スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長浜の町 慈しみを含んだ愛着を生活に伴うすべてのものへ

長浜への旅で私は己の旅の遍歴において大きな転換期を迎えたことに気が付いた。

黒壁スクエアの周辺は商店街あり、城下町あり、由緒正しき寺院ありと散策するには格好のエリアであり、長浜城、琵琶湖にも近く、もっと観光地として注目されてもよいスポットだと思わないではいられなかった。多くの情報を仕入れず、何の気なしに旅した私には発見と驚きの連続で、ずっと感動と興奮に包まれていた。

ea878444_convert_20170324003552.jpg

しかしながら、その一瞬一瞬を切り取って単独に眺めてみれば、長浜でなくても出会えるような普段の生活の中でなじみのある風景であったり、気にも留めないような光景であったりするのである。そう、長浜の街は飾り立てられているわけではないが、よそ行きの薄化粧といった按配でどこか日常を感じさせる自然体を残している。私は初めて、旅をしながら日常を感じたような気がしたのである。同時に、日常の中で旅情を見出したような錯覚を起こした。なるほど、私の住んでいる町にも商店街があって、長浜の商店街と大きく違わないし、見方によっては魅力に富んでいるところさえある。このとき私の生活の中で、旅と日常のボーダーが取り除かれ、日常のなかに旅情と興趣を見出し、旅のなかに日常とあるがままの自分を発揮することが難しくないことに思われた。日常のなかに見出される感動。旅気分。旅をしながら、何気ない一日を過す贅沢―。以前よりも空を眺めることが長くなり、山や川を巡り、花々の美しさにみとれ、町や人の流れ、人々の生活に興味を抱くようになったのはそれからだった。町の歴史を調べたり、名前の由来やゆかりの地と呼ばれる理由への興味。私が単に年を取ったといえばそれまでかもしれないが、慈しみを含んだ愛着を生活に伴うすべてのものに抱きうるそんな希望がたしかに見えたのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。