スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の森を去り、新たな道を歩く


私は、森にはいったときとおなじように、それ相応の理由があって森を去った。おそらく、私にはまだ生きてみなくてはならない人生がいくつもあり、森の生活だけにあれ以上の時間を割くわけにはいかないと感じられたからであろう。おどろくなかれ、われわれはそうとは知らぬ間に、いともたやすく一本のきまった道を歩くようになり、自分の道を踏みかためてしまう。森に住んで一週間とたたないうちに、私の足は戸口から湖畔へと通じる小道をつくっていた。その道を踏んだときからもう五、六年たつけれど、いまでもその跡ははっきりと残っている。じつは、ほかのひとたちも、ついそこを歩くようになったために、消えないでいるのではないかと気がかりなのだ。地球の表面はやわらかく、人間の足あとを残しやすいが、精神がたどる道も同様である。世界の幹線道路はさぞかしすり減ってほこりだらけとなり、伝統や習俗には深い轍が刻まれていることだろう!   『森の生活』 H.D.ソロー著より



私が読書の森にはいったのは、数字と法律によって簡素、平面化された世界を色と奥行きを持った本来の姿に復元する技術を得るためであった。読書のために、学校を辞め、仕事に就かず、友人・家族をも遠ざけ、場所を選ばず、ただただ活字を追うことに没頭したのであった。自室、図書館、河川敷、森、海辺、近所の公園のベンチ、喫茶店…案外場所は重要で、空間的にも脳を刺激し、記憶の定着を促す気分と物語との雰囲気づくりである。注意しておこう、世の中が文学に疎いので文学に深くかかわることが有利に働くことはない。たいして読書をしたことのない人たちは読書なんて、時間をみつけるか、つくるかして少しずつでもできるではないか、と反論するだろう。しかし、文学はそんな片手間に生半可な気持ちで理解のできるものではなく、そんな読書は遊びか暇つぶしにすぎないのである。まとまった時間がなければ、文章を読み進め、それによって紡ぎ出される思索の糸を逃さないように繋ぎ止めつつ、自分の力で編み上げていく…という作業をどうしてなしえようか?その上、価値のある文学、人類の歩みを支え、人類を物語り続けてきた作品が数多くあるのである。おお、現代ですら、その数は膨大であり、私の寿命は望む読書の半分も許してくれないであろう!それが今後どんどん増加の一途をたどり、後世は文学をどのように扱っていくであろうか?宗教と戦争と科学しか語らぬ文学のみ選抜するであろうか?あるいは?

ブログを書き始めたのは、思索の糸で編み上げた頼りない思想の布切れを少しでも丈夫なものにしようとの思いからであった。文章にすることで思想は強度を増すはずであるし、発信することでその思想はエネルギーを持つのではないか、そんなことを考えたのだ。そして、読書の森を去る決心をした。私は勤め人として社会に出て、勤め人として社会に出ることは文学を志す道の途中、読書に続く通らなければならない道程と捉えている。読書でしか学べないこと、人との交わりでしか学べないこと、社会人として仕事や生産・消費の金銭のやり取りでしか学べないことがあって、このように生きてみなければならない人生が、文学を基準にしてみても多く存在することが分かる。人間が人間らしく生きるにはもっと複雑な生きなければならない多くの人生がそこに見出されるであろう。

読書の森の本の読み方は、小説と哲学書の主に二冊を並行して時間をかけて精読をするというものであった。しかし現在は、今まで読んできたものを、再読しつつ、新たな本も読み進めて、それぞれ大体四冊ずつ、計約八冊の読書体験が並行して行われている。主に再読はブログ記事を作成するための素材として、新たな読書は今まで通り精読というスタイルだ。故に、机上には常時十冊くらいの本が積まれてあって、積読は絶対にしない私には今までなかった状態である。読書の森を去り、新たな道を歩みだしている、そんな実感がある。

コメントの投稿

非公開コメント

遠く応援しています。

そしてまた
読書の森に優るとも劣らない
泰に実りある
素晴らしい体験を積まれますことを
祈念しています。

紗希
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。