一年を通して「レ・ミゼラブル」が傍らに


「人間というものは実に愚かなものです。私はもう彼女に会えないと思っていました。考えてもごらんなさい、ポンメルシーさん、ちょうどあなたがはいってこられる時、私はこう自分で言っていました。万事終わった、そこに彼女の小さな長衣がある、私はみじめな男だ、もうコゼットにも会えないのだ、と私はそんなことを、あなたが階段を上ってこられる時言っていました。実に私はばかではありませんか。それほど人間はばかなものです。しかしそれは神を頭に置いていないからです。神はこう言われます。お前は人から見捨てられるだろうと思うのか、ばかな、いや決して、そんなことになるものではないと。ところで、天使をひとり必要とするあわれな老人がいるとします。すると天使がやってきます。コゼットにまた会います。かわいいコゼットにまた会います。ああ、私は実に不幸でした。」


「真実はすべてでなければいけません。あなたはすべてを申されなかった。あなたはマドレーヌ氏であったのに、なぜそれを言われませんでした。あなたはジャヴェルを救ったのに、なぜそれを言われませんでした。私はあなたに命の恩になってるのに、なぜそれを言われませんでした。」

「なぜといって、私もあなたと同じように考えたからです。あなたの考えはもっともだと思いました。私は去らなければいけなかったのです。もしあの下水道のことを知られたら、私をそばに引き止められたに違いありません。それで私は黙っていなければなりませんでした。もしそれを私が話したら、まったく困ることになったでしょう。」

「何が困るのです、だれが困るのです!」とマリユスは言った。   『レ・ミゼラブル』(ジャン・ヴァルジャン死の場面)より


フランス文学の金字塔といえる『レ・ミゼラブル』であるが、振り返ってみると去年は僕にとって『レ・ミゼラブル』な一年であった。

去年の初めにミュージカルを元に映画化された同名作品を鑑賞し、想像以上の感激を覚えたので原作を読み返してみようという気持が起こり、ゆっくりと時には中断もしながらであったがようやく読了するに至った。同じ趣味を持つ仲間とその映画の趣意や内容について意見を交わし、晩夏には学生時代の仲間とミュージカルの同作品を観覧しに足を運んだ。

その仲間は学生時代いつも共に過ごしたSとTだったが、Sはことさら「レ・ミゼラブル」に熱狂したらしく、ミュージカルの段取りをしてくれたのも彼であった。アンジョーラに強く魅了され、最後のシーンではえもいわれぬ感動を覚えたと言っていた。Tの方は忙しさもあって、原作と映画ともに触れる機会を持たなかったが、ミュージカルが心に響いたとみえて、幾日も朝、一日がんばらなければいけないと自分を鼓舞するに「戦う者の歌が聴こえるか 鼓動があのドラムと響き合えば」と民衆の歌を口ずさんだらしい。

やはりこの僕も、何に戦っているのかと聞かれ正確に答えることはできないのかもしれないが、しかし日々奮闘していることは確かなように思え、アンジョーラに背中を押されるような気持ちになった。ジャン・ヴァルジャンは最後に上記のような言葉を残して世を去った。彼は常に自分の幸せや利得を優先することはなかった。考えにあったのは他者であった。

「人から見捨てられるようなことは決してない。」どれほど心強く、輝ける言葉だろうか。人に顧みられないことほど悲しくあわれなことはない。孤独を欲するなど考えることさえ恐ろしい。神を頭に置き、義しき心をもつこと。そうしてこそ、人は見捨てられず、孤独のうちに過ごさないという幸せを得るのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる