がない。小銭が邪魔でしかたがないからあげるようにしている。募金も積極的に。なんか引き出しに商品券があったから、たまたま7月末に誕生日の友達に会う機会があったから、「今月誕生日だよね?おめでとう」といってその内の5000円分あげた。「まだ先ですけどいいんですか?!」と驚いた様子だった。私はうれしいというよりかはすっきりした気持ちだった。

私は高校時代、野球部に所属していたのだが部員が多かったため、クラスには複数人チームメイトがいるというのが普通だったのに、2年のときクラスに一人も野球部がいなかった。どうしても普段から交流のあるチームメイトと親しくなりがちなので、クラスに同じ部活の生徒がいれば彼らと仲良くすることになるのだが、このときはそういうわけにいかなかった。すると野球部ではない4人の友達ができ、いまだに親しく付き合っている―チームメイトだとかえって深い関係になりづらいという面もあるような気がする、私の場合、特殊な状況であったこともあり、チームメイトとは疎遠になってしまった。

その四人に私は大きな感謝の念を抱いていた。Iはとにかくお金持ちのご子息で、海外の土産をいつも買ってきてくれたし、常に満たされていたからだろう、いつもニコニコしていて、怒った彼の姿を見たことがない。私はいつも彼とは気楽にふざけることができたものだった。でも、私が彼にしてあげられたこととなると何もないのである。彼は常に満足していたから、楽しんでいたから。私によって何かプラスに働いたことはなかったに違いない。いつもプラスの感情で、時に私がマイナスなことをしたことがあったとしても。

Mは実直な面倒見のいい男。そして賢い。私と似た趣味を持っていて、大人になってコーヒーをドリップしたり、ファッションについて語り合ったり、今も昔も変わらず遊べる貴重な友人だ。

Kは東京で俳優をしている、長身のスポーツ万能イケメン。高校時代、英語がずば抜けてできて、私は彼から英語の神髄を教わった。女子にはモテたが、とてもシャイだった。日々稽古に励む彼の姿に私は尊敬の念を覚える。私の文学に対する姿勢はどうか?いつもそんな風に彼から言われてるような気がする。私たち三人は名古屋だが、彼は東京にいるため、なかなか4人そろって遊ぶことはできなくなってしまった。私はなんか一体感を得られるものが欲しいと思った。

私はこんな企画を思いついた。

20170411_94d2f0_convert_20170710005832.jpg

”この夏はみんなで『ヘインズ プレミアム ジャパンフィット』を着よう”

夏になると必ずと言っていいほどファッション誌で取り上げられるアイテムだ。

下着としてでなく、これ一枚でも着られるよう設計されていて、生地や縫製に至るまで国産にこだわり、適度な厚み、滑らかな肌触りは上質そのもの。ジャパンフィットの名の通り、日本人向けにつくられているため、非常に着心地が良い。なかなか自分で買うには、下着と考えると高価で、無地のTシャツとしても安価というわけではない。グッチしかほとんど着ないというIもなんとか許してくれるのではないか、と私は考え、ファッションに関心のあるMは以前から欲しがっていたのを知っていたし、Kは稽古や普段着として着てくれるだろうと思った。

それぞれがこのTシャツを着るときに他の三人のことが少しだけちらつくと思うとなんだか楽しい気分になる。みんなが着ているという一体感を私は感じることができた。案の定、Mは「欲しかったんだよな!ほんとにもらっちゃっていいのか?」と興奮気味だったし、Iにこれはいいものなんだぜ!と私に代わって説明してくれたので、Iももちろん着るよ!と喜んでいた。Kは突然宅配便で届いたものだからまさにサプライズとなった。

まさか私に死期が近づいていようとは思えないが、死の予感というようなものがして、私は今一度生き方を見直している。死を実感を持って考えるとき、人は生き方が変わるのだ。私の所持しているものを親しい人々に還元していきたい、そんな強い気持ちにとらわれている。一つひとつ実践してゆきたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる