うつ病は脳からの本能的な警告である。


世間がそれでよいというのだから、想像上のものにすぎないと分かっている幸福のために、終日働かなければならない。そして睡眠が私たちを理性の疲労から回復させてくれたら、すぐさまぱっと起き上がって幻影を追い求め、この世を支配する想像力の影響をこうむらなければならない。   『パンセ』 パスカル著より


私は今でも心療内科を受診すればおそらく、うつ病と診断されるであろう。もっとも悪かった時期は全く朝起きることができなかった。仮に目が覚めても、どうしようもない絶望感に包まれて、昼まで布団から出ることができないのである。昼に起きるから夜は眠れない、そして夜遅くに眠るから朝起きられない……。この悪循環は終わりの見えないトンネルだった。それはちょうど大学生の時分だったから一限の講義はからっきし出席することができず、しかも一限には必修科目が多くあったため、私の学生生活は暗礁に乗り上げてしまった。その引き金となった困難―うつ病を引き起こした原因―は取り除けるものではなく、受け入れて生きる努力を私に強いた。だが、その困難に私は屈し、果たせるかな心を病んだわけである。二重、三重にもなった足枷から逃げるように私は大学を去った。そして未だその心の病は尾を引いているわけである。困難を受け入れて歩むと心に決めても、時折絶望は襲ってくる。苦悩の燃えかすが頭脳にくすぶっている。朝、さわやかに目覚めたのは一体何年前のことであろうか。社会人として働きだした今でも憂鬱との闘いは続いており、その社会で生きることの責任が一層重圧となってのしかかってくる。

私は改めてこのうつ病と向き合ってみた。というのも、友人が入院を余儀なくされたのである―彼は躁うつ病と診断されたようだった。彼は非常に優秀であったが、確かに天才的なところがあって、常人にはなじめない狂気が漂っていた。キャリアに大きな影響を及ぼすといって嘆いていた。彼と話しながら、私は文字どおりこの暗く長いトンネルで一筋の光明を見出すことができた。これは私に限らず、うつ病の人には有効な教えであるかもしれないから、ここに書き残すことにした。

うつ病とは、脳による意志の否定である。私がいくら情け深い、謙虚で誠実な人間であろうとしても、私の特性、アイデンティティに背くのであれば、脳はそれを阻害しようとするのである。これが憂鬱であると私は発見した。すなわち、うつ病であるということは、自分自身の今の考え方と生き方を考え直さなければならないという脳からの本能的な警告なのである。私は確かに、本能に背く思想を抱いていた。人類の否定、生の否定、性の否定、欲の否定。だが意志によって思惟を統制しているようにみえて、実は脳がエラーを起こして、本能的なそれらの機能が抑えられていただけなのだ。性の肯定、生の肯定、人類の肯定によってうつ病は克服される、と私は信じて疑わない。憂鬱を欲し、好んでうつ病を発症したのだ。私はさわやかな目覚めの訪れない朝にもうすっかりうんざりした。私は生を愛し、健やかな日々を送りたいという思いがする。私はもう憂鬱ごっこはやめることにする。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>私はもう憂鬱ごっこはやめることにする。
かっこいいなぁ!
この一文だけで、頭が騒がしくなる、
この一文だけで、たくさん語っています。

青梗菜さん、コメントありがとうございます!

かっこよさって難しいです。
でも、青梗菜さんはMINIに乗ってらっしゃるし、詩情も豊かですし、間違いなくかっこいいといえるので、そう言ってもらえるということは私も遠からずといったところかなぁ。とか思ってます。w

自分というのは分からないですね。

かたちは形でもあり容でもありますしねw

こんばんは!
カタチから入る,これが案外奏を効すことってありますね。

ただ・・・逃げる時カタチから入ることはかんたんですが向き合うときにはカタチからはいってもなかなかうまくゆかない気もします。
べつにやたら元気になれとかあかるくヤレというつもりもありません,
問題はいつの時も何に向き合うかでしょうネw
生きてる限りヒトは,なにかに直面しています
結局自己に向き合うか,他者に向き合うか。自我,他我の別もある。難しいほうから,簡単なほうから,どちらを先に選択するかは,その人の個性であり自由だとおもいます。人生は案外長いんです
畢竟どっちにも向き合わねばならないんです,
順番ですよ,順番に一つずつこなすしかありません。

だから勿論,今は逃げるんだ,ということさえ,わたしは悪いとおもいません 

ただ昔に比べて現在は若者が逃げたり遊んだりする余裕がなくなってしまったような気もします。今をそんな時代にしてしまったワレワレのような先行の世代や日本という国,ひいては世界がほんとしょーもないんです。でもHajimeさんにも後から続く世代があります



プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる