『虚栄』は永久に多くのものを奪い去る 『道徳感情論』アダム・スミス著


この世のすべての苦労と騒ぎは、なにを目的とするのか。貪欲と野心の、富、権力および優越の追求の、目標はなんであるのか、それは、自然の諸必要をみたすためであるか。もっともつまらぬ労働者の賃金でさえ、それをみたすことができる。その賃金がかれに、食料と衣服と、住宅および家族という快適さを提供するのを、われわれは見ている。もしわれわれが厳密にかれの家計を調べるならば、かれが賃金のうちの大きな部分を、余計なものとみなされうる諸便宜に使っていることがわかるだろうし、例外的なばあいには、かれが虚栄と差別のためにさえ、いくらかを投じうることがわかるだろう。それでは、われわれがかれの境遇を嫌悪する原因はなんであろうか。そして、生活の最高の諸身分のなかで教育されてきた人びとが、労働はしないとしても、かれとおなじくかんたんな飲食物で生活し、おなじく低い屋根の家に住み、おなじく粗末な衣服を着るように追いこまれることを、なぜ死よりも悪いものとみなすのだろうか。かれらは、小屋のなかよりも宮殿のなかのほうが、自分たちの食欲がすすむとか、熟睡するとか想像するのだろうか。その反対であることが、きわめてしばしば観察されてきたし、しかもそれはまったく、決して観察されることがなかったとしてもひじょうに明白であって、そのために、それを知らない人はいないほどなのである。それでは、人びとのさまざまな身分のすべてにわたっておこなわれている競争は、どこから生じるのであろうか。そして、自分たちの状態の改善とわれわれがよぶ人生の大目的によって、意図する諸利益はなんであろうか。観察されること、注目されること、同感と好意と明確な是認とをもって注目されることが、われわれがそれからひきだすことを意図しうる、利点のすべてである。安楽または喜びではなく虚栄が、われわれの関心をひくのである。ところが、虚栄はつねに、自分が注目および明確な是認の対象であることについての、われわれの信念にもとづく。富裕な人がかれの財産について誇るのは、その財産が自然に、世間の注目をかれにむけさせること、そして、かれの境遇の有利さがそのように容易にかれをかきたてるすべての快適な情動について、人類がかれについていこうという気持をもっていることを、かれが感じているからである。(中略)

高い地位を、それが避けられるぬものとする抑制にもかかわらず、またそれにともなう自由の喪失にもかかわらず、嫉妬の対象とするのは、このことなのであり、そして、人類の意見においては、このことが、地位を追求するときにくぐりぬけなければならないあのすべての苦労、あのすべての懸念、あのすべての落胆を、償うものとされているのであり、しかもさらに重大なこと、すなわちそれによって永久に奪われるあのすべての閑暇、あのすべての気楽さ、あのすべての心配のない安全さを、償うものとされているのである。   『道徳感情論』より


これほどまで詳細かつ的確な人間性に関しての分析はなかなかできるものではない。『道徳感情論』(アダム・スミス著)が歴史的名著として名高いようだが、読めば読むほど納得させられる。分析し、詳解することが難しい事象、心象について鋭い識見と観察眼、そして論理的思考力によって理論づけていっているのが本当に素晴らしい。この箇所はまだまだ前半であるし、僕の理解と思考能力の大きく上位をいっているので何かを言い足したり、あるいは関連付けて発言することは、この美文、名文を損なってしまうにちがいないので今回は何も語らないことにする。訳文の宿命である、リズムの悪さとスマートさにはやや不満があるが、それでも論文としてお手本になるような完成度の高さである。そしてここに書かれていることは僕が労働と社会についての違和感をそのまま代弁しているようだ。『虚栄』をもっとも忌むべき避けるべきものとして位置付けている者は、社会や大衆に逆行していくわけである。最後に書かれている『虚栄』を満たすことによって永久に(!)奪われる『閑暇』、『気楽さ』、『安全さ』を僕は何よりも手離したくない。しかも現代のネット社会、このインターネットやスマートフォンなどの情報端末はそれらを容易に崩してしまう危険をはらんでいるのだ。現代人は特に『虚栄心』に対して自分自身で監視の目を厳しくしなくてはならないだろう。『虚栄心』の赴くままにこれらのツールを扱い続ければ生活に不具合をもたらすことは必至である。

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

怖くて飛べなかった履歴から初めて窺いました。

記事を幾つか読んで素晴らしい知性に感動していて、
それに比べ知性など少しも感じられない私ブログが
お恥ずかしい次第です。

共感できることが多いのでこれからの更新を楽しみにしています。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる