新人賞を目指す男のブログ


Y君、あなたは伝道的観念が強い(キリスト教を他人に伝道するということを直接に指すのではない。)割合に自己生活の内省が深刻を欠いではいないであろうか。自己の生活について自信が強すぎはしまいか。自己の生活に威力を感じ過ぎはしまいか。試みにあなたの周囲を見たまえ。何処に肯定的な、自信のある、強い生活を送ってるものがあろう。淋しい、弱い、自信のない、大きな声を出して他人に叫ぶのは羞しいような生活をしてる人ばかりではないか。そういう強い、肯定的な、力ある生活を送ろうと思ってあせりつつも、出来ないで疲労するものもある。廃頽するものもある。はなはだしきは自殺するものもある。あるいは蒼ざめ衰えてなお苦しき努力を続けてるものもある。人生は限りなく淋しい。あなたは少なくとも寂しい思索家などのいうことに今少し耳を傾ける必要はないであろうか。私はそれについてある実例をあなたに示したい。私の友人はさんざん行き悩んだ末、芸術より外に私の行く道はないといって、学校も欠席して毎日下宿屋の二階に蟄居して一生懸命創作をした。そして二百枚も書いた。私はこの頃世に出る片々たる短編小説などよりどれほど優れてるかしれないから、完成さして発表してはどうかといっていた。ところがある日私がその家を訪ねて続きを見せろといったらもう止したといって淋しそうな顔をした。それは惜しいではないか。あれほど熱心に書いたのに、どうしたのだと訊いたら「君、私の生活にはちっとも威力がない!創作したって何になろう。」といって顔をしかめた。私はその時二人の間に漂うた涙のない、耗り切れたような悲哀と、また理解と厳粛とをあなたにあなたに味わせたいと思う。   『愛と認識との出発』 倉田百三著より



私はずっと理系の人間であった。世界はすべて数式で構築され、問題には必ず答えが存在すると信じて疑わなかった。けれども、精神と肉体に私は矛盾を感じざるを得なかったし、群像は説明不可能であった。数学的に思考しながら、常に不可解な人間生活を送らなければならなかったのである。私はどうしても仮想空間を準備して、条件付けをした上でなければ感情を有する個人として存在することができなかった、故に文学に没頭していった。ラプラス変換の有効性に数学的思考の転回を学びながら、ラスコーリニコフの危険思想に惹かれていた。来る日も来る日も、文学を携え講義に臨み、私は文学に熱中していった。次第に講義から足は遠ざかり、学校へは行くものの、向かうのは図書館で、昼食もろくに取らず、気が付けば日が暮れていた。学校へ何をしに来ているのだか、徐々に重なる欠席は文学と私を堅く結びつけ、社会生活を遠ざける結果を約束していた。世界には文学あるのみだ、現実世界がなんだというのだ、文学こそが私にとって世界なのだ。私は勢い込んだ。夏目漱石が処女作であるにもかかわらず「吾輩は猫である」を約36万字という驚異的なボリュームで物したことに驚愕し、どうあってもせめてボリュームだけでも同等の作品に仕上げなければならないと机に向かった。じきに原稿用紙は200枚に及んだ。貧弱で心もとない小説が、首の座らない赤子のごとき作品が予感される出来栄えだった。しがない一学生になにができるであろう!私は旅をしようと思った、私は働こうと思った、私は恋をしようと思った、私は、人間の生活というものを一からやり直そうと思った。

Kは言った。

「そんな背伸びをしたって始まらない。君の作品はたしかに未熟だ。しかし、思いがよくこもっている。読みながら、ひたむきな君の姿勢が伝わってくる。それは重厚な長編を書き上げたらみあげたものだ。だが、完成させてみることだよ。すべてはそれからだ。私は思うんだが、新人賞に応募してみてはどうか。原稿用紙200枚程度だ。」

新人賞は私にとって全く世界の外側にある出来事だったため、はっとした。新人賞を目指して小説を書く、これはなかなかにおもしろいではないか。新人賞の応募総数は非常に多いそうだが、どのような人物が新人賞を狙って小説を書き、日々奮闘しているのかということはなかなか知られない。一人の新人賞を目指す男のブログというのも悪くない。私は早速ペンを走らせた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる