理解できない人間性 友への不信感 競馬人生終了のお知らせ


こんな形で友達に不信感を抱くことになるとは思わなかった。

彼は天才でもペテン師でもなく―ああ、ペテン師でなかっただけよかったのかも!私の理解を超える人間性の持ち主であった。私には寂しさが残った。彼が必勝法があるからぜひやろうといって競馬を始めたわけだが、私の作戦であった彼のその必勝法どおりに、すなわち彼と同じ馬券を買うということがなぜか受け入れられなかった。どうする?と彼に聞くと「○○を軸に3連単で」と返答があるのでその通りにしたことを告げると「さて、どうしようかな、わい」と私の意図を無視した、とぼけたような、間の抜けたような返事が来る。必勝法があるっていうならそれを俺にも適用させてくれよと私は思うのだが、友人とはいえその手の内は明かしたくないということなのだろうか。それを当てにしていた私も悪いのかもしれないが―ならば競馬で勝てるからやろうと友人を誘うとはいったいどういうつもりなのだろうか?私にはまったくわからなくなってしまった―自分は儲けて、友人は損をすればいいという了見なのだろうか?いや、彼は単純に私と競馬が楽しみたかったので、たまたま長年続けてきた競馬で、勝ちが続き、それをあたかもずっと勝ち続けているように見せかけて誘惑したのだ。とはいえ、あと5万円で100万円の儲けになるという。私が彼と同じ賭け方をしたつもりで、外れると彼は同じレースで当たったという。なぜ同じ賭け方をさせないのか理解できないのだが、私が仮に必勝法なるものを見つけたのであればその方法を友人に教えて一緒に勝とうと思うのだがめでたいのだろうか。彼と同じように賭けるつもりで始めたのだが、彼がそうさせないので私は止めると彼に告げた。すると「残念」「でも英断」と言った。

「一回勝ちたかったな」

「レース選びが大事っすね」

「いいレースとか教えてくれるかと思ってたよ」

「わら」

結局、一回当たったがガミってしまい、計35000円ほどの損失に終わった。私の競馬人生は終わった。

彼の口座を使って賭けていたので金を振り込むよといっても、いつでもいいっすよ。という。なぜかすぐに払わせない。私には理解ができない人間性だった。ただ、信頼関係を築くことは難しく感じられ、付き合っていて私に利をもたらしてくれるとも思えなかったので徐々に彼からは遠ざかるつもりである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる