愛着あるもので満たされた生活は幸福をもたらす


人間を社会的にするのはかれの弱さだ。わたしたちの心に人間愛を感じさせるのはわたしたちに共通のみじめさなのだ。人間でなかったらわたしたちは人間愛など感じる必要はまったくないのだ。愛着はすべて足りないものがある証拠だ。わたしたちのひとりひとりがほかの人間をぜんぜん必要としないなら、ほかの人間といっしょになろうなどとはだれも考えはしまい。こうしてわたしたちの弱さそのものからわたしたちのはかない幸福が生まれてくる。ほんとうに幸福な存在は孤独な存在だ。神だけが絶対的な幸福を楽しんでいる。といっても、わたしたちのだれがそういう幸福についての観念をもっていよう。何者か不完全な存在者が自分だけで満足できるとしたら、わたしたちの考えられるどんなことをかれは楽しむことになるのか。かれはひとりで、みじめな者になるにちがいない。なんにも必要としない者がなにものかを愛することができるとは考えられない。ところで、なにものも愛していない者が幸福でありうるとは考えられないのだ。   『エミール』より


もし僕が読書をしなかったとしたら、もっといえば『エミール』を読むことがなかったならば、きっと一生この「愛着はすべて足りないものがある証拠だ」という観念を持つことなく生涯を終えたことだろう。それほどこの観念は僕にとって大きな発見であった。

というのも、まず第一に「神だけが絶対的な幸福を楽しんでいる」というが、神が"楽しんでいる"という感覚、僕たちに持つことができるだろうか。そしてルソー自身もそういう幸福についての観念は持っていないといっている。つまり僕らは二重に神の存在の観念から遠ざかっているようにみえる。だがそんなことは置いておく。その特有の幸福があり、なんにも必要としない幸福から生まれてくる、特有の愛でもってわれわれ人類は神に愛されているということになりそうだ。神に関する細かいことや詳しいことは僕にはわからない。だから、僕なりの愛し方で神を愛したいと思う。僕たちが神を愛するという場合、神を信じると言い換えてもいいかもしれない。こちらの方がなんとなくしっくりくる。僕は僕なりの仕方で神を信じ、その存在を感じ、畏敬の念をもっている。

さて、「愛着はすべて足りないものがある証拠だ」とある。そして「なんにも必要としない者がなにものかを愛することができるとは考えられない」、「なにものも愛していない者が幸福でありうるとは考えられない」と結ばれている。世の中を見渡してみると幸福に見えないひとたち、幸福ではないと自ら告白しているひとたちであふれかえっている。彼らを僕がかわいそうだとか気の毒だと思うのは失礼であり、愚かなことだ。だいたい他人の幸不幸など分かりようがない。けれども幸不幸の違いは満たされているか満たされていないか、ということに帰着するに違いない。人に囲まれ、ものに囲まれ、お金に囲まれていたとしても、満たされない気持ちがあれば、幸福ではないだろう。多くの人が自分自身の求めるものと手にしている者とに差が生じてしまっている。その結果、幸福になりきれないのである。

僕は以前から、「生活をシンプルにする」ということをモットーにしてきた。それは今でも変わっていないが、漠然としたこのシンプルというところから一歩進んだ解釈を得ることができた。すなわち、「生活を愛着のあるもので満たすこと」、"愛"というものは無限であるようにみえて、有限である。"愛"は時間や労力という尺度で――目安程度ではあるが――計ることができると考えられ、ゆえに有限である。愛するもののためには時間と労力を惜しまない。だから、その対象はどうしても数が限られてしまう。たくさんの友を持ち、たくさんの友に愛をもって接する……可能だろうか?意図しなくともあるとき、自分の中で順位が決められていることに気が付くだろう。"愛"は無限ではない。強弱が存在するのだ。そこで、この愛着の強弱を正しく見極め、自分自身の生活を真に愛着を持っているものだけで構成する。これが今僕が求めるライフスタイルである。しかも、この愛着という関係は長持ちする特徴を有するため(愛着はすなわち労りや手入れという行動をもたらす)、幸福は続き、環境的に言えば非常にエコということになるのである。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。「愛着のあるもので生活を満たす」という考えは,私もだいじだと思います。「愛着のあるもの」という言葉も,しっくりきます。
この考えと,「シンプルに暮らす」という考えとの関係は,どうなるのだろう?・・・そんなことも,今回の記事を通して考えました。

hajimeさんのいわれるように,私たちの「愛」も有限なので,「愛着のあるものだけを」という考えを貫けば,身のまわりのものの分量はかぎられたものになる・・・たぶん,そういうことでしょう。

私が先日自分のブログで書いた「なごむもの」とは,「愛着のあるもの」のひとつのかたちでしょう。

今回の記事はルソーですが,hajimeさんはソローが大好きですよね。私も,詳しくはないですが,ソローには興味があります。
彼が行ったような「超シンプル生活」っていいな,気持ちよさそうだな,と思います。『森の生活』で好きなのは,彼の小屋の様子や生活用品や食生活を具体的に説明しているくだりです。絞りこまれたものだけで暮らしている様子が興味深い。
(でも,「森の生活」以外の時期の彼の生活は,どうだったんでしょうね?)

でも,私はじっさいには,結構いろんなモノを抱え込んで暮らしているわけですが。
それでも,いつかは相当身軽になるときもあるのでは,とも思っています。

No title

こんばんは!今日めずらしくフランスの詩を記事にして紹介しました。神の恩寵というものに興味をもたれた方の心にはきっと響くような・・・美しい散文詩,おひまなときぜひ讀んでみてください。上田敏の飜譯がすばらしい明治末の名調子です
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる