芸術の偉大さを身をもって感じられる  印象派を超えて―点描の画家たち 


「印象派を超えて―点描の画家たち ゴッホ、スーラからモンドリアンまで」と題されたクレラー=ミュラー美術館のコレクションを中心とした企画展が東京、広島に続き、開催地最後となる名古屋で始まっている。印象派という言葉にめっぽう弱く、ゴッホを愛してやまない僕としては当然強く興味を引かれるものだったので今日、電車ではるばる出向いた。

インターネット上に画面印刷により有効となる割引券(100円引き)と点描にちなんで水玉模様のものを身につけての来場で100円割引というサービスがあって―おそらくどちらかひとつのみ有効だが、特に後者の方はおもしろみがあっていい。僕は偶然、お気に入りのドット柄のフレッドペリーのジャージ上衣を着ており、予期せぬ割引に喜びもひとしおだった。

入場とともに飛び込んできた、こちらのフィンセント・ファン・ゴッホの作品、「レストランの内部」はゴッホらしい質感のある筆致の客席のしつらえと分割主義的傾向を示す空間を限る壁面の点描が独創的な世界をつくりだし、またそれらがメリハリとなっておもしろさを付与していて、優れた作品であった。

divisionism_07.jpg

印象についての上記に分割主義の語を用いたが、僕自身、館内の解説にて初めて知った概念だ。おそらく新印象派と同等に考えていいように思うが、印象派にその萌芽を見いだせる、絵具をキャンバスに塗るのではなく、リズミカルに叩くというような描法によって画面が細かく分割されているところからこういわれる。印象派はこのような描法によるある意味の曖昧さによって移り変わる自然の風景、光の動きをとらえることに成功した。続く新印象派は光や自然をとらえることよりも色と色彩効果を追求し、色彩的な美しさを表現しようとした。ただし、分割主義は印象派、新印象派だけでなく、抽象画の一部をもその定義の内に持つ。この抽象画の一部を担うのが、この企画展でも強調されているモンドリアンである。

企画展に戻って、印象派を超えてとあるように、内容は印象派からゴッホなどのポスト印象派、スーラなどの新印象派、そして最後にその帰結としてモンドリアンで締めくくられる。簡単に総括してしまえば解説も充実しており、絵画の予備知識が乏しくても芸術の辿った流れがわかりやすくなっていて、十分楽しめるものとなっていたのはすばらしかった。

分割主義の根幹ともいえる点描といえばジョルジュ・スーラというのが定番なのかもしれないが、僕が引き込まれた作品は、写真ではその魅力は十分に伝わらないが、ヤン・トーロップの作品、「海」。パステルカラーの細かな点描は分割主義の補色などの理論的効果ではなく、鑑賞者の感情に影響するようにとの狙いがあるそうで、なるほど僕自身もそのやわらかでやさしい色調と描かれる次々にとどまることのない穏やかな波に一時の平安を感じることができた。

src_31725394.jpg

そうだ、分割主義の始まりは印象派であったから、その作品についても少し紹介したい。印象派の有名どころは日本でも人気のあるクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールだが、僕は彼らに加えてカミーユ・ピサロが好きだが、今回の企画展にも気に入る作品が展示されていた。

img_1665_9989996_17.jpg

なんでもない農村の風景であるが、絵画にしかできない美しさと感じのみを抽出し、現実のものよりも一層美を表出できるという強みを最大限発揮していてあたかもその場にいて、その風景を見ているようなそんな錯覚に陥ってしまう。ピサロはこの風景を見て、風を感じていたのかな。なんて思うと感動的ですらあった。

他にもテオ・ファン・レイセルベルヘの「満潮のペール=キリディ」は分割主義の真骨頂ともいうべき補色を用いた陰影が巧みに取り入れられ、ゴッホの「太陽と雲のある囲われた麦畑」という素描は短い直線を整列や変形させて風景を描写し、光をその濃淡で描くというとても高度な技術が駆使されていてひときわ異彩を放っていた。

最後のピート・モンドリアンのいくつかの作品は抽象画に移っていく変遷を示す意味では有意義であったが、作品自体としては傑作と呼ばれるようなものではなかったように思う。過渡的な状態であることが否定できない仕上がりといった感じだったのだ。

それにしても、かなりのボリュームがあって一通りするだけでも結構くたびれてしまうほどだった。しかし大いに結構なことではあるまいか、芸術の偉大さを身をもって感じられるのだから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる