聖地、貴船神社

僕は「月桂冠」のCMを見て、貴船神社というすばらしいところの存在を知り、行きたくなった。

最近ではTVという存在の根底がさまざまなメディアの発達によって揺るがされつつある。

それに伴って、TV自体の質というものも下降傾向にあるように思う。

しょうもない番組やくだらないCM、そして視聴率が至上になっている。

一方で、そんな中でもすばらしい目を引く番組や、CMなどもある。

訪れるきっかけとなったCMもそんなすばらしいCMである。



このCM中にはうつくしい場所がたくさん出てくる。

特に貴船神社が印象に残った。

再びブログに載せた、この機会に見てみると東福寺も行ったことがなかったので今度行きたい。

それでここで紹介されている名所を制覇できる。

やはりこういう何かを制覇する、やり遂げるというのは気持ちがいい。

さて、何といって貴船神社の本宮参道は独特な景観である。

51iUuG7Rn6L.jpg

赤灯篭がこれほどまで並んでいる光景はやや奇妙な感もするが、緑と赤の対照が実にいい。

そして、本宮にある御神木がすさまじい生命力でこの地のエネルギーがものすごいものだということを実感することができる。

lrg_22186389.jpg

またここには水占おみくじという神水に浮かべることで占うことができるかわったおみくじがあった。

本宮から奥へしばらく歩いていくと結社をすぎて、奥宮がある。

dsm_5738a.jpg

左手前に見えるのはよく見るとたくさんの石が積まれているのがわかるが、これにはある伝説が・・・
奥宮本殿の下は龍穴といって大きな穴があいているそう・・・

そういえば、貴船神社まで至る貴船川沿いでは川床で料理が食べられる。

鮎料理などが味わえる。夕食は最低1万円くらいだったので無論僕たちは食べることができなかった。

この光景は風情があるように思えるが、外国人からしたら驚くべき異様な光景だと思う。

e0051888_0425031_3.jpg

貴船神社を包む山一帯がエネルギーに満ち満ちていた。

来るだけで僕たちは大自然の力を得ることができると思う。

またそんな気持ちになったら来たい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる