旅と日常


私は旅が好きである。人生にはおもしろくて楽しいことがたくさんある。それは人それぞれ違うのだけれど、誰でもきっと一つはそのような生きる楽しみ、喜びを持っていると思う。それが私はたまたま旅であるのだ。もちろん旅だけではない。読書や音楽、友との語らいも何にも代え難い大切で幸せを与えてくれるものだ。人生においてそれらのいずれかを放棄しなければならないと言われたら私にとってそれは絶望にひとしい。

旅とは日常を離れて生活することだと私は考えている。私はあらゆる所有物から解放される。自分が持っているものというのは自分を拘束するものでもあるということに気づく。旅に出れば私は日常から解放される。非日常を過ごす。そのとき手にしているもの、本、お金、音楽、着心地のいい衣類などが私の世界に必要なものだ。

私はそこで思う、両親は未だ定年を前に働いている。私はその恩恵を大いに受けている。金銭面でも生活面でも。そんな私がのんきに旅に出てよいものだろうか。彼らは働いていて、私は日常から解放されて生活している…。彼らは旅がしたいだろうか、見たところそれはあまり望んでいないようである。しかしそれは私の存在があるからだろうか。だが少なくとも彼らはのんきに旅行できるような状況に置かれていない、しかもそれは自らの選択によるものである。そして私は旅をするために仕事を選び、労働している。もちろん旅だけのためではないが、私の生活の中での優先度は高い。にもかかわらず、それが妨げられるのは釈然としない気持も少なからずある。結局私は両親を養うだけの成功を収めなければ気兼ねなく旅に出ることはできないのである。のんきに旅がでれる状況の中で成功するということがどれだけ難しいことであろうか。私はそれに挑まんとする者である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる