未熟

君のこと 深く思えば あの頃の 返らぬ君の愛のしぐさ 愛しくて

君のこと 軽く思えば わがまま 未熟が 大きく見えて これでよかった気がしてる

君は未熟だったけど 僕はもっと未熟だった 今でも正否はわからない

ただ せめて 正しかったと思えるように 生きていく

思い出すことはあっても 考えることはやめたんだ

楽しい思い出 厳しい現実 僕らはすっかり年をとったね 君はとっくにいかなければいけなかったのに

僕の半端なやさしさで 台無しにしてしまったんじゃないか 君と僕の青春を 僕は君に謝らないと

最後に君は言ってくれた あなたとの素敵な恋 胸の片隅にしまったわ 忘れない ありがとう

コメントの投稿

非公開コメント

No title

恋愛は、性.欲が言葉をまとったものなのだろうけど、
>おそらく他者というものを真に認識したのはこの時が初めてだったであろう。
これは大賛成。
他人との関係をまじめに考えるきっかけは、
恋愛くらいしかない、と思います。
つまり、どんな言葉をまとわせるか、ってことになりそうです。

青梗菜さんへ


こんばんは。今年もよろしくお願いいたします。

詩を始めようと思ったきっかけは青梗菜さんの詩にあこがれたからです。それゆえテーマやニュアンスも少し近いものになってしまったみたいです。

どんな言葉をまとわせるか、うーん、その通りですね。

No title

いえいえ、憧れてはいけませんっ。
ライバルと思わなきゃ。
そして、青梗菜ごときは、
軽々と超えなきゃです!

青梗菜さんへ


詩などは憧れてもやはり同一となることはなく、否が応でも違った様相となっていくはずですから、憧れつつ制作していきます!
なによりモチベーションになります。
それにライバルなんておこがましいです!!
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる