「ブログと真実」 ”死”と思い出

私のブログのテーマは『過去の再構築』である。”失われた時を求める”ことにも近い。”過去の再現”ではないため、ここに記すことのすべてが事実であるわけではないのだが、事実に基づき、不要なものは除き、強調したいところは強調する。すなわち脚色をほどこすのである。このブログによって私自身の人格を判断されてはちと困る、要はそう言いたいのである。ブログは独立した思想体系を持ちながら、ほんの少しでもおもしろさと意義がうまれるよう試行錯誤して書いている。世界三大自伝の一つと言われるゲーテが書いた『詩と真実』、私はここで『ブログと真実』とでも言いたいような気がする。『詩と真実』、これが意味するところを私は少し掴みつつあるのではないであろうかと思う。こうして二項が並べられることが可能であるのは、互いに関係性を持っているからであるし、また二つで一つの何か深い意味を含んでいる。ブログと真実は異なる。いや、現実と真実が異なり、ブログと真実は同等であるのかもしれない。私によって忘れられた私の過去は、もはや何でもない。ブログには再構築された過去とは異なる世界が広がる。過去が失われる代わりに新たな認識対象に変わって把握させられている。現実よりも印象が強調された過去を私は持つことになる。

「死」によって突然過去が全く違った姿をみせることに私は愕然とした。それはまるで、いつでも過去という、中にいれられているものを自由に動かせるようなビン容器に突然フタが締められ、中の様子は変えることができなくなってしまうばかりか、死という暗幕をかけられてしまうようであった。そしてそのビン容器はぼんやりと美しい思い出としてやわらかな明るい光に照らされるのだ。

特に彼の死は未来の絶望であるよりも、喪失であるほうが大きかった。すべてが美しき思い出となり、彼が関係する思い出のすべてが、彼を中心とした思い出に変化した。私は自分自身に別れを告げるまで、今後ただひたすら喪失し続けるのである。さわやかで凛とした思い出が、悲しさの色味をおびて私の心を圧迫するであろう。私はすっかり年をとってしまった。毎日なにかが失われていく。

「死」は一度でも訪れれば、万事休す。運よく一度も訪れなければ、それが生きているということ。たまたま心筋梗塞になってしまった、もしそのときならなければ?今も生きているに違いない。肉体は若く、今にも動き出しそうだった。しかし、燃やされ灰になる運命とはこれ如何に?「死」を意識して生きる?それすらも無力だ。どんな生き方をしたとしても、その一切を修復不能の過去へと葬り去る。奇跡の積み重なりで成り立つ、現実に私は何を与えようというのであろうか?美しき思い出、それはその時間を共に過ごした人々のたのしそうな、うれしそうな笑顔であり、彼らが私に与えてくれた思いやりではないだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる