停滞は成長のとき


本当の意味の理想主義は、明らかに、われわれが現実からすっかり遠ざかって、自分の夢想の世界にとじこもることで現実をごまかしたり、あるいはわざと現実を無視したりすることにあるのではなく、むしろ普通に行なわれているよりも一層深く世界を把握し、そしてこれを自分自身の内部において克服する点にあるのである。というのは、われわれ自身がすでに一個の小世界であって、確固たる原理と良い習慣とでもって、まず最初にこの小世界を克服しないかぎり、およそ世界を克服することは不可能だからである。   『幸福論』 ヒルティ著より


ブログの更新が滞るとき、それは成長の証であり、思想における何かしらの変化を意味する。ここ数週間、大きな変化が二つあった。これについては後々記すことになるであろうが、まだ自分自身の内部において消化しきれておらず、克服するに到底及ばない状態であるから、時間による濾過と習慣による下ごしらえをしたのち、その間も反省と吟味、試行に励みつつ、この経験に意味と教訓を見出したいと思う。私にとってブログとして記事にするということは、体験を感性の経験で終わらせるのではなく、解釈を与え、私自身に問い、答えることである。「記事を書かなければ」ではなく「記事にできるか」という自分への挑戦である。記事にできなければ、私はその体験から取るに足りないものしか得られなかったか、その体験を十分に把握できなかったということになるのだ。だから、記事にしたいが記事にすることができない、すなわち更新が滞るとき、私は自問自答し、思索を綿々と続ける、こういうときこそ人は成長しているのではないかと、私は思うのである。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>愛と結婚、愛と性、愛と執着について考え、悩んでいました。
>体験を感性の経験で終わらせるのではなく、解釈を与え、私自身に問い、答えることである。
はい、おっしゃる通りです。

    経験ということは、たしかに人間には必要だと思うのですが、
    どんなに経験しても、人間というものは
    その経験を想像力のなかで造型できなかったら
    経験にならないわけです。―― 安部公房

返事は結構。
がんばって!

こんばんは

メッセージありがとうございます。
今までにない
あなたに出会えたようで
嬉しかったです…。

何事にも真摯に向き合い
丁寧に思索を重ね
確実に成長なされてゆく
あなたの有り様
少し眩しいほどでした…。








プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる