カフェ叶匠寿庵 琵琶湖の湖畔にて ああ無常


黒壁スクエアの商店街にある『カフェ叶匠寿庵』

640x640_rect_45513065_convert_20170411154449.jpg

640x640_rect_45513041_convert_20170411154425.jpg

img_main002_convert_20170411154358.png

純喫茶の懐かしさを保ちつつ、おしゃれで洗練された大人の雰囲気。
最近見た目、形こそ立派だが、中身が伴わないがっかりカフェが少なくないが、こちら和菓子屋さんのカフェとなっていて、売り場が併設され、広々とした店内、品よく陳列された和菓子の数々、正面にはショーケースにかわいらしいケーキが並ぶ。素材と調理にこだわった充実したメニューから歴史や伝統、質の高さがうかがえる。もっと黒壁スクエアが盛り上がらなければ、ここにこのお店はふさわしくないと思えてしまった。なぜこんなところに?と思わないではいられなかった。家の近くにもあったらな。

f789900e_convert_20170411153725.jpg

長浜城は復興天守であるため、感慨めいたものを引き起こすことはなかったが、それでも豊臣秀吉の初めて築いた城ということで、私の眼にはやや立派に映った。例によって、城内は歴史博物館になっていて、一通り観覧すれば長浜の歴史、豊臣秀吉及び近親、側近がたどった運命を知ることができる。私は日本史に疎いので、淀殿や江にまつわるエピソードに新しい発見と理解があったものの、もっと感心と理解があれば、長浜の旅も楽しめるのだろうと残念でならなかった。

o3601238513805164604_convert_20170411165653.jpg

太閤井戸跡。

「夏草や兵どもが夢の跡」のように私にも詩が読めたなら、この旅にも意味を与え、深い感慨とともに記憶にとどまることだろうに。
海岸と錯覚するほど広大な琵琶湖は水平線までしっかりと描いていた。波は海とは違って不規則で、相対的に凪のようであった。あのときの私の穏やかな心持は、あの空にも似て、水面にも似て、あたたかな風にも似ていた。ある種の幸福の絶頂があるとするならば、あの時がそうだと思う。今では、涙の一つや二つ流れてしまうに違いない。私は無常を知ったのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる