競馬デビュー Mは天才かペテン師か

毎週末、私のもとにMから競馬の結果が届く。

先々週、彼は初めて大きな馬券を当てた。

27万円。

彼はひどく興奮していた。私は賭け事はばかばかしいと考えていた(数学的にみればやる気にならない構造になっている)し、金儲けに興味がなかったのであっそう、よかったね。くらいの反応しか示さなかった。

先週は土日の二日間で35万円勝ったという報告が来た。トータルで90万勝っているということだった。

私はさすがにすごいと感嘆しないではいられなかった。思わず彼の才能と幸運を称えた。

彼は何度も私を競馬に誘った。しかし私は断り、あしらい続けていた。ところが、今までと違って一緒にやりたい、楽しみたいと言ってきた。彼によるとなんでも今までは試行錯誤を繰り返しながら、自分のスタイルを確立ができなかったため、的中確率を自ら落としていたという。最近になって自分の馬券購入のスタイルが固まり、それがようやく結果として現れ始めた。そこで私にぜひ一緒にやってみないかということであった。そういうことならば断わる理由もないので、私は競馬デビューを果たすことになった。

彼の口説き文句はこうだった。

「欲をかかないことって重要」

「自分の形を崩さない」

「頭いい人は勝てる」

「コツを掴むだけ」

私は金をドブに捨てるつもりで、友情の証として、賭け事を一緒に楽しむことを目的とすることで競馬を始める動機とした。そして興味深かったのが、数学的にはどうしても儲けることができない競馬で儲けていると豪語するMの実情である。実際のところ私はその調査に乗り出すかっこうであった。何をするのか?Mと全く同じ賭け方をするのである。

Mは儲けられるというが、私は儲けられるはずがないと分かっている。だとするとMがハッタリをかましているということだろうか?私はそう思いたくないのだが、それはこの調査によっていずれ証明されることであろう。Mの人間性に迫るチャンスでもある。しかしながら、Mは天才的頭脳の持ち主であり、彼の競馬必勝法は数学的にみれば、ありうる範囲内で限りなく確率を上げる方法であるように私には思えた。そして彼が競馬で儲けていようが、いまいが彼には絶対的資本があるので、私がルールを自分でつくっておかなければ、私だけが破産する結果を生みかねない。その作ったルールというのが、”10万円損失を出したらやめる”である。彼の計算上では一回1万円の賭け金が手軽でいいそうであるから、10回は楽しめるわけである。成功率何割かという結果は確率として十分信頼してよいものになるかと思う。

私は言った。「俺はMの単勝賭けだ」

「プレッシャーっすね」任せといてください。

「馬主の気持ちにもなれていいだろう」

「その通りっすね」

今週は私はMと同様9千円賭けて負けた。ちなみにMは他のレースで1万5千円の儲けになったと言っていた。これで少なくとも4週連続勝っている。私はますます疑いの目を向けることになった。金の切れ目が縁の切れ目というが果してMは私の友でいつづけられるであろうか?!

コメントの投稿

非公開コメント

ほどほどに楽しんでください

>的中確率を自ら落としていたという。最近になって自分の馬券購入のスタイルが固まり、それがようやく結果として現れ始めた。

それが最初の落とし穴みたいですよ


でも楽しめるのも才能ですね

とはいえ
「はまっちゃう」,と,「ずっとつづける」,には天国と地獄ほどの差はあると思いますがねw

うちのダンナはG1毎回

2900円だけかけてます。

2900にどういういみがあるのか,と うちの母が執拗に尋ねてみたらば。
「それが,僕の理性の閾値なんです,ヒトとしての。」

だって。
胸張って言ってましたw

「競馬は理性のありどころを数値化できる,もしくは可視化できるあまりない機会なんだっ」

そーで。
ちなみに

わたしは宝くじも競馬も買ったこと一度もありませんw
もらった時に
チェックはしたけどねw

玄さんへ


玄さんのお気遣い、いつもありがたく思っています。
ちょっと怖い気もします、依存症に陥ったらどうしようと。
しかしながら、ドストエフスキーは賭博癖があったそうですし、競馬は貴族の遊びだったとか、文学をする上で競馬くらいやってなくちゃいかんと思ってもいましたので、まあいいかなとw

そうですね、楽しめるのであれば会話の種にもなりますし、悪いことばかりではなさそうです。まあお金はあっという間になくなってしまいそうです。

ダンナさまG1に毎回かけられるんですね、今度の日曜日は天皇賞ですね。私もかけるつもりです。2900円、やはりそういった金額的バランスが人によってあるようですね。人間性がでたりしておもしろさがあります。玄さんのダンナさまもやられるということで少し心強い気がしました。

競馬なんてけしからん。と言われなくてよかったですが、宝くじも競馬も玄さんはやらないとのことで、さすがだなと思いました。
私もやったことなかったんですがねー。姉が恐ろしく強運で宝くじを何回か当てるものですから、それに影響されて姉と出かけるときは一緒に買うんですが当たりませんねぇw
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる