”こころ”を承認する文系の世界 学力による選択の誤り


私は大学で英文学という専門をやりました。その英文学というものはどんなものかとお尋ねになるかも知れませんが、それを三年専攻した私にも何が何だかまあ夢中だったのです。その頃はジクソンという人が教師でした。私はその先生の前で詩を読ませられたり文章を読ませられたり、作文を作って、冠詞が落ちているといって叱られたり、発音が間違っていると怒られたりしました。試験にはウォーズウォースは何年に生れて何年に死んだとか、シェイクスピヤのフォリオは幾通りあるかとか、あるいはスコットの書いた作物を年代順に並べて見ろとかいう問題ばかり出たのです。

年の若いあなた方にもほぼ想像ができるでしょう、果してこれが英文学かどうだかという事が。英文学はしばらく措いて第一文学とはどういうものだか、これでは到底解るはずがありません。それなら自力でそれを窮め得るかというと、まあ盲目の垣覗きといったようなもので、図書館に入って、どこをどううろついても手掛がないのです。これは自力の足りないばかりでなくその道に関した書物も乏しかったのだろうと思います。とにかく三年勉強して、ついに文学は解らずじまいだったのです。私の煩悶は第一ここに根差していたと申し上げても差支えないでしょう。   『私の個人主義』 夏目漱石


私は大学で理系を専攻していたわけだが、これは高校での学力の測り方というのに問題があったように思えてならない。その学力というのは、まず英語・国語・数学の学力(主にテストなどの点数によって測られる)で決められる。たしかに、これらは記憶力をあまり必要とせず、ルールを理解して、出題者の意図を解読し、約束通りの定石を踏むという一連の作業によって完成するやや人間らしい思考をする。なぜだか知らないが、学問に理系と文系という分類があって、それを高校生の時点で選択しなければならないのだが、(この選択が人生をとても大きく左右する!)その選択の際に判断材料となるのが、この主要三科目以外によって測られる学力なのである。もっとも、この中の数学がまったくできないという理由で文系を選ぶというのが文系の大多数のようであるが、同様に数字や化学記号以外はどうしてもなじめないという人もわずかながらいるかもしれない、彼らは理系を選択するということになるのだろう。私にとってはどれも相似であったから、判断材料が他に必要であった。それがなんと、”暗記に意味を見いだせるかどうか”ということなのである。私は物理や化学はそれほど覚えることが多くなくて気楽であったが、歴史や地理の類はどうも覚えることが多くて無駄な時間を過ごさなければならないような気がしていやであった。それこそここで夏目先生がおっしゃっているように、妙な問題ばかりが出題されて、歴史や地理とはいったいなんであるのか?と思ったものである。フランス革命について描かれた文学や映画を見た方がよっぽどためになりそうなものなのにそんな授業はなかった。

そういうわけで私は無事?理系に進んだわけである。そして生き抜くことのできぬ世界であると悟って、その道を自ら去ったのである。もし文系に進んでいたとしたら?最近よくそんなことを考える。私は文学が無性に好きである。一生文学と共に生きていきたいと思っている。文学と共に生きるとはなんぞや?とにかく文学と生きたいのである。文学部に入って、文学を研究する。文学が仕事になる。私は今以上に幸せであったかもしれない。今は時間を盗んで文学を手にしている。時間を削って文学を確保している。かつて文系は文明的でなく、理系が人類を進歩させ、幸福にすると考えないこともなかった。文系は学問として成り立つのか?という疑問も残る。夏目先生も文学は解らずじまいだったとおっしゃっている。それでも私のような文明社会でどうしようもない、役に立たない人間がなんとか文学に携われているという安心感と喜びで生き抜くことができる世界を用意してくれるのが、文系の世界、文明的でないあくまで、”こころ”を承認する世界ではないだろうか。と思うのである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる