スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家業は生業の傍らですべきもの すべき仕事はなにか


気分だけではなく、思考も思想も日々変化する。だから絶望してはならないし、考えることをやめてはいけない。やがて答えはみつかるだろうし、いいアイデアも浮かぶはずだ。やがてすべては好転し、晴れやかな未来が開かれることと思う。

僕は僭越にも気持ちあるいはやる気の浮き沈みはあったけれど、読書を生活の一部としてきてからずっとなにかを書くことを仕事としたいと思ってきた。編集やライターというのではなくて、小説やコラムなど人生や暮らしに役にたちそうな分野での作家を志していたのだ。しかし、なんとなくひっかかりのような、抵抗を内心に感じていた。今日それがなんであるかはっきりしたように思う。それをここに書こうというのである。

ありていに言えば、作家業というのは生業としてやるべき事柄ではないということなのだ。作家業を営む方々には失礼千万な言い方ではあるが、三島由紀夫の言葉そのままに、偉大な作家というものは作家業を本業としていない―ゲーテが多方面で活躍し、宰相をも務めていたことは知られているし、また森鴎外は軍医であり、医者としての仕事の傍ら作家業に勤しむ作家は他にも多い―場合が多いのだ。そもそもものを書くという性質上なにか経験がその根本になければならず、作家業を営んでいては、その大事な経験が乏しくなること必定である。なので論理からいっても作家業を生業とすることはあまり正しいやり方とはいえないようだ。

しかも生業としてやるならば、もちろんそれで得た収入によって生活を維持しなければならないのであるが、活字離れが進んでいるといわれている昨今に文筆によってお金を得ようとすることは並々ならぬことであり、賢い選択とはいえそうにない。しかも文学をやろうというのであれば、仕事ではなく自己満足として趣味でいそいそとやってくれと世間から冷たい態度を取られても仕方がない。実際に僕もそうすべきであると同意するだろう。

僕の意志は決定した。このブログにしても制作中の小説にしても反響や今後の進展を期待することをやめたい。書きたいから書く、そして読んでくれる方がいらっしゃる限り、思想の発展と精神の向上に役立てんために努力するというスタイルにとどまろうと思う。そしてこの瞬間から僕は生涯にわたる生業を見つけるか、あるいは自らの手で拵えあげなければならないということになった。僕にできることはなにか?そしてその上、この社会に必要な仕事はなんであるか?こうした問いからはじめ、やがては人生をそのために捧げたいと思えるような生業を見つけ、あるいはつくりあげようと思うのである。「芸術は長く、人生は短し」と言われるが、「仕事は長く、人生は短し」ともいえるだろう。仕事も芸術と同じくらい、いやむしろそれが実用と密接に結びついているためにリアルでごまかしのきかないそれ以上のシビアさをもっているだろう。

幸福のための仕事とはなにか?そして僕はなにを仕事とすべきか?それが今新に僕に課された大きな命題である。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。コメントはしばらくぶりですが,相変わらずハイペースで密度の濃い記事を重ねておられるのを,すごいなーと思いながらみています。やはり書くことがお好きなんだと思います。今回の記事は,私も会社勤めやその他の仕事をしながら読んだり書いたりしてきたので,興味深く読ませていただきました。

ところで,今日「孤独な老紳士の随想録」という,貴ブログに似たタイトルのブログで,貴ブログのことに触れているのを発見しました。このブログの作者は,たまたま私のブログに関心を持ってくださったのですが,そのなかでリンクしている貴ブログを発見して,「まるで私をみているような」と書いておられました。こんなふうに,どこかで誰かがみているわけですね・・・
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。