読書か執筆か 執筆を優先せよ


こんにちは。
今日もお付き合いください。

私がこんな風に冒頭に加えた言葉にはもちろん意味がある。どういうわけか、近頃アクセスの動向をみていると安定しているし、なんとなくではあるが人の気配を感じるのである。今までただパソコンにむかって文字を打ち込んでいるという感覚が強かったのが―とはいえ、普段から交流させていただいている方々を意識して書くことは多い―、パソコンの向こう側の誰か、存在を感じながら書くようになったのである。考えてみれば、この感覚は非常に現代的ではなかろうか。リアルタイムで文学をつくっていくというのが私の目指すものではあるが、ブログはそれを実現することのツールの一つであると感じている。もっとも、ツールは優れていても使い手が未熟なので効果は乏しいのであるが。

さて、自立した生活を始め、時間の使い方や生活スタイル、趣味趣向に至るまで、自分自身に向き合いながら、「汝自身を知れ」の言葉に報いるため試行錯誤を続けている次第であるが、明らかな問題はやはり時間の不足であった。ここに効率化や省略、取捨などの工夫と思考が生まれてくる。生きていくための行動を除いたとき、私に残るのは読書とブログをはじめとする執筆の二つであった。一日24時間のうちのなんとかして生み出した貴重な時間を読書に使うか、執筆に使うか。読むべき、読みたい本は山積しているし、かといって執筆しないことは後退であるから避けたい。私は自分にこんな決断を下した。

「書くテーマ、書きたい気持ちがあるならば、執筆を優先する」

確かに、読書することに私はなんの抵抗も感じない。昼食代を本の購入に充てたことは幾度とあるし、睡眠時間を削ってでもしたいことは読書である。意識しなくても、私は読書をするであろう。では、執筆は?やる気の波や、調子の波、媒体の変化など、様々でやれるときにやっておかなければ、私はすぐに老いてしまうし、筆不精とならないとも限らない。幸い、たとえば、ブログについていえばこうして継続できているので、この調子を持続することは無益とは思えない。先日改めた、思想観によってテーマが広がり、執筆に今まで以上に積極的になれるのではないかと思う。

お読みいただきありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる