『風立ちぬ』 生きねば、柔軟性と多元性をもつ作品

子どもたち、そして学生たちが夏休みを過ごす時期になると、映画会社がこぞって年齢層を問わぬ、かつ娯楽性に富む作品を公開する。

その中でもジブリや大手製作会社の映画は公開前から話題を呼び、注目が高い。

彼らにとってこの夏商戦は威信がかかっているといってもいいほどで、連日映画館には人が集うようだ。

連日、猛暑が続き、屋外はもちろん、屋内にいても熱中症の危険があると新聞、テレビで報道されているが、休み中の涼の取り方のひとつとして映画館という選択がされているというのも一つの理由かもしれない。

僕もここ何年か毎年1本以上は映画館に足を運んで新作映画を鑑賞していて、恒例行事となりつつある―去年はコクリコ坂、その前はアリエッティとここジブリ映画をみている。

今年も一風変わった趣向のCMが気になっていた「風立ちぬ」を見に行った。

表題の「風立ちぬ」、キャッチコピーの「生きねば」というところからも作品に対する意気込みと内容の充実が伺え、僕の期待も大きく膨らんでいた。


感想や想起したこと、感動の度合いなどが見る人によって 著しく異なる作品ではないかと思う。

主人公二郎が美しい飛行機を作りたいという自分の夢に向かって奮闘する姿を軸に菜穂子との恋物語、そしてファンタジックな夢世界での旅客機を実現してみせた、尊敬する人物カプローニとのやりとりが描かれる。

二郎の夢である美しい飛行機を作る夢が、それを追う過程で関東大震災や戦争といった政治や天災という不可抗力要素によって妨げられるが、それを乗り越え、また結果として「最後はズタズタだった」というように、彼の努力はゼロ戦となって結晶するが、特攻隊のために使用され一機も帰ってこないという悲劇に終わる。

それでも、菜穂子は「生きて」と夢世界の中で二郎を励ます(菜穂子は結核によって死んでしまう)。

同じ場面で尊敬するカプローニから「この10年、全力を尽くしたかね」というような問いを投げかけられる。

これも重要だ。

『地道で長いひたむきな努力』と『いかなる逆境、どうにもならぬ苦境に陥ったとしても生きる根源的なエネルギーに立ち返って、人生の歩を進めること』

こうしたメッセージを強く受けた。

こうした文学色があり、啓蒙的でかつ恋物語も絶妙に混ぜられている。

しかしその物語は順風満帆とは行かず、山を登って絶頂を見て、滑落するといった展開を見せる。

出会いはいかにも運命的で、菜穂子の気の聞いたフランス語での問いかけは一瞬にして二人の世界を作り上げ、観客をそこに引き込んだに違いない。

それから二人が関係を深いものにしていく過程はあまりにできすぎているので、構築された美しい話として受け取ればいいだろう。

一緒に上司の家に泊まる際に、結婚していなければ許せないといわれ、即断で結婚をし、その式を上司宅で行う場面はやや滑稽ではあったが、時代の風潮を描き、またその旧弊の如何を考えてみるきっかけを与えていた。

結核を煩い、高知療養所で療養をしていた菜穂子が美しい姿を見せようと二郎のもとをたずね、しばらくして戻っていってしまう―もう来るところまできてしまった―場面は涙を誘わずにはおかなかった。

というのも、避暑地、軽井沢で出会ったカストルプ氏(魔の山の主人公ハンス・カストルプからきているのだろう)がその地のことを「魔の山」と表したように、まさしく高地で療養している菜穂子はヨーアヒムをはじめとする結核患者を思い起こさせる。

「ニホン、ハレツスル、ワスレル」、「コクサイレンメイダッタイ、ワスレル」といった言葉が印象的だ。

『魔の山』は僕の好きな文学作品の中でも特別すきなものなので、その数々の場面も脳裏に浮かんできて、いっそう感動と悲哀を感じたのだ。

そして最後の場面、空にたくさんのゼロ戦が描かれ、「(二郎が人生をかけて追った夢の一つの実現としての形である)機体は戻ってこなかった」というところで僕は作品とは関係ないとしても『きけ、わだつみのこえ』の中に記されるたくさんの特攻隊として戦場に突撃した若者たちの言葉を思い出さないではいられなかった。

彼らはあまりに勇敢だった。

情熱の結晶であるゼロ戦を駆る者として恥じぬ者たちであった。

しかし、その用途が大いなる間違いであったのだ。

この世界に生きる僕たちにとって、周囲の環境、自分の置かれた立場、状況というものは常に考えなければならないし、それは大きな力を持って僕たちに働きかける。

しかしその中でも、僕たちは強く生きなければならないし、情熱を注ぐべき自分の存在意義ともいえる世界への働きかけの道具を鍛えていかなければならないだろう。

最後に、テーマソングである『ひこうき雲』も作詞・作曲松任谷由美で秀逸で、いい映画にはいい音楽といえる楽曲だ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる