夏目漱石の文学 交通網の発達と観光地の問題


『ぴん助やきしゃごが何を云ったって知らん顔をしておればいいじゃないか。

どうせ下らんのだから。

中学の生徒なんか構う価値があるものか。

なに妨害になる。

だって談判しても、喧嘩をしてもその妨害はとれんのじゃないか。

僕はそう云う点になると西洋人より昔しの日本人の方が余程えらいと思う。

西洋人のやり方は積極的積極的と云って近頃大分流行るが、あれは大なる欠点を持っているよ。

第一積極的と云ったって際限がない話しだ。

いつまで積極的にやり通したって、満足と云う域とか完全と云う境にいけるものじゃない。

向に檜があるだろう。

あれが目障りになるから取り払う。

とその向うの下宿屋が又邪魔になる。

下宿屋を退去させると、その次の家が癪に触る。

どこまでいっても再現のない話しさ。

西洋人の遣り口はみんなこれさ。

ナポレオンでも、アレキサンダーでも勝って満足したものは一人もないんだよ。

人が気に喰わん、喧嘩をする、先方が閉口しない、法廷へ訴える、法廷で勝つ、それで落着と思うのは間違さ。

心の落着は死ぬまで焦ったって片付く事があるものか。

寡人政治がいかんから、代議政体にする。

代議政体がいかんから、又何かにしたくなる。川が生意気だって橋をかける、山が気に喰わんと云って隧道を堀る。

交通が面倒だと云って鉄道を布く。

それで永久満足が出来るものじゃない。

去ればと云って人間だものどこまで積極的に我意を通す事ができるものか。

西洋の文明は積極的、進取的かも知れないがつまり不満足で一生をくらす人の作った文明さ。

日本の文明は自分以外の状態を変化させて満足を求めるのじゃない。

西洋と大に違うところは、根本的に周囲の境遇は動かすべからざるものと云う一大仮定の下に発達しているのだ。

親子の関係が面白くないと云って欧洲人の様にこの関係を改良して落ち付きをとろうとするのではない。

親子の関係は在来のままで到底動かす事が出来んものとして、その関係の下に安心を求むる手段を講ずるにある。

夫婦君臣の間柄もその通り、武士町人の区別もその通り、自然その物を観るのもその通り。

―山があって隣国へ行かれなければ、山を崩すと云う考を起す代りに隣国へ行かんでも困らないと云う工夫をする。

山を越さなくとも満足だと云う心持を養成するのだ。

それだから君見給え。

禅家でも儒家でもきっと根本的にこの問題をつらまえる。

いくら自分がえらくても世の中は到底意の如くなるものではない、落日を回らす事も、加茂川を逆に流す事も出来ない。

只出来るものは自分の心だけだから、心さえ自由にする修行をしたら、落雲館の生徒がいくら騒いでも平気なものではないか、今戸焼の狸でも構わんでおられそうなものだ。

ぴん助なんか愚な事を云ったらこの馬鹿野郎と済ましておれば仔細なかろう。

何でも昔しの坊主は人に斬り付けられた時電光影裏に春風を斬るとか、何とか洒落れた事を云ったと云う話だぜ。

心の修行がつんで消極の極に達するとこんな霊活な作用が出来るのじゃないかしらん。

僕なんか、そんなむずかしい事は分らないが、とにかく西洋人風の積極主義ばかりがいいと思うのは少々誤っている様だ。

現に君がいくら積極主義に働いたって、生徒が君をひやかしにくるのをどうする事も出来ないじゃないか。

君の権力であの学校を閉鎖するか、または先方が警察に訴えるだけのわるい事をやれば格別だが、さもない以上は、どんなに積極的に出たって勝てっこないよ。

もし積極的に出るとすれば金の問題になる。

多勢が無勢の問題になる。

換言すると君が金持に頭を下げなければならんと云う事になる。

衆を恃む小供に恐れ入らなければならんと云う事になる。

君の様な貧乏人でしかもたった一人で積極的に喧嘩をしようと云うのが抑も君の不平の種さ。

どうだい分ったかい』   『吾輩は猫である』夏目漱石著より


大変長くなってしまった、もし最後まで読んでいただけたなら感謝したい。

夏目漱石の文学の真骨頂でもあり、その核となるべきものが含まれていると思った箇所だ。

何も考えずに読み下ってみても面白さがあり、普遍性があるから時代を選ばない、だから私たちも楽しめる。

しかし、格式高い至高の文学である。

当時の時代風潮、人々の暮らしぶり、そして心理作用。

深い洞察と描写力、テンポのよさと心地いい場面展開。

とりわけ、会話における人物のユーモアと人付きのよさで登場人物のすべてが性格豊かで愛着がわいてしまう。

さて、ここで書かれていることは西洋思想と東洋思想の相違であるわけだが、現代人、現代社会にも当てはまる事柄で考えてみる必要があり、読む人にとってはなるほどと感服せざるを得ないだろう。

どうしてだろう、僕自身も心の持ちようを重視し、その如何によって世界はどうとでもなるというような考えが優れていると思ってしまう。

すでに社会によって思想に後天的な影響を受けてしまっているのだろうか、それとも真理に近いのであろうか。


僕はよく旅をするのだが、そのときよく考えることで、高速道路の必要の程度というのがある。

たとえば、今建設中の伊豆縦貫道やまだつい最近完成した東海北陸道の白川郷ICなどは果たしていいのか悪いのか判断を下しにくい。

伊豆半島は温泉もあり、温暖な気候であるから人気の観光スポットである。

また文人墨客も古くより訪れている、風光明媚な地だ。

そうしたところに多くの人が足を運べるようにアクセスしやすく、交通網を発達させることは有益であるように思う。

しかし、風光明媚というのは歴史や自然のあるがままの意図しないところの風景などであるのであって、そこに手段としての建設物があればその価値というものは下がってしまうのが当然だ。

行きやすい白川郷、アスファルトで固められ、囲まれた合掌造りはいかがだろうか。

これはむずかしい問題である…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる