人に嫌われる才能 相手の気持ちが分からない

気づくと僕はひとりぼっちになっていた。どうしたら人に嫌われずにすむだろう?どうすれば人は僕を好いてくれるだろう?小学生の頃ずっと考えていた。Y君が人気者だったので一生懸命僕は彼のことを研究したのだけれど、どうしても僕は好きになることはできなかったので、彼のふるまいを参考にするということはなかった。しかし周りのみんなはY君のことが好きなのだから、私はますます仲間外れという形になっていった。僕は誰とも仲良くすることができなかったので、悔しさもあって一人で―その現実も忘れるために、自分を鍛えることにした。幸い、僕は野球に熱中していたので、いつも一人で練習をしていた。走ったり、素振りをしたり、小学生のすることだからその程度のことだ。小学生高学年のころの記憶に、誰か友達と仲良く遊んだ記憶はなく、部活の監督との関係もうまくゆかず、ある日のこと、僕はピッチャーだったので投球練習をするために、同級生のキャッチャーの子に相手を頼んだが無視された。あとで彼になぜ受けてくれない?と迫るとHの球は受けなくていいと監督のに言われたとのことだった。私は段々部活の居場所がなくなって、最後の試合を迎える前、私の存在はなきものとなり、チーム一丸となって練習に励む姿を校舎の三階の窓から眺めながら、担任の先生に「人生ってむなしいものですね」と私が言うと、「むなしいなんて言わないで」と言った先生の悲しそうな顔を今でもよく覚えている。

そんな具合で中学校にあがったものだから、必死に今まで関わりのなかったようなおとなしそうな子と友達になろうと試行錯誤したのだが、本当の友情など芽ばえるわけもなく、一層孤独感を募らせただけだった。あの年頃の孤独は辛かった!そして、過酷だったのは先輩からの仕打ちであった。努力の甲斐あって、私は先輩の試合に出してもらえていたのだが、グラウンドでは罵られ、外では陰口をたたかれていた。暴力を振るわれたこともなんどかあった。同級生と違って、味方をしてくれる先輩もいないではなかったが、そうした攻撃はなかなか他者が防げるようなものではないのである。

人間はある程度は孤独に慣れてくるものである。高校では自閉症ではないかと密かに疑われていたようである。のちに、サイコパスだと非難されたこともあるが、この頃から、己の人間性の異常に気づき始めた。私は周りがおかしいと思っていたのだが、その実私自身がおかしかったのである。私はすすんで人目を避け、家に閉じこもりがちになっていた。野球も勉強もあきらめざるを得なくなった時の私はどん底を見たような気がする。そこで出会ったのが文学であった。文学は私の生きる希望であった。

どんな局面であっても、私は社会の不適格性というものにぶつかってしまう。ブログを通じて、私はまた、かつての嫌われる自分を見出したのである。嫌われる勇気なんて平和なものだ。好かれようと思って、善をなそうとして、正確に嫌われるのである。心当たりはないではない。包み隠さずに言えば、私は人の気持ちというのが全くわからないのである。なぜなら、私が感情に乏しく、道徳観によってすべてのものごとを計り、合理的に処理することしか意識が向かないからである。孤独に親しみすぎて、感情をなくしてしまったのかもしれない。乾いた沖縄の大地、傷ついた人々、沖縄の今も爪痕を残す悲しい歴史。ただそうしたことが悲しいのである。道徳、感情、それ以外に何を基に他者と接すればいいというのだろうか、楽しさのもつ、快楽の負の側面よ。まじめになればそれだけ、孤独は深まるばかりではないか。今では人から好かれたいとは全く思わなくなったけれども、それゆえ速攻で人から疎まれるようにもなった。人から嫌われる才能を私は持っているらしい。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。

「私は人の気持ちというのが全くわからないのである」とありますが、それは普通の事だと思います。「正法眼蔵」カテゴリ18・心不可得(前)1に詳しく書いてありますのでよかったら読んでみてください。

No title

うん、まぁ、そうかもしれないけど、
どうってことないぞw。
人の気持ちが分からなきゃ、分からないでいいよ、hajimeさん。
同じような人たちの中に、
埋もれてしまうよりは、よっぽどいい。
共感なんてものは、埋没みたいなものです。

そうそう、玄さんとか、僕とか、
あんまり参考にはならないから、
やつらは変態だと思ったほうがいいですよw。

>はっきりいいますがわたしはいつでも,
>同調は望んでないんです。
>青梗菜はむやみに同調したり意味のないおためごかしのようなね,そういうこと書かない,だから話ができる,そう思ってますよ
これ、玄さんからの返コメなんだけど、
僕も、おそらく、玄さんも、
他人から同調されにくいことを、
選択的に書いてるのね。
だから、むやみに同調されると、大人げなく怒るのw。
ややこしいよね~!
同調されてキレるってわけがわからんw。

まぁ、怒りもしないし、キレもしないし、
いつまでも根に持つこともないけどね。
いつまでも持ってると、根だらけになるからねw。

No title

hajimeさま

はじめまして。

文学が好きな者です。同じく学校なんか大分嫌な思い出ばかりですが、なんとか人間的には腐らず、まっすぐ生きていきたいと希望している、そんな者です。

拝読いたしまして、気になった点があるので、コメントさせていただきました。「私が感情に乏しく」、「感情をなくしてしまったのかもしれない」と言っておいて、「道徳、感情それ以外に何を基に他者と接すればいいというのだろうか」と言われております。ご自分では感情を持っていると考えておられるということでしょうか。

人の気持ちがわからないということですが、この言葉の意味がわかりません。他人に共感したいのにできないのか、それとも一部の人々から疎まれるからご自分をそう思われているという意味なのでしょうか。

上記の点について、教えていただければ嬉しく思います。

青梗菜さんへ

コメントありがとうございます。

どうせこのばかばかしい世界に生きているんだからやっぱり楽しみたいじゃないですか。生きててよかった。この人と出会えてよかった、そんな風に思いたい。美しいもの、楽しいこと、それらは他者と共感して初めて実在するような気がします。そうでなければ夢や妄想と何も変わらない。でも私が美しいと思うものを他者は美しいと思わない、これって絶望です。なぜ私に美しく映るのか、他者が美しいと思うのはなぜか?それを理解し得れば私にも美しさが実在することになるのです。

玄さん、青梗菜さんはすみません、変態筆頭だと思います。ブログを読んだとき、衝撃を受けました。認識、識別できないのです。即座に、経験に基づく判断ができなかった。なぜなら、経験という線上にない観念が満載でしたから。

>他人から同調されにくいことを、
選択的に書いてるのね。
こうした姿勢は一方で、私のようなものをたじろがせます。同調したいのだけれど、私には同調するほどの知識も経験もない。きっとノーサンキューだ。言葉にできないってやつです。物事の見方がわかってない気もしてきますね。
みんな違ってみんないいというのが今の一般論だと思いますが、乱暴な言い方だと思っています。みんな一緒じゃなきゃいけないとはもちろん言いませんが、違和感を覚えます。

私も怒りもしないし、キレもしない、傷つきもしない、となると無関心ということじゃないの?と思ってもしまうのです、冷酷だと。怒りはある意味、好意の裏返しでもあったりしますよね。
根に持たないことは結果的に自分を楽にすると思っています。

ムウヤさまへ

コメントありがとうございました。初めまして。
新たな出会いというものはうれしいものですね。

hajimeさまと呼ばれるような人間ではありませんので堅苦しくならないようお願いいたします。

ご覧いただきましてありがとうございます。自分の文章が呼んでもらえる、それだけで大きな喜びです。

さて、”道徳、感情それ以外に何を基に他者と接すればいいというのだろうか”についてですが、一般的に人間が行動する動機には道徳と感情(欲)があると思うのですが、私はこの道徳観に基づいて行動しているのに、結果は孤独に陥るばかり。だからといって感情に基づいて行動しようと思っても、その感情が乏しいので、例えば人がこれをしたら喜んでくれるから、こうしようだとか、これを嫌がるからこれはやめておこうなどといった行動もとることが難しい。では私が、孤独を抜け出すにはどのようにこうどうしたらいいのだろうか?と悩むというか絶望するわけです。感情はあるはずなのに、あるべきものがない。好きとか嫌いです。私は合理的かそうでないか、とか道徳に則るか、反しているか、そんな感じで物事を判断してしまいます。

ムウヤさまへ つづき

人の気持ちがわからないというのは、単純に私の行動に対して、そのどのように反応しているのか、ということです。極端に言えば、喜んでいるのか、悲しんでいるのか。たとえば何かを言ったら、相手が泣き出したとします。でもその理由が分からないのです。ばかといったとして泣き出したとしたならば、相手は自分を否定された悲しみで泣き出したのでしょう。それは私でもわかります、道徳的に説明がつくからです。しかし、道徳的に説明がつかないのに相手が気分を害することが私が接する相手の場合に非常に多い。普通、道徳と照らしあわなくても、自分が悲しいから人には○○は言わない。というようなことは一般の人にはあるでしょうけれども、私の場合、そうしたものが仮にあったとしても、相手が悲しんでいる時点で感情的に間違っていることになります。

要するに、他人に共感したいのにできないということと、相手を喜ばしたいのに喜ばせることができないということです。
私の場合、共感は偽善になることが多く、相手を喜ばせようと思ってした行動が、相手に私を厭わせる結果になることが多いのです。
説明になっておりますでしょうか。
何かありましたらコメントいただけたらうれしいです。ありがとうございました。

No title

hajimeさん、こんにちは^^

人は一般的に、異質なものを嫌い排除しようとするので、
単にhajimeさんが異質なだけかもしれませんね。

自分と同質な他者に嫌悪感を感じないなら、
特に問題ないような気がしますが・・・

人間は社会的な動物なので、
単にマイノリティーだというだけで、
生きにくいですよね。

No title

hajimeさん

よくわかりました。
 
今は好かれようとは考えていないとのことで、不毛な議論かもしれませんが、気になったのは道徳と感情以外にも、人間にとって頼るものはたくさんあるということ。すぐ考えつくだけでも、宗教、哲学、趣味等々。つまり、何が言いたいのかと言うと、hajimeさんの考えに則れば、道徳と感情以外を頼りに生きているというだけで、hajimeさんはその人と関わることができないということになりはしないでしょうかということです。

ただ、気を付けていただきたいのは、こう言ったからと言って私がうまく他人と関わることができているわけでは決してないということです。それこそ、技術上の問い掛けとお考えください。どこまで考慮されていたのか、そこが気になっただけです。

ご丁寧にありがとうございました。また質問ありましたらどうぞよろしくお願いします。

Korvaさんへ

コメントありがとうございました。こんにちは(^^)

本能的に排除したり、攻撃したりというのが人間にはあるのでしょうね。
きっと異質なんでしょうし、劣等ということだと感じています。

対外的には問題はないと言えそうでしょうが、対内つまり自分自身にとっては苦しい環境だと思ったりします。

”力”と数というのが、社会では幅を利かせるようです。私のように劣等的な弱さを持ち、マイノリティーとなると、そうです、生きにくさと無力さを感じます。ただ生きるのみです。励まされました、ありがとうございます。

ムウヤさんへ

返信ありがとうございました。少し私の説明不足なところがありましたので補足させていただきます。

>道徳と感情以外を頼りに生きているというだけで、hajimeさんはその人と関わることができない
道徳と感情で、ムウヤさんのおっしゃる頼るものをある程度把握していると認識しています。もっとも、”趣味”ということで言えば少し私とムウヤさんとの認識の違いがあるかもしれません。趣味は映画鑑賞などの意味もあるでしょうし、好み・趣向という意味もあるでしょう、それらを行動規範にするというのは具体的にどういったことになるでしょうか。お聞かせ願います。

道徳と感情、言い換えれば”なにをすべき”と”何がしたい”ということが人間の行動規範、動機になるかと思うのですが、”何をすべき”を導いてくれるのが宗教であり、哲学で、”何がしたい”は感情や趣味などによって引き出されると考えます。私は特定の宗教を信仰しているわけではないのですが、漠然と行動規範があり―たとえば”色即是空”と”則天去私”は行動規範として採用しています―”何をすべき”ということを念頭に私は行動しています。感情も趣味もないので”何がしたい”というのがないのです。

