スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は努力次第 どこでどのように暮らすのが幸せなのか


雨があがって、アイルランド人の家をあとにし、もう一度湖のほうへ足を向けたとき、ひと里離れた草地や、ぬかるみや、沼地の穴ぼこや、さびしい荒れ地を渡り歩き、いそいそとカワカマスを釣りに行くなんて、学校ばかりか大学にまで行かせてもらった人間がするにしてはあまりにつまらないことではないか、という思いが一瞬のあいだ、頭をかすめた。けれども、肩ごしに虹をふり仰ぎ、洗われたような大気を通してどこからともなく運ばれてくるかすかな鐘の音を聞きながら、夕焼け色に染まった西のほうへと丘を駆けおりたとき、私の守護神がこう言っているように感じられた。日ごとに遠く、広く、釣りと狩りに出かけるがよい―さらに遠くさらに広く―また心おきなく、あちこちの小川のほとりや炉辺で憩うがよい。汝の若き日に、汝の創造主を記憶するのだ。   『森の生活』より


「hajimeさんがこんな仕事をしているのはもったいないですよ。事務仕事だって十分に勤まるんですし、ホワイトカラーでないにしても、もっと金になる仕事したらいいじゃないですか。まだ若いし、能力もあるんですから…」

仕事の相棒が休憩の合間にこんなことを僕に言った。

「いやー、僕好きなんですよね、この仕事。お客さんに直接ありがとうを言ってもらえるし、なにより苦にならない仕事ですから」

「この仕事は麻薬みたいなものですよ。一度やってみると楽しみやらやりがいを見出してしまって、なかなかやめられないんですね。それでいて、儲かるような仕事でもなし、じきにひどい仕事も舞い込んでくるようになって、しんどくなったり嫌になったからって専門的な仕事ですから簡単に他業種へ転職するわけにもいかず、気が付くといろいろなものを失ってしまったという状況に追い込まれていたりするんです」

僕からいわしてもらえば、よっぽど相棒のほうがもったいない。精神面、技術面で能力が非常に高く、仕事に対する姿勢もプロフェッショナルそのものなのだ。たしかに、彼が言うとおり失ってしまったものというのが選択肢であったり、身辺環境なのであろう。彼の話を聞いていると、仕事こそが彼の人生という気がした。尊敬しないではいられない。

しかし、能力とはなんの意であるか?社会生活における欠陥、ハンデがあること、能力があるにしても、それを用いるのに難があるのであれば、それは能力がないのと同じではないのか。このことが僕の自尊心を大きくしてしまっているのではあるまいか?発揮はできないけれど、能力はあるのだ。と考えるのは意味を持たない。発揮できないのは能力がないのと同じだ。こうした信念のために今の仕事や環境に身を置いているのもまた事実である。今の仕事よりももっと有利な仕事が勤まるようでもあるし、僕が勤まる仕事で今の仕事がもっとも有利な仕事であるようにも思う。多くの人が、状況は違えどこうした悩みをもっているかもしれない。

欠陥があるからこそ、それを補うための能力が自然に従って備わったまでで、この時点では常人と変わらない、やはり自分自身の努力次第なのかもしれない…それは希望でもある…。

僕の家の近くには、川も湖もない。山は見えるが歩いて行ける距離ではない。釣りは大仰な企てであるし、僕の家から西の空も東の空も望むことはできない。『森の生活』のほぼ対極にある生活だ。だからこそ『森の生活』には考えさせることが多くある。ほとんど僕の体験したことのないその生活が僕がどうして知り得よう?しかもそれを実際に体験することは現実社会で考えたときリスクを伴わないことであろうか?僕は決心がつかないでいる…。

田舎暮らしをしてみたら?海外で暮らしてみたら?一度しかない人生をどのように生きていくのか。どこで暮らすのが自分にとって幸せなのか。最近ずっとこのことを考えている。仕事による制限があるので、選択肢は現状では狭まるわけだが、逆に選択肢が狭まることで、選びやすいともいえる。家族や友人との距離感、そして自然あるいは都会との距離感をどのくらいに保つのが心地いいのか。僕はどこでどのように暮らしたら多くの幸せを感じられるのだろうか…?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。