「生活の為の労力」か「労力の為の労力」か


「僕みた様に局部に当って、現実と悪闘しているものは、そんな事を考える余地がない。日本が貧弱だって、弱虫だって、働らいてるうちは、忘れているからね。世の中が堕落したって、世の中の堕落に気が付かないで、その中に活動するんだからね。君の様な暇人から見れば日本の貧乏や、僕等の堕落が気になるかも知れないが、それはこの社会に用のない傍観者にして始めて口にすべき事だ。つまり自分の顔を鏡で見る余裕があるから、そうなるんだ。忙がしい時は、自分の顔の事なんか、誰だって忘れているじゃないか」

「君は金に不自由しないから不可ない。生活に困らないから、働らく気にならないんだ。要するに坊ちゃんだから、品の好い様なことばっかり云っていて、―」

「働らくのも可いが、働らくなら、生活以上の働でなくっちゃ名誉にならない。あらゆる神聖な労力は、みんな麺麭を離れている」

「何故」

「何故って、生活の為めの労力は、労力の為めの労力でないもの」

「そんな論理学の命題みた様なものは分らないな。もう少し実際的の人間に通じる様な言葉で云ってくれ」

「つまり食う為めの職業は、誠実にゃ出来悪いと云う意味さ」

「僕の考えとはまるで反対だね。食う為めだから、猛烈に働らく気になるんだろう」

「猛烈には働らけるかも知れないが誠実には働らき悪いよ。食う為の働らきと云うと、つまり食うのと、働らくのと何方が目的だと思う」

「無論食う方さ」

「それ見給え。食う方が目的で働らく方が方便なら、食い易い様に、働らき方を合せて行くのが当然だろう。そうすりゃ、何を働らいたって、又どう働らいたって、構わない、只麺麭が得られれば好いと云う事に帰着してしまうじゃないか。労力の内容も方向も乃至順序も悉く他から制肘される以上は、その労力は堕落の労力だ」

「まだ理論的だね、どうも。それで一向差支ないじゃないか」

「では極上品な例で説明してやろう。古臭い話だが、ある本でこんな事を読んだ覚えがある。織田信長が、ある有名な料理人を抱えたところが、始めて、その料理人の拵えたものを食ってみると頗る不味かったんで、大変小言を云ったそうだ。料理人の方では最上の料理を食わして、叱られたものだから、その次からは二流もしくは三流の料理を主人にあてがって、始終褒められたそうだ。この料理人を見給え。生活の為に働らく事は抜目のない男だろうが、自分の技芸たる料理その物のために働らく点から云えば、頗る不誠実じゃないか、堕落料理人じゃないか」

「だってそうしなければ解雇されるんだから仕方があるまい」

「だからさ。衣食に不自由のない人が、云わば、物数寄にやる働らきでなくっちゃ、真面目な仕事は出来るものじゃないんだよ」

「そうすると、君の様な身分のものでなくっちゃ、神聖の労力は出来ない訳だ。じゃ益遣る義務がある。なあ三千代」   『それから』(会話抜粋 改)より


僕の現状は今、この問題の上に落ちている。ここでの代助は働く気はないのだが、持論を展開した結果、自分の働くべきことを裏付け、正当化することになってしまっている。だから単純におもしろい。けれども、この箇所は現実に十分応用できる含蓄を含んでいるから、精読すべきところでもある。

僕もずいぶん労働に前向きになってきた。ここで指摘されているように、それは金に不自由しているからともいえるが、思索を続けた末に形成された(進歩した)思想によるところが大きい。だからこそこの箇所はリアリティをもって労働の本質を僕に訴えかけてきた。そして僕は自分の労働観の決定を下さなければならないことに思い至った。

「生活の為の労力」か「労力の為の労力」か。僕は今後、どういった環境であろうとも、こうした啓蒙活動というか、人生と思想については探求していくつもりであるが、実際的なところでいう、労働からは離れることができないからどちらかを選択する必要がある。どちらにしても「金のための労力」が必要なのであって、それとは別に「労力の為の労力」と言えなくもない、こうした活動を続けていくわけだ。つまり、「完全に生活の為の労力」を選ぶか、あるいは「根本には生活の為という大義があるが、その最低限を満たす程度に労力の為の労力」を選ぶかということだ。努力せずとも、時間や義務というノルマをこなせばいい仕事か、自分から積極的に働きかけ、成長を伴うような仕事をするのか。前者でいえば、時間や労力は金以外の何ものも基本的には生まないと考えられる。もちろん、そうした組織に入れば人間関係はおのずと形成されるであろうし、その仕事に伴う何らかのスキルは身につくだろう。しかし、そこに努力や自主性がないのだから大したものではない。一方、努力と自主性を要する仕事を行えば、間違いなくそうした仕事の賃金は高いであろうし、そうでなくても、そのような姿勢で仕事をしていけば、必ずその見返りとして報酬が必ず得られる。金を得る額は後者の方が断然大きいということになる。さらに、スキルアップもするだろうし、意識の高いメンバーに恵まれるであろうから、人間性もそういう意味では磨かれるであろう。やりがいももちろんあるに違いない。ただし、重要なものが失われてしまう―、自由と時間だ。そうした仕事には責任と要求が多く発生してしまう。休みや疲労を考えていてはとてもやれる仕事ではないし、そうしたものを努力と自主性の仕事とは呼ばない。無論、僕が第一に考えている啓蒙活動と自己探求の比重が軽くなってしまう。これは本末転倒なのではないだろうか?けれども、その仕事による大きな報酬によってカバーできはしないだろうか?こうした疑問も浮かんでくる。ただ無為に時間を過ごす、生活の為の労働こそ無駄なのではないか?しかし、残った時間で自分自身を生きることができる。仕事のために自分を殺すようだと、仕事をやめたときでなければ、自分を生きることができないということになる―。

これは思いのほか難しい問題であるはずなのに、多くの人たちは泰然と決定を下し、平然と日々を暮らし、仕事にいそしんでいる。はたして、彼らは真に幸福になるつもりがあるのだろうか。そして人生をよりよく、この世界をよりよくするつもりははたしてあるのだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる