奥飛騨温泉郷の離れ 福地温泉 スタッドレスタイヤを契機に


購入したBMWミニにはサービスとしてスタッドレスタイヤも付けてもらえた。とはいえ、私は雪国に住んでいるわけではないので使う機会は実際皆無である。まあでも、せっかくスタッドレスタイヤがあるのだから使おうという気になる。冬の足音はすぐそこに聞こえていた。雪国といえば、名古屋から思いつくのは岐阜か長野。毎年冬になると私は奥飛騨か志賀高原あたりの温泉へ交互に入りに行くようになっていたが、今年は奥飛騨にいこうかしらと思っていたところであった。奥飛騨は紛れもない豪雪地帯、スタッドレスタイヤの本領発揮するにはもってこいの環境。私の物事の進め方はこういった具合だ。偶然性を含んだ出来事に対して最適かつ合理的な行動をとるのである。私は他者や自然事象による反応によって人生を歩んでいる心持ちがする。

今こうしてブログを書いている現実世界では雨は全然降らないけれど、梅雨入りしている。夏がすぐそこだ。ブログでは二年前の冬の出来事を綴っている。失われた時を求めながら、自世界の再構築を私は試みているわけだが、徐々に現実に近づいてきているが、心配はいらない。現実を超えていくことはありえないし、常に現実を追想し、再構築するという図式は変わらない。「魔の山」が私に教えてくれたように、時間をなるべく細分化することで充実した過去を実現し、その充実した過去を未来に投射しようというのである。過去が現実に近づきつつあるのは、私が現実逃避を控えるようになったことと大いに関係している。つつじ園のツツジが美しく思えた時期があった。しかし、今は通勤途中に道路の真ん中で堂々と咲き誇る夾竹桃に生きる勇気をもらい、言葉を失うほど美しく思える。もはや空想と散歩によってどこにでも桃源郷は現れる。

9-13_convert_20170619141407.jpg

奥飛騨温泉郷は私の初めての冒険の一つに数えることができる。氷瀑と秘湯。平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高という五つの温泉地からなる奥飛騨温泉郷はそのどれもが豊富な湯量を誇り、泉質も間違いない。その冒険となったのは新穂高温泉で、一番奥地にあるまさに秘湯でほとんど野湯に近かった。心身ともに余裕と充実にあった私は、奥飛騨の離れと呼ばれる「福地温泉」に行くことにした。奥飛騨温泉のはなれと呼ばれることもあるようで、少し外れたところにあり、周りは静寂に包まれている。規模は大きくないがそれだけ上質な宿が並び、奥飛騨温泉郷随一の有名宿「湯元 長座」もここ福地温泉にある。私が選んだのは泉質にこだわり、緑褐色の濁り湯を持つ「元湯 孫九郎」。最近リニューアルされたという内湯が決め手となった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる