京都 白川沿いの先の物語のある名店 LA VOITURE(ラ・ヴァチュール)


古くから人々の暮らしは川と共にあった。現代では水道、下水道のインフラも進み、川がなくても人々は暮らしていけるようになっている。けれど、川の場所は昔からそれほど変わるものではなく、その証拠に都市には今でもとどまることなく流れている。東京の隅田川、大阪の道頓堀川、名古屋の堀川など、旅をしながら川に風情を感じることもよくあることで、特に都会にありながら自然を感じられる都市河川はより魅力がある。そんな河川が京都にもある。京都の見どころは寺院ばかりではないのだ。

祇園、京都らしい屋並みの裏に白川が流れている。そこに小路へ通じる巽橋が架かっている。小規模な石橋ながら場をわきまえたたたずまいで存在感があった。

P7015480_convert_20150126140417.jpg

白川沿いを平安神宮の方へ行くと途中に知恩院前あたりに風変わりな一本橋があった。生活のために架けられたのではないことがうかがわれるその姿、風変わりな橋であった。岸辺では鴨が戯れていた。わたってみると少し不安を感じないでもない程の幅であった。無論てすりなどない。

content_7caafa55ae573b8652416b5a40a8a17347df9223_convert_20150126144207.gif

平安神宮方面へ歩いて行ったのには理由があった。以前放送されていた「グレーテルのかまど」のタルトタタンの回で紹介された、タルトタタン発祥の地でその味を認められた松永ユリさんのお店、LA VOITURE(ラ・ヴァチュール)があるのだ。タルトタタンはリンゴのタルトのようなスイーツで僕は食べたことがなかったからぜひ、有名なところで食べてみたいと思ったのだ。しかし、結果をいうとすでに売り切れで目的のタルトタタンにありつくことはできなかった。

2013_shiwasu_kyoto_21-2cf3d_convert_20150126150343.jpg

それでも、やはりケーキは風味豊かで幸せの味がした。甘さは幸福に近い感覚だということを思わないではいられなかった。店内はそれほど広くなく、レトロな仏風サロン?のような雰囲気で居心地もよかった。店内の一隅に「YURI’S RESERVED 」と書かれたカードの置いてある席があって、松永ユリさんの特等席となっている。こうした背景に、物語を持っているお店というのは少なくないのかもしれない。いわゆるそうした名店に実際に足を運んでみるのも旅の楽しみの一つとしていいのではないかと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる