ウイスキー造りに適した地 『サントリー 白州蒸留所』


ニッカウヰスキー『竹鶴』に衝撃を受けた私は、サントリー『山崎』のことを考えないではいられなかった。現在、ジャパニーズウイスキーとして高い評価を受けている日本のウイスキーだが、その礎を築いたのは紛れもなく『山崎』だ。日本のウイスキーの発展に対する貢献度や、知名度、ブランド力では圧倒的に『山崎』に分がある。それはそのままサントリーの経営戦略のうまさを物語っている。実際に現在では、ニッカウヰスキーは『竹鶴』に代表される素晴らしいウイスキーを造っているものの、アサヒビールの子会社になってしまっている。サントリーが初めに蒸留所を造ったのが「大阪府の山崎」であったのに対し、ニッカウヰスキーが蒸留所に選んだのは『北海道の余市』であった。山崎は利便性を重視して選ばれた地であったが、余市はウイスキーの本場、スコットランドに気候が近いということから選ばれた。その差は大きい。しかし、会社の存続、経営という観点で見たらやはり、サントリーが正しく、鳥井信治郎が優れていたと言わざるを得ないのだが、ウイスキーだけで見たらニッカウヰスキーに強いこだわりを感じるのは当然だ。

l_11998-1_convert_20161025153143.jpg

サントリーの製品の高いデザイン性は本当に素晴らしい。ビンのフォルム、栓の形状、ラベルの素材やカリグラフィー、化粧箱に至るまで、芸術の域にまで達するような仕上がりである。この見た目だけで、単純な人間は先入観によって『山崎』自体を高く評価するに違いない(私自身がそうである)。『余市蒸留所』が第一候補であったが―皮肉にもその不便さから―、断念せざるを得ず、見学は『山崎蒸留所』が濃厚であった。とはいえ、所在地は山間部であるものの都市である大阪府でウイスキーを学ぶには抵抗があった。私はふと以前のMの提案を思い出した。

「ダイワロイヤルホテルズの食事付き宿泊券があるんだけど、使い道ないだろうか?全国にあるグループホテルで使えるんだけど、主要な観光地にはないから利用しようにもその機会がないんだ。」

そのとき、実際に全国のホテルを調べたところ、京都や高山、金沢などの名所にアクセスしやすい立地にはなく、「ほんとだね、車で行ったほうがよさそうなところが多そうだし、観光に便利というわけじゃなさそうだから、俺の旅行のスタイルだと利用しにくそうだ。」と答えた。

サントリーの蒸留所は『山崎』だけではなく、『白州蒸留所』と最近その名を冠したグレーンウイスキーが売り出された『知多蒸留所』があり(『知多蒸留所』に関してはこの土地が水に苦労した地であることを知っているのでなぜウイスキーを造っているのか不思議)、ちょうど『白州蒸留所』が山梨県の南アルプスにあり―この地はウイスキー造りに適していると私も納得する―、ダイワロイヤルホテルズ一覧と照らし合わせてみると、幸いにも南アルプスを構成する一つ、八ヶ岳にそのホテルがあった。こうした偶然によって、『白州蒸留所』を見学する運びとなった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる