スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奢るより奢られる質(たち)  


こんにちは。よろしくお願いします。

Dさんとかつてこんな話をしたことがあった。

「有名人は基本的にすごく稼いでいるんだけど、その中でもお金持ちとお金持ちというわけではない人がいるのね、どうしてかっていうと、有名になるとそれだけ経費がかかって、たとえばスタッフさんや知人と食事をする機会も多くあったりして、そのときにやっぱりその有名な人が中心となってその食事が行われることがほとんどで、支払いもその人が全部することになるみたい。食事に限らず、有名になるってことはそれだけ関わる人やお世話になっている人がたくさんで、その方々に心づくしをしようと思うとどうしても金銭も必要というわけなの。他人から聞いた話なんだけど、井上陽水さんはそのお金持ちの部類に入るそうなんだけど、一度も支払いをしたことがないんですって。なんでも、支払いをしようとするときにはすでに誰かによって済んでいて、自分のお金をないのだそうよ。食事に限らず、本来払うべきタイミングのところで払わなくて済んでしまって、結果財産がどんどん増えていくということみたいね」

おそらく井上陽水さんはお金を払いたくないというわけではないだろう、しかし払わないで済んでしまう、周りが払おうという心理になってしまう、そういうことなのだろうと思う。一方で、芸人さんは先輩芸人が稼ぎに関わらず先輩が後輩におごるというのが決まりのようになっているといっているのをテレビで見たことがある。たしかに、自分のために使えるお金は限られているし、実際出費のほとんどは自分の為ではなく、直接的にも間接的にも他人のために使っているといえそうである。すなわち、他人のために使っているお金を節すれば、貯蓄しやすいということになる。

私がこんなことを書きだしたのは、社会人として自立をし、友人などと外で食事をする機会もだんだんと増えてきて、一つ気が付いたことがあったのである。それは、私の支払いの負担が総合的にみると少ないということである。私の経歴の当然の結果として、年上よりも年下との交流が多く、先ほどのルールに従えば、私が年下におごることが多くなるはずで、支払いの負担は全体として多くならなければならないのにも関わらずである。今日はごちそうするよ、といっても結構強めに断れることが多く―その場合、多めにだすと願い出て、なんとか了承してもらう―逆に、「ああ、いいよ払うから」と言われる場合にも私はそれを断るのだが、結局私が少し負担するという形におさまってしまう。なぜだか知らないが、このように「私が、払う」と言われる場合が多いのである。私が貧乏そうにしているから慈悲の念に駆られ、代わりに払うと言ってくれるのだろうか?あるいは、私がおごってほしいとねだっているような振る舞いをしているのだろうか?それとも、なにかリズムや行動がそのような気を起させるのだろうか?しかも、「今日はギャンブルで儲かったからおごるわ」なんていう話もしばしばなのである。Dさんの話ではないが、払わないで済んでしまう力?的なものがはたしてあるのだろうか。次こそはおごるぞ!と意気込みはするのだけれど、あまりおごる、おごられるという関係も望ましくないというのが本当のところでもあり、結果一人で食事をするのが気楽で最近そのような機会が増えた。しかし、やはり食事というものは誰かと一緒にした方が断然愉快である。もっとしっかりと稼いでいればこんなことにはならないのにと、自分の労働を恨むのである。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

www

察するに,Hajimeさんは,奢り下手なんでしょう。
奢り下手=奢られ上手とはかぎらないし
世の中には深刻な奢りベタかつ奢られベタもいますね。
いい人なんだけど,そういう場面になると必ず気まずい雰囲気にしてしまう人って。


周囲に気がねしがちの人に多いですね,
Hajimeさんについてわたしはそんなカンジはしません。

プレゼントが好きだ,と以前書いてらっしゃいました。そのあたりと関係あるのかもしれませんね。

センスのモンダイになってくるよりお金で解決する方が楽wというひともいるでしょうし。

玄さんへ


奢り下手・・・たしかにそういわれるとその通りだと、心当たる節も多々。
自然の流れ、無作為というのを重視したいというのもありまして、故意に、能動的に”奢る”というのに何か抵抗なものを感じていたりして、まぁ、下手なんですね。ケチなのかも。

奢りベタ、奢られベタ、歳を重ねるごとにそういった人に出会う機会も増えていくものでしょうか、そういう方、少なくないんですね。

玄さんはよく理解して下さってうれしく思っています☆

そうです、プレゼントが好きで、なんかあげてしまうんですよねー、大したものではないんですがね、誰かが好きそうなものや、前に欲しいとか、好きといってたものを見つけたりするとうれしくなります。喜んでくれるのもうれしいですよね。
巡り巡って、というところでしょうか。ありがたく思い、感謝することといたします。

プレゼントが好きなので、そのセンスをもっと磨きたいと思う、今日この頃です。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。