スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮き世さらば


安保法案に対する一連の国内の動き、そして実験としての意味合いも含めた前回の記事の反応からたくさんのことを発見し、理解することができた。すこしここにまとめておく。

安保法案に反対していた人々は、平和を望んでいるようで実は平和を望んでいるのではなく、自己保身したいのである。自己保身して何が悪い?そう、その通りだ。だから平和はおとずれない。実は誰も平和を望んでいないからだ。自分がよければそれでいい。そんな人々ばかりだった。

日本の学生はやはり愚かだった。あれほどエネルギーと工夫する力があるのならもっと生産性のある活動ができたはずだ。しかし、選んだのは”デモ”。しかも、安保法案反対運動で、上記のように自己保身の連中ばかり。日本の未来も明るくなかった。

自民党、安倍首相に批判が集まったが、日本の政治は自民党以外何もできない。政権交代の際の民主党は目も当てられない程だった。その結果としてすぐに自民党政権に戻った。それを批判してどうなる?自民党のやり方以外なんともならないのが日本の政治だということを国民が認めなければならない。一つの政党以外機能しない国家ははっきり言って終わっている。

そして記事に対する反応がほとんどなかった、にもかかわらず差別などの実際的な被害があるものについての記事には反応がある事実を考えると、後世にいいものを残そうという気は誰にもない。原発があることをみれば明らかだが、自分の世代さえよければ、あとは次の世代に責任をとらせればいいとみんなは考えている。そのことがよくわかった。ほんとに自分勝手だな、みんな。もっと後の世代のことを考えてほしい。所詮自分たちに直接関係のあることには関心を示し、直接関係がなければ無関心でいられるのだ。

人間が社会をつくっているのは、種の保存の本能によるのであり、世界平和を実現するためではない。動物界における弱肉強食の中で、勝ち残るための手段であり、人間という種の中での生き残りの戦闘は免れないようだ。夢を見るのではなく、現実としっかりとした論理的思考を持つべきだ。こんなことは明らかだ。平和主義も意味を持たない。イエスが生まれて?2000年経っても争いがなくならない事実からも明白だ。

僕は平和を望み、死んでいきたいと思う。僕のような人間こそ生き残るべきとも思わないでもないが、生存競争の中では、消えていくべき存在なのだ。強いものが生き残っていくべき世界なのだ。僕はようやくこの事実をうけいれることができそうである。


テレビを見るのは害だ。超高齢化社会になりつつあり、テレビをつければ保険や老化に抗うサプリメントなど、老人のためのCMが目につく。とてもうんざりする。そして、あれを買え、これを買えと躍起になって訴えてくる。異常だ。地球のごみを積極的に増やそうとする馬鹿者だ。それを経済などと格好のいいことを言って、馬鹿げている。テレビは見ない。馬鹿になる。

新聞も読まない。常に過去の出来事を知ることができるだけでなんの働きかけもできない。そして手に入れた知識は何の役にも立たない。今起っている事実の根拠を知ることができるのみであり、物好きのすることだ。新聞は読まない。

ネットは真実を伝え得ると期待していたが、利用者が未熟なために一番有害かもしれない。悪意に満ち、欲にまみれた事象が飛び交う醜い世界。そのことをブログを始めて痛感した。僕が求めるものと世間の求めるものが雲泥の差があり、意味がない。ただただむなしい。

これ以上古典を読むこと、これももはや徒労に終わるだろう。真理を知り、世界のあるべき姿、高尚なる思想、それがあっても世界にとっては意味がなく、なにも好転しない、変わらない。僕がこれ以上真理を究めたところでなんになろう?それを知りたい人はいないのに。読書しない人間が多くいる世界などつまらない。読書しないのは馬鹿だ。いや、結局世界をよくしようとか、そういう意欲がないのだろう。自己保身。自分さえよければそれでいい。反吐が出る。

ネットをやめるべきときが近づいているのを感じる。スマホも然り。読書もこれ以上は時間の無駄の様だ。これもやめちまおうか。世界は回る。勝手に進んでいき、過ぎていく。破壊しながら、炎上しながら回転し続ける。人間という名のがんが、地球を滅ぼすか、人間が地球を征服するか、地球が人間を駆逐するか、それとも宇宙が地球を飲み込むのか。そんなことはもはやどうだっていい。なるようになるだろう。みんな暇つぶしをし、おもしろきことも無き世をおもしろく、するためになにがなんだかわからないながらとりあえずあくせくしている。

テレビをやめ、新聞をやめ、ネットをやめ、読書をやめ、僕はなにをしていこう…自己保身の人間とはどうせうまくやっていけない。彼らのために汗を流すこともむなしい。生きるために働き、親しい人たちと愛や友情の中で健やかに暮らしていこう。やはり物理的な壁を越えての友情、愛は難しいようだ。文字のやりとりには限界があり、いくらSNSなどが発展し、普及しようとも、そこに真実の愛は芽生えない。僕らは心のこもった声や表情、ふれあいでお互いを深く知り、深く親しむ。身体以外の余剰の道具も技術ももはや必要ない。これらはリスクを必ず伴う。夢を追い、理想を求め、絶望し、諦め、悟る。僕は死ぬのを待つのみだ。愛と友情と健康を考えながら、実践しながら…



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです

ブログサーフィンを止めているのであなたの記事を
今読んでいるのですが、どうもコメントできない気がします。

ネット世界に期待してないので、コメントがあればそれはそれで
応対しますが、福島原発事故の後、コメントには苦労しましたので
コメントがない現在の方がブログ続けていけそうなんですよっ、

いい加減なコメントでごめんなさいねっ、

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。