一人でも鑑賞者がいれば、作品は成立する。その一人を大事にしたい。


できあがる作品については、<先行者>がプエルト・アヌンシアシオンへ行くときに、それを携行し、船便で送ってくれるだろう。その上演は、受け取り人となる、わたしの親しい指揮者や音楽家の判断にまかされるだろう。この点に関する虚栄心からは、すっかり解放されていた。もっとも、いまの自分には、理念を十全に表現し、今日の音楽のひずみを是正するような形式を創造することができる、と信じていたが。喝采のもたらすむなしい名声を求めるわけではなかったが、自分の知っていることをかくさねばならない理由は、なにもなかった。どこかで若者が、きっとわたしのメッセージを待っているだろう。そして、わたしの声をとおして、彼自身のなかに解放された世界を見出すだろう。作品は、他人がそれをみるまでは完成されたことにならない。しかし、それが存在し、真の創作となるためには――ちょうど、アダムが生き物にあたえた名が、その名となったように――ただ一人の人がそれをみることで充分だろう。   『失われた足跡』 カルペンティエル著より


このブログを書き始めた当初はアクセス数がとても気になったし、多くのアクセスを得るにはどうしたらいいのだろうかと考え、悩んだりもした。そして記事の内容が読者にどのように伝わり、あるいは響き、どう影響するかということが重要な問題であった。しかし、いまはアクセス数が多かろうが少なかろうがあまり気にならない。また、増えれば、うれしいに違いないが、増やそうと意気込んだり、そのための工夫を凝らすということもない。毎日、日本のどこかで少数ながらでもこのブログを訪問してくれる人がいるし、ありがたいことにブログ仲間との交流ができたことで、自然と互いのブログを訪問し合うという環境ができた。まだまだ日は浅いにしても、継続していることによる経験と鍛錬で内容や書き方にも自分なりの進歩と向上がみえる。そしてまたある意味の自分自身への満足もある。

今の自分には、「理念を十全に表現し、今日の社会のひずみを是正するような形式を創造することができる」とまで思うことはないが、少なからず社会のひずみを是正するための形式を創造するに必要な感覚と洞察を獲得しようとの努力をしているつもりだ。吟味した名著の読書によって得た知識や思想をかくさねばならない理由は、なにもなく、むしろ発信していかなければならないだろう。そして実際に発信と受信が、現実的な形として表れてはいないにしても、媒体を介して成立していることを考えれば、真の創作として、ブログという現代的な作品がが存在していることにもなるだろう。一人でも鑑賞者がいれば作品は存在し、完成する。その一人に感謝し、その一人を大事にしたい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる