『執着を持たず、日々に忠実であること』


『気持を軽くもてばなにごとにも堪えられる!

気持を軽く、か!

こういう言葉が私のペンから出てくるとは、笑わされるね。

おお、この体内にもうすこし軽い血さえ流れていれば、私は太陽の下でいちばん幸福な人間なのだがね。

やれやれ!

ほかの連中がわずかばかりの力量と才能をもって、いと快適に得々とわが面前を闊歩しているのに、この私が自分の力量と天分に絶望しているのか?

それを私にみなお恵みくださった親切な神さま、あなたはなぜその半分をとっておいて、その代りに自信と自足をあたえてはくださいませんでした!


忍耐をしろ!

忍耐を!

そのうちにもっとよくなるだろう。

まったく君のいうとおりだったよ。

毎日世間の人間のあいだを追いまわされて、かれらがすること、またそのする仕方を見るようになって以来、私は前よりずっと自分と仲がよくなった。

たしかに、われわれは何事をも自分と比較し、自分を何事とも比較するようにできているのだから、幸とか不幸とかは、けっきょくわれわれが自分を対比する対象次第のわけだ。

だから、孤独ほど危険なものはない。

われわれの想像力は、もともと高きを求めるものであるのに、さらに文学の空想的な幻影に煽られて、しらずしらずに存在の一系列をつくりあげてしまう。

そして、自分はその最下位にいるが、自分以外のものはもっとすぐれている、他人は誰でもずっと完全だ、と思いこむ。

これは自然の傾向だ。

われわれは、自分に多くのものが欠けていることをしきりに感ずるし、自分に欠けているものは他人が持っているような気がするものだ。

そればかりではない、自分のもっているものを全部他人に贈物にして、おまけに一種のこころよい理想化までする。

このようにして、幸福なる人間像ができあがるが、それはわれわれ自身が描きだした架空の幻にすぎない。


これに反して、もしわれわれが微力ながらも、また労役にくるしみながらも、ただひたむきの働きをつづけてゆけば、われらはおのずと知ることができる。

このはかどらぬ舟足すら、帆をあげ橈をあやつる他人よりも遠くを行くことを。

さらに、かくて他人と歩度を合せひいては一歩先んずるとき、そこにまことの自己感情が生まれることを』   『若きウェルテルの悩み』より


なんと思慮のない人びとが幅を利かせている世の中だろうか!

正義よりも無遠慮や傲慢が通ってしまう、良心という語がどこか実相を持たない麗句のような響きをもつ空しさ。

気持を軽く持てば、そんな気持も起こらないのだろうが、リラックス、リラックス!と言われてリラックスできたためしのないことと同様に気持を軽く!と思って気持が軽くなったらなあ!

正しき行いを!と日々を過ごそうとする善良な市民が憂うつに陥らなければならないとは悲しき定めである。

深く感ずる心や優しき心に勝る、朗らかさ、快活さを与えてくださったならば、人生がどれほど活気に満ちた幸せを感じるものとなったであろう。


恋の敗北は人生の敗北でもなければ、人格の敗北でも決してない。

しかしながら、自分を劣等化する代わりに、その恋敵を美化し、優越視するのは自然であろうか?

それは卑屈であると、僕は断じよう。

その恋敵を貶すこと、卑下してみることは愚劣である。

日本にはとても便利な概念が存在するのでそれを用いることが、自己防衛にもっとも適しているのではなかろうかと思う―縁である。

縁がなかったと思えば、なんの苦もないだろうか?

もっといえば執着こそ悪徳であるといってよいかもしれない。


執着を持たず、日々に忠実であること、それを続けることができるとしたら、独善的行為や自己嫌悪に陥ることもなくなるだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

そうですね
hajimeさまのおっしゃることわかります・・・。

>執着こそ悪徳であるといってよいかもしれない

執着は仏教においては悪い意味で用いられたりもしていまして
いろんな考え方
いろんな理解がありますものね・・・。
ただ
執着そのものが悪徳なのか
その執着の持って行き処(例えばストーカー或いは自殺など)がそうなのか
と思ってみたりはするんですね^^
さすれば
かのダンテの愛は・・
となりますと
それは執着には違いない(愛に執着は付き物です)ように思うのですが
誰にも迷惑をかけず
一大芸術作品に昇華させたあの愛
それは
偉大なる執着とも謂えませんでしょうか。

そして
先日は三島の金閣寺においてMAILを下さいまして
ありがとうございます♪
漠然とした問いかけを戴きまして
処何からお話しすれば良いのかと
迷ってます・・
数行で語れるものではございませんが
敢えて記すなら
この作品は三島が
日本文化の精神性(その美の象徴としての金閣寺、父親、鶴川)
そして
快楽的物質的生き方(母、柏木)といった
根源的価値観における二項対立を描き
日本人が培ってきた美しき精神の永遠性を目指したものでは
なかったでしょうか・・。

三島が愛した”日本古来よりの日本人の精神性”については
テクストに纏めて本日blogにupしてみました。
お時間或る時に
遊びにいらして下さると嬉しいです・・・。
saki
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる