所有物などない

この世界に僕の所有物など存在しない。

すべては一時的に僕の手元にあるだけである。

だけどそのことを忘れがちだ。何かを所有するとは何かに執着することである。

何かに執着することは何かに縛られることである。


今の世界で一般的に所有するとは購入した、あるいは生み出したものである。

お金で購入したものは単にお金と交換しただけ、場所を移動させただけである。

そして、そのお金は自分に与えられた時間、能力と交換しただけのことだ。

つまりすべては場所を移動させているだけなのである。

何かの代償、何かの犠牲という考え方はやめたほうがいい。

これは幸せをうまない。やさしさや寛大さを失うだけである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる