ブログから実際的書物、物語へのシフト


最近、ブログの更新が以前ほど頻繁ではなくなってしまっていた。

物理的な事情としては、八月の終わりに予定している旅の行程とそのときの宿を決めようというやむにやまれぬ欲求に襲われ、それがまだ先が長いのにもかかわらず、それゆえにかもしれないが、思いのほか難渋してしまった。

それに加えて、FIFAコンフェデレーションズカップがブラジルで開催されており、その連日の夜中の試合のための僕自身のコンディションを保つためになかなか余裕をもつことができなかったのだ。

その間、夏のための資金を稼がなければならなかったことも付け加えなければならない。

あと、心理的な事情としては、ブログではなく、実際的な書物、物語といったものを書きたい、書いていきたいという気持ちが強くなり、そちらに力の重点がシフトしつつあるということがある。

一般よりたくさん読書し、考えることが好き、そういうことを好む人間としては、誰もが自分の感情や心情、思想、芸術観というものを文字にあらわしてみたいという気持ちに駆られることは当然だと思うが、僕もやはりそのように思って、このブログを書いていたわけだが、それというのも、文章を書く訓練や少なからず、ありがたくも読み手いらっしゃって、その反応が受け取れるということで有益に思い始めたわけだ。

今まではどちらかというと、こつこつと書くことよりも、人目に触れさせたいという気持ちのほうが強かったが、少しずつ、じっくりと言葉をつむいでいくということに意味と愉しさを感じるようになってきた。

ひとつの物語や思想体系などを論じることはたやすいことではないが、じっくりと時間と労力をかけて成し遂げることをしていかなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる