「ゆずる」、「ゆるす」、「あいする」

僕は自分が「人にゆずる」ということができることを誇りとしているし、美徳だと思っている。

僕は後回しでいいし、休憩やものの争奪など、あらゆる利害が生じる選択において他者にゆずる。「どちらか先にあがっていいよ」と言われれば、僕が「最後までやるからいいよ」とゆずる。「どちらでもいいから、好きな方選んでいいよ」とゆずる。仕事でいえば、雑用か平凡な仕事かで雑用を進んで選ぶ。そしたらほかの人が楽になるから。僕は人一倍、汚れや不合理に厳しいから結局やってしまうことになるからという理由も含んでいる。

だからといって、やってやったぞというような優越感やいい人らしさは出したくないから、なんとなく気づまりを感じる。むしろ彼らが気まずさを感じるべきだと思うが、得してラッキーくらいにしか感じないから話にならない。どういう顔をしていいのかわからず、僕は気づまりがする。恥ずかしがるか、ねぎらうかしてくれれば、僕もあっさりしていられるのだが、他者の働きについてみんな無頓着すぎる。今の立場や環境があるのは、いつなんどきでも自分以外の誰かが動いているからであり、それを意識して感じなければ人として情けない。

「人にゆずる」、これは僕にもできているようである。続いて、「人をゆるす」という高い徳を持たなければならない。これは世の中で最も難しい徳であるし、もし世界中の人がこの徳を持つことができたとしたら、世界には平和がもたらされる。最後に、「人を愛する」これは究極であり、徳を超え、最大のなにかである。これによってのみ世界は幸福になれる。これらがきれいごとであることは薄々感じている。大切な人を奪われて、相手を愛すことなどできない。その通りだ。しかし、これこそが争い、戦争の発端なのだ。歴史、先代、そうしたものに対して怒りと反抗心を起こして、相手に対峙していくのであれば、歴史は繰り返す。考えてみれば、僕の祖父を奪ったのは、ある意味医者であるということができると思うが、だからといって、僕たちは通常医者を恨みはしない。同じことだ。他国を恨むということは、変な誤解と偏見からくるにすぎない。当時の政治や情勢によるところがあって、つまり病気の具合も左右しているのであって、相手だけにその原因を求めることは道理に合わない。ちょっと見方と考え方を変えて、ゆるすという徳を身につけなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

“心の如し”と書いて恕す

こんばんは。
ゆるす,ということばは,いろいろな漢字であらわされますね
自分が(自,あるいは他)を許可する,
容赦するの赦す,中に入れてゆるす
諒す,は,了解してのみこむこと。

饒,ということばもあります,饒(ゆる)すは,じぶんが“豊饒”であるからこそ,そのときにはひとをゆるせる。

宥す,はゆとりがある,空間的な,宇(う),を有するがゆえに,といったかんじでしょうか,

いま,自分が,他者にたいして “ゆるし”をおこなった,そのとき,じぶんの“ゆるし”,はどの“ゆるし”をおこなったのかかんがえてみてはいかがでしょう

いちばん素朴で尊い,まごころからの “ゆるし”は ”恕”かもしれませんね

玄少子さん、ありがとうございます。


いやぁ、玄少子さん、さすがです。僕がぼんやりと感じながら言葉に表しつつなんとか理解と実感を持とうとしている概念を漢字を用いることで具象化してくださっている……

「ゆるす」という言葉をひらがなで表したのはつまりそのためでして、自分では適切な漢字を選ぶことができませんでした。そういえば、英語でも「ゆるす」と訳する英単語が何種類もありました。感情に関する言葉は特にそうした深い意味とニュアンスをもっているので扱いが難しいですし、慎重に選ばなければいけませんね。

孔子が一生守らなければならないこととして”恕”をあげたことに今更ながら納得しました。
ありがとうございます。
玄少子さんのような人生の先輩に適切なアドバイスや指導をしていただけるなんて、ほんとに恵まれてるなあと感じています…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる