スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉は私のファッションリーダー 初めて買ったブランド品 PAUL SMITH の長財布


こんにちは。
どうぞお付き合いください。

姉は私のファッションリーダーだった。高校生で、登下校のマフラーはバーバリー。休日には「ブルガリ ブループールオム」をまとい、街へ出かけていった。よく読んでいた雑誌は海外のゴシップ系のもので、気になる洋服があると注文していたようだった。それゆえ日本ではみなれない色合いやデザインのものが多かった。化粧にも人一倍こだわりがあって、研究熱心でもあった。そんな姉を身近で見ていたので自然と人並みにファッションへの興味を抱くようになった。私のような内向的な生活をしている者にとって疎遠であるはずのものなので、ありがたい存在であった。ファッションのおもしろさ、奥深さ、これは文学や芸術につながるものでもあり、また経済社会、資本主義の構造を顕著に表す概念でもあるように思う。私は何を買うにしても姉に相談ばかりしていた。そんな中、私がファッションを通して知った概念が”ブランド”である。大学生になって、持ち物を一新することで高校生から脱皮しようと考えた私はそのシンボルを特段の理由もないが、財布にしたのであった。確か、当時使っていたものは、母が入学祝に三越(百貨店での買い物は初めてだったかもしれない。無論、自分で稼いだお金ではない、自分で買ったのはもっと後になってからだ)で買ってくれた、二つ折りのシンプルでしっかりとしたつくりの、ハイブランドではないが、信頼できるmade in ITALYのもので、こちらも思い出深いアイテムで、部屋の一隅で眠っている。

71b0M4gxhZL__UL1500__convert_20170130162725.jpg

姉が私にすすめたのがこの「PAUL SMITH」のラウンドジッパーではない長財布であった。私は鮮やかなストライプが前面を覆うデザインに大きな衝撃を受けた。姉は派手とはいわないが、華があると形容できるような人間で、そのことはこの選択からも明らかだった。同時に、私へのファッションスタイルの要望でもあった。たしか3万円くらいしたと思うが、当時は財布に3万円、中身より外身の方が常に価値を上回るのはいかがなものかと考えていたが、のちに、10年近く経っても、大きな損傷もなく使用できることで十分にそれだけの価値を知ることになる。

PAUL SMITHの象徴でもあるマルチストライプは心地よいランダム、対称性のやぶれのような根源的な美を感じないではいられない。またかぶせぶた型の長財布は軽やかかつアクティブな印象を与えるので、大学生の私にはとてもフィットした。最近、大学時代に仲の良かった友人がこんなことを言った。

「懐かしいな、そのポールスミスの財布。まだ使えるんだね、やっぱモノがいいやつだったんだね。」

「うん、今では色落ちもしてきちゃったし、皮の傷みも目立つから、サブとしてこうやって現場仕事のときや旅のときに持っていくんだ。」

「実は、俺。」といって、徐に彼がバッグから取り出したのは、さりげなくマルチストライプが施された、シックなポールスミスの長財布だった。

「しゃれた財布だな、と思ってて就職した時に買おうと思って買ったんだよな。かたすぎなくて、遊び心があるっていうか、今では値段も手ごろだといえるくらいだし、一応ブランドってことで大人な感じもするだろう?」と笑った。

私はその財布を皮切りに、ポールスミスのアイテムをいくつか手にすることになった。イギリス的紳士に憧れる私ではあるし、色彩を取り入れたい願いにも応えるお気に入りのブランドである。

お読みいただきありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。