スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怠けそうな自分へ 『レ・ミゼラブル』より


『おい、お前は怠惰なために一番苦しい生活にはいっている。お前は何にもしないのだと自分で言っている。けれども少しは働くように心掛けるがいい。お前は恐ろしい一つの機械を見たことがあるかね。輪転機というやつだ。用心しなければいけない。陰険な猛烈な機械だ。もし着物の裾でもつかまれようものなら、身体まですっかり巻き込まれてしまう。この機械というのは他でもない、怠けるということだ。まだいよいよとならないうちに踏み止まって、逃れだすがいい。そうでないともう万事だめだ。じきにその歯車の中に引き込まれてしまう。一度引き込まれたらもう出る望みはない。そこではただ疲れるばかりで、休むこともできない。一歩も仮借しない労役の鉄の手からつかまれるだけだ。お前は今、自分の手で生活しようと思っていない、仕事をし義務を果そうと思っていない。普通の人のように暮らしてゆくことを嫌がっている。だが別の道を歩くこともできるだろう。労働は天の法則だ。嫌だといってそれを拒む者には、刑罰としてそれが落ちかかってくる。お前は労働者になることを好かないというが、それでは奴隷となるばかりだ。労働は、一方でお前を許しても、他方でお前をとらえる。お前は労働の友達になることを好まないで、かえってその奴隷になろうとしている。ああお前は、人間らしい正直な骨折りを嫌って、罪人の額の汗を得ようとしている。他の人たちが歌をうたう時に、お前は息を切らすようになるんだ。下の方から遠くに、他の人たちが仕事をするのを見上げるようになるんだ。そしてその人たちは、お前の目には休んでるように見えてくるだろう。地を耕してる者や刈り入れをしてる者や、水夫や鍛冶屋なども、天国の幸福な人々のように栄光に包まれてるとお前には思えてくるだろう。鍛冶屋の仕事場もどんなにか光り輝くだろう。鋤をとり穂を束ねることもどんなにか幸福に見えるだろう。風のまにまに自由の帆を操る小舟もどんなにか楽しく見えるだろう。ところが怠惰なお前は、鶴嘴を使い、鎖を引きずり、車を引き、歩かなければならない。身体を縛ってる鎖を引きずって、地獄の中で荷物を引く獣と同じになるばかりだ。何にもしないことをお前は目的だとしていた。それなのに、ただの一週間も、ただの一日も、ただの一時間も、苦しい思いをしないではいられなくなる。何一つ持ち上げるにも苦痛を感ずるだろう。一刻の休みもなく絶えず筋肉はみりみりいうだろう。他の者には鳥の羽ぐらいなものも、お前には岩のように思えるだろう。ごくわけもないことも、大事業のようになるだろう。怠惰といい楽しみというものは、何という絶壁だろう。何にもしないということは、痛むべき方針だ。わかるだろうね。社会の財産をあてにして怠けて暮らすこと、何の役にも立たない生活を送ること、言い換えれば有害な生活をすること、それは人をまっ逆様に悲惨のどん底に投げ込んでしまう。社会の居寄食者(いそうろう)になろうとする者こそ不幸だ、ついには有害な寄生虫になってしまう。ああ、お前は働くことを好まない、うまい酒を飲みうまいものを食い楽に寝ていたいという考えきりもっていない。だがそれでは結局、水を飲むようになり、黒パンをかじるようになり、手足は鎖につながれて夜通しその冷たさを身に感じながら、板の上にじかに寝るようになるだろう。ああかわいそうにお前は誤った道をとっている。何にもしないということが、お前を悪い方へ導いたのだ。私を信じて、怠けようなどという困難な仕事を始めなさんな。悪者になるのは、容易なことではない。正直な人間になる方がよほど楽だ。さあ行って、私の言ったことをよく考えてみなさい。』   ユーゴー著「レ・ミゼラブル 第四部」より


僕は間違っていないだろうか。思想より、芸術より、進歩より自分の手で生活することではないのか。一度自分ひとりで生活してみることをしなければその本当の意味がわからないのではないだろうか。僕は甘えていないか。幻想を抱いていないか。そもそも、世の中は少しずつ変わりうるのだろうか。労苦は少しずつやわらぐのではないのか。文明とは労苦の軽減の意ではなかったか。僕や社会や両親、身寄りのものの財産を当てにして生きてはいないと百パーセント言い切れるだろうか。心を養う前に、身体を養わなければならないのだから、所詮文学や芸術といったものは役には立たないもので、それらを愛し、それらを究めんとすることは何の役にも立たない生活を送ることにはならないだろうか。だとしたら役に立たない芸術性というものは考えられぬというのか。役に立つものだけが芸術といわなければならないのか。たしかに広い意味でいえば芸術は人を豊かにする、すなわち役立つものであるという前提に成り立っているものだ。では、僕のやっていることは人を豊かにしうるものか。もう一度よく考えて、改めるのでなければ、ここに登場しているモンパルナスとなにもかわらないということになる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。