>好かれようとは考えていない
私はできることならば、みんなと仲良く楽しく幸せに過ごしたい。そのために頼りにしたのが上で示した道徳だったのですが、結果として嫌われる結果になってしまった。”色即是空”は人との輪を望まないかもしれませんし、”則天去私”は楽しみとは縁遠いかもしれません。仏教よりな思想なので、諦念や寂滅、こうした結果は当然かもしれません。ゆえに道徳に変わる行動規範はないものだろうか?そんな風に思い、日々考えを巡らせるわけです。もっと強い信仰心を持つべきなのかもしれません、信じるものは救われるというのは確かだと思っています。

こちらこそご丁寧にありがとうございます。よろしくお願いいたします。

No title

hajimeさん

いろんな人がいますからね。一般論ではなく、私としては愛が大事じゃないかと考えています。
人間や動物をよく観察すると面白いです。愛情をいっぱい受けて育ったら、周囲を幸せにする人間や動物になります。文学でも同じだと思います。いい本、心のこもった言葉にたくさん触れることで、人も変わることができると思います。自分は不幸だと思うなら、そう思う以上に不幸を乗り越えた人の言葉に触れるようにする。自分というものを最初からあるものとずっと決めつけ続けるのではなく、常に新しい自分との出会いを繰り返す、私は文学とそんな風に関わっていきたいと考えています。そして、その心は、ボキャブラリーも、論理的な思考力も、アイデアも、創作技術も、全部含めて愛だと考えています。愛なんて言葉として話すことは少ない。でも、なぜか人の心って伝わりますね。

閑話休題。質問にお答えさせていただきます。

①趣味の意味

映画鑑賞の方です。

②趣味を行動規範にするとはどういうことか

あくまでも、道徳や感情を基に他人と関わるものだとの考えに対しての、アニメとかパソコンとかアイドルなどを生きがいにして生活や交流することを指したつもりです。

これ以上の考えはありません。それ自体個別具体的な話ではなくて、あくまでhajimeさんがどういった風に考えておられるかをうかがうための、抽象的な領域の質問をさせていただきました。ざっくり申し上げると数学の集合の話です。hajimeさんのお考えがAとしまして、A ̄(エーバーとご理解ください)との線引きはどこか、それを質問させていただいたというだけの話です。納得いただけましたでしょうか。

ムウヤさんへ

愛ですか。考えてみれば、私は愛について深く考察したことはなかったような気がします。愛という肯定的な言葉はあるけれども、愛とはなにかと言われると、いまいちよくわからない。私にとって愛とはそんなところです。例えば愛することを信条として行動するとき私たちは何をすればいいのでしょうか。世界平和を考えるようなもので、実際に何をしたらいいか立ち尽くしてしまいます。
ムウヤさんはどんな本をいい本、愛に溢れた本だとお考えですか?

能動的で生産的な文学との関わり方、素晴らしいですね。
私は文学は三島由紀夫の言うように、”人生には救いがないということを明らかにするもの”という考えに賛成です。

数学的思考は物事をうまく処理できますし、他者に対して絶対的な場となって議論しやすくさせるので非常に便利ですね。
とても納得できました。興味を持っていただきありがとうございました。

No title

hajimeさん

ブログの方少し読ませていただきました。文学の好みは、共通するところがあるかもしれません。

ご質問について。

愛に溢れた本ですね。
わかりやすいところではリルケの「ドゥイノの悲歌」やヘッセの「荒野のおおかみ」などですかね。

愛することを信条として行動するとき、私たちは何をすればいいのでしょうかとのことですが、そうしたいと思ったとき、自分にしか生きることのできない、一度きりの人生をくじけず生き抜こうとすることではないかと思います。なぜなら人はみんな愛によって生まれますしね(この点、キリストだけは一般とは違いましたが)。
もし、ないと感じるなら、それは自分の愛をまだ見つけていないだけ。そう、思いますよ。

それでは今回はこれにて失礼させていただきます。

好きに書ける場所がほしくて、言葉の遊び場を持っております。もし関心がおありでしたらどうぞお越しください。

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる