「明日は何をしようか」

死とか、追放とか、そのほか恐ろしいと思われるすべてのことを、毎日、目の前に思い浮かべるがよい。そうすれば、卑しい考えもわかず、激しい欲望も起こらぬであろう。   『幸福論』 ヒルティ著より



生きている以上、死のリスクから逃れることは出来ない。私もあなたも明日死なないとも限らないかりそめの命。だから大切に、慈しむ必要がある。いや、これは当然起こるべき感情だ。

私は労働によって死のリスクを少しあげることになった。売るものがなかったから命のひとひらを削って、売ったといった方がいいかもしれない。健全な肉体と精神も学歴も資格も社会人としての素質(従順、奉仕精神、協調性など)も何も供えない労働者として失格の私のセールスポイントは簡単に、平均以上のまじめさと健康な身体であった。命の価格は安いものではない、その証拠に個人的には満足のいく給料をいただいている。

危険と隣り合わせの仕事も2年目も半ば過ぎ、全体の把握と展望ができるようになり、改善も少しずつできている。ただ私が気がかりなのは、非常にありがたく、好きな仕事ではあるのだが、確率論で言えば年数を重ねれば重ねるだけ死のリスクは100分の一にしろ1000分の一にしろ、その一にあたったら死を意味するわけだから、増していることになる。それゆえ、死なないうちに次のステップへ進まなければならないと焦慮してもいる。だが私に向いている仕事などありそうもないのも現実である。といって、今の仕事をし続けるわけにもいかぬ。今から少しずつ動き出し、考えを深め、作戦を練っておいて遅すぎるということはないであろう。

こんな風にして日々を過ごしているから、卑しい考えや激しい欲望は確かに起こらない。毎日に楽しみを見出し、読書や食事、散歩や運動といった基礎的な生活で私の日々は成り立っている。卑しい考えや激しい欲望とは無縁である。私はこれからももっと日々の楽しみを吟味し、深く複雑におもしろみを見つけていくつもりだ。まだ命を失いたくはない。今よりも楽しい日々がまだまだやってくるであろうし、私はどんな未来も創ることができる。そう考えるとわくわくする。壊れやすく失われやすいもので構成される人生ではあるが、だからこそ慎重に一つひとつを積み重ねていって自分の人生を構築していくのである。私は「明日はなにをしようか?」と眠る前だけでなく、仕事をしながら、夢想しながら考えている。今日より明日が充実し、何かによって充たされ、彩られていく。脳内には物語が紡ぎ出されていき、記憶には新たな思い出が刻まれ、身辺には愛を感じるものにおおわれている。

「明日は何をしようか」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる