幸福を与える仕事 望む仕事と望まれる仕事の矛盾


ひとは幸福になりたいと思うならば、何よりもまず正しい仕事をさがすがよい。失敗の生涯はたいてい、その人が全然仕事を持たないか、仕事が少なすぎるか、あるいは正しい仕事を持たないことに、その根本の原因がある。   『幸福論』 ヒルティ著より


人にとって、最もつらい瞬間は「自分は生きている意味があるのだろうか」と考えてしまうときかもしれない。生きている意味を知り、理解し、見つけることのできた人は最高に幸せだけれど、世の中のほとんどの人は探し出せずに迷いながら生きていることであろう。そして日々のせわしさの中でそんな不安や迷いは打ち消され、生きる意味を問わず、そこから徐々に目を背けてゆく。生きることの意味を教えるのは宗教であり、生きることに意味を与えるのが信仰であると私は最近になってそう悟るようになった。そしてまだ生きる意味を自分に示せずにいる、ストレイシープである。

私は長らく定職についていなかった。それは「生きている意味」の問いに真っ向から立ち向かうことになるからであった。その人の仕事は、その人の人生観であり、思想を表している。私はその人の仕事からその人間性を判断し、仕事ぶりによって性格を判断し得ると考えている。それを自分自身に向けたとき、私はどんな仕事を選ぶか?それは非常に困難な問いであった。実際に、私は今の自分の仕事には満足している。給料は安く、危険もあり、ときに理不尽もある。けれども、気楽で自由もあり、直接人に接して、サービスを提供するので感謝されることもしばしばだ。仕事が私の考え方と思想を表すがゆえに、この素晴らしき仕事が何であるかを明らかにすることは控えるが―私は普段から、明言を避けている。残念なことに、必ず他人からは非難まではいかなくとも、苦言を呈されるからだ。給料が少ないだの、みじめだの、将来が不安だの、そんなようなことだ。客観的に考えれば、実に親不孝であると自分でも思う。私の幸福感は無視されている。―「この仕事は意味があるのだろうか(生きて行く術として間違ってはいないか)」という問いが頭に浮かんだことは一度もなく、私に幸福を与える仕事なのである。

先日、あるお客様宅へ仕事で伺うとリビングで女子高生が受験勉強に励んでいたので―私は家庭教師も塾講師もやっていたことがあるというのと、なにより勉学に興味があるので仕事をしながら様子をうかがっていると名古屋大学を受験するつもりであることがわかったので、作業後、奥様と、「娘さん、受験勉強がんばってますね」という話からいろいろとしていくうちに、私も友人の何人かが名古屋大学に進学し、また私自身も受験対策として過去問などには精通していたからいくつかアドバイスをしたところ、全く予想していなかったのだが、家庭教師を頼まれてしまった。立場上、なかなか時間がとれないことなどいくつか留意していただくことがあることを伝えたうえで引き受けることにした。人の役だつことは私としてもうれしいし、勉学に関することで役立てるならこれほどうれしいことはない。私が人の役に立てるのはわずかな知識と思考、そして貧弱な労働力としてでしかない。しかも、大学受験レベルの思考力の鍛錬は私自身にとってもボケ防止のようなちょっとした息抜きとして最適である。すでに高校時代の教材はほとんど破棄してしまったため、青チャートⅢ・C―ああ、なんと懐かしい響き)―を近くのブックオフで旧課程のため108円という格安のものを発見し、購入して、指導してほしいと頼まれた単元を復習するなど準備は怠らない。英語や古文、化学などその要望は多岐にわたり、すでに多忙な毎日に、また一つ日課が増えることとなった。就寝前に試験問題を一題解く。少し日々に緊張と刺激が増えてかえってよかったのではないかと思う。ただ、皮肉なことに、私が価値のあると思った仕事よりも、勉強を教えるという仕事でもなんでもない趣味の延長のような仕事の方がありがたがれる現実がある。そんなつまらない仕事をする時間があるのなら、子どもに勉強を教えて、少しでもいい学校に行けれるように手伝ってくれというのである。

コメントの投稿

非公開コメント

お嬢さん合格できるといいですね!

いい話ですねー

おもえば就職活動必死でやることで結果自分を殺してしまうひともいるのに。
すなおにHajimeさんらしさをだしてたら能力をみこまれ「仕事」をたのまれる。
人はシステム化されてるなかでみつかる能力ばかりに目をむけますが,そうでないなかで見つけ,見出される「価値」というのが,ほんとうの「価値」ではないかと思いますねー

Hajimeさんの「受験技術」だけで能力を買われたのではなく,人柄や思慮深さということでしょうネ

社会のしくみはシステム化されなきゃ成り立たないけどそれだけではない,そこからはずれるひともかならずいるし。システムやレールからはずれたからといって「正しい仕事」につけないわけじゃないし
システムや国の同調圧力さえ気にしてれば「正しい」仕事や人生かといっても,そうおもえないひともいるし,そこでは発揮できない能力もある

いくらでも人と人のつながりで可能性が拡がるのというのが,本当の意味の先進国で民主だとおもいます。「民」が主ということは,イコール多様性が主,システム以上の可能性がある,ということでしょうネ
(そこにむすびつけるかなー,とひやかされちゃうかなww青カタナさんに

玄さんへ


メッセージありがとうございました。こんにちは。

玄さんのおっしゃるとおりで、今回の件で「仕事とは何か?」ということについて少し理解が深まったように思います。しかも、私は初め、お金は特にもらわなくてもいいと考えていました(なぜなら報酬を頂いたら責任などがより鮮明になってしまい、どうせ払うならちゃんとした肩書のある先生の方がいいのでは?とも考えたゆえ)。しかし、立場や社会常識、関係性を考えたとき、やはり代金をいただこうということで、お気持ち程度で結構ですよ。と伝えたところ、ちゃんと相場というか常識のある人で、お金に対する実感としての喜びを覚えるくらいの金額を提示して下さり、ありがたいと思うと同時に、本来は仕事と報酬というのはこういった関係なのだ、と思いました。あと足りないのは娘さんが合格することですが、これがもっとも難しいことで、講師という立場の辛さでもあり、いくら信頼してもらおうと、評価してもらおうと、結果がついてこなければ本末転倒、もっとも結果が残念なものとなろうとそれまでの過程も人生においては力を持つので長い目で見たらあまり関係のないことかもしれません。

「人柄や思慮深さ」を買っていただけたのなら本当にうれしいことですし、実際によく思ってくださっているのでありがたいです。本当に。もっともっといい仕事をしていきたい、そんな風にも感じました。

常識やシステムや、ルール、これらは先人たちの知恵によって築き上げられたものであって、十中八九円滑に物事は進んでいきますね、けれど、完ぺきではないし、まだまだ未熟な部分が数多く残されていて、それを是正していくにはそこから外れてみることも意味がありそうだ、そんな風に思います。

>いくらでも人と人のつながりで可能性が拡がるのというのが,本当の意味の先進国で民主だとおもいます。
その通りですね!正直言って、私たちの世代には民が主という感覚がなく、また国が主という感覚もないのが恐ろしいです。経験をしていないってことは、無知ということは恐ろしいことですね。民主の感覚、私自身も持てていないなと失望しています。
しかも、世界は変わらないという”さとり世代”である実感がすごくあります。本当に危険です。

仕事に関して、実際に自分の力によって変化を起こすことができた、このことは少なからず私に自信のようなものを与えました。
日々この世界のために何か働きかけをしていくことが無意味でないことがわかった一件でもありました。

No title

>(そこにむすびつけるかなー,とひやかされちゃうかなww青カタナさんに
はははw。
いきなりですよね!
え~と、玄さんとかけまして、ウインカーをつけたまま、
3車線くらい移動するクルマと解きます。

本業でないときに、まっとうなことができるのですよね~。
なんで本業で、それができないのだろうなぁ。
ったくよお、薄汚れてるよなぁ、
黒霧、ロックで、あと、とんぺい焼き1つ。

ただのぼーそーしゃw

芋焼酎はね

お湯割りで呑まなきゃいかんよ。君ぃ

とかいってると「おっさん」といわれますね

No title

やっぱ黒霧はクラッシュアイスで。
玄さんには熱湯で割ってあげてね~♪
おれ、牛串、玄さんには、ねぎま、
おれ、スズキの刺身、玄さんには、枝豆、
おれ、からあげ、とりあえず、そんだけ。
hajimeさん、来ないね。

玄さんへ

返事遅くなり申し訳ありません。こんばんは。


玄さんにそんな風に言われてみたいなぁ。

「芋焼酎はね、お湯割りで飲まなきゃいかんよ。君ぃ」

今度から迷わずお湯割りで飲むようにしまーす。

青梗菜さんへ

もう宴はとっくにお開きになっちゃいましたね。遅くなってしまいました。

クラッシュアイスはしゃれてますね!熱湯なんですね!あつあつで!
とりあえず家にあった赤霧島をロックで飲み始めました。オイルサーディンがつまみです。

僕は、つくねがいいな。あと銀杏。たこわさももらおうかな。
スズキの刺身、いいですねー。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる