私の『中央フリーウェイ』 八ヶ岳倶楽部の贅沢なフルーツティー


荒井由実さんの『中央フリーウェイ』で描かれているのは『中央自動車道』の都心から八王子方面の下りの風景なので名古屋の私には現実的な風景として思い浮かべることのできないもので、この歌は外国の風景をうたった歌と大きな違いはないことになる。私たちが生きる世界というのは、結局のところそこに身心が物理的に存在した―心が物理的に留まることは証明のしようがないが―ことがあるかどうか、体験を伴った認識がある世界のことなのである。宇宙は存在しているかもしれないが、私にとっては神に近く、存在しているのかどうなのか、知りようもない。アメリカもまた然りであり、果してヨーロッパは本当に存在しているのだろうか、少なくともヨーロッパとして浮かべることのできるのは、テレビの映像や写真などの記憶を通してであり、それは不確かな私の生前の世界についての認識とほぼ同じなのだ。中部地方の人にとって「中央自動車道」は長野県に行くのに便利な高速道路で私も長野に行くときには必ず利用する。起伏やカーブが多いのが特徴で、長野県と岐阜県の県境には延長約8.5Kmの「恵那山トンネル」がある。開通当初は日本一の長さだったそうだ。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」、さながらに冬季は「恵那山トンネル」を抜けると真っ白に雪化粧した山間に道路が伸びている。長野県に行くといっても、たいがいは松本市や長野市方面がほとんどであるため、諏訪湖の手前にある岡谷JCTで「長野自動車道」へと流入する。中央道の旅はいつもこうして終わりを迎えていた。岡谷JCT以降、東京方面は未知で私の脳内地図からもすっぽりと抜け落ちていた。「白州蒸留所」への旅は開拓の旅でもあった。

蒸留所は二日目に予定していたので、初日は宿泊先である八ヶ岳周辺を訪ねることにした。八ヶ岳についての予備知識はなく、中部地方にまで知れ渡る名所もないようであったから、私は当てもなく高地ドライブを楽しんでいたところ、『八ヶ岳倶楽部』という一風変わった施設にたどり着いた。

yatsugatake_club1_convert_20161108083930.jpg

中に入ってみると、様々なギャラリー(植物、エクステリア、雑貨、布製品など)とカフェがあり、敷地のはずれには森の散策路といったかんじで自然遊歩道が造られていた。はじまりは俳優の柳生博さんがこの地を気に入り、自らの手で八ヶ岳のすばらしさを知ってもらおうと自らの手でつくりあげていったもののようだ。名を立てる人はやはり決断力や行動力が違っている。とりわけ驚いたのは、カフェで提供されている『フルーツティー』だ。

繝輔Ν繝シ繝・ユ繧」繝シ_convert_20161108085511(HPより)

クセのないさっぱりとしたインド産のニルギリという紅茶にリンゴ、オレンジ、メロン、キウイ、いちご、巨峰、レモンの7種類のフレッシュフルーツを贅沢に浸し、刻一刻と変化する味わいを楽しむなんとも優雅なティーである。まずリンゴのまろやかな酸味がして、オレンジの心地よい香りと柑橘系のさわやかな酸味が溶け込んでゆく。メロンは熱によって徐々に甘みを紅茶に溶かしこんでゆき、キウイやイチゴの酸味はいつのまにか甘味へと変化している。ときどきイチゴの香りが顔を出したり、上品な巨峰は決して消されることはなく、感じ取ることができる。値段も1~2名用で1728円と良心的だ。紅茶がフルーツの引き立て役となり、フルーツの持つ本来の甘味であったり酸味であったりを変化という対照によって独立したものとして味覚することができる。もちろんおいしかったが、それ以上に体験型スイーツといってもいい楽しい紅茶であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる