スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムウェイの罠


このブログのありがたい訪問者さまの中にはときどき「アムウェイ」に関する検索ワードによっておいでになる方がいらっしゃる。

その検索ワードは「アムウェイ成功者」や「アムウェイはなぜなくならないのか?」といった具合だ。

思いのほか需要がありそうなので、少し書いてみようと思う。

そうしたアムウェイに関して調べる方というのはアムウェイを始めようかどうしようか悩んでいる場合が多いのではなかろうか?と思う。

なのでまず、成功するために始めるということだと思うので、向き不向きについて少し。

アムウェイやネットビジネスの魅力はなにかといえば、がんばったらがんばった分だけ報酬をもらえるという極端な歩合制(がんばらなければ報酬なし)―がんばったらというのは、結果を出したらという意味であり、努力や行動の質は問われない―、常識では考えられないほどの高い報酬、ともに成功するというような図式などさまざまである。

しかしながら、始める動機というのが高収入、つまりお金のためであるならばやめるべきだと思う。

というか、成功しないだろう。

それを見極める簡単な方法は、自分がアムウェイのほかにFXや株取引も始めてみようかと考えたり、思ったことがあるかどうかである。

お金が欲しいのはわかるが、それほどまでに欲にまみれていては全く希望はなさそうだ。

FXや株取引で儲かるのはそのまま直接損をしている人がいることを意味するので、他人の不幸を喜ぶ神経は僕には理解できない。

相対的な相場の動向による差によって利益が出るということならばいいではないかと言われそうだが、それもまた売買している以上広い目で見れば同等である。

ぜんぜんフェアでないし、そんな生産性もないことお金をもらおうなんていうのは浅はかだ。

もし元手がたくさんあるのであれば、自由にどうぞだが、お金がなくて、儲けたいという人が立つ場ではないだろう。

さて、これで株やFXとおなじように単なる楽な金儲けの手段としてそうしたアムウェイなどのビジネスを考えている人は潔く諦めてもらった。

次に、アムウェイの罠というのがあると僕は思っているのだが、それはなにかというと「質のいいとされるアムウェイ製品」である。

今の時代に質の悪い製品自体もうあまりお目にかかれないのだが、アムウェイに悪い意味ではまってしまっているひとはことさらにこのことを強調する。

そして、仲間で成功できるという甘い言葉に妙な宗教観も相まってほぼ洗脳状態になってしまう。

それでも成功したいのであれば、アムウェイ製品の良し悪しをプレゼンテーションするのではなく、自分自身を磨くことだ。

相手からしてみれば、「なぜアムウェイなのか?」というのが一番の疑問とうつるに違いない。


もっともらしい言葉を並べても相手には「お金が儲かるからでしょ?」と見抜かれてしまっている、残念。

あなたがやっていることならおもしろそう、何を使ったらあなたのようになれるのかしら?なるほど、アムウェイというすばらしい商品のおかげなのね。と思わせる必要があることにどれだけの人が気づいているだろうか?

はい、そんな風に言われるほど魅力的な人間はほとんどアムウェイなんてやらないだろうが、まぁやっている人は成功している人だろうと思う。

でも、結局は成果を挙げられていない非成功者の上に成り立つ成功という図式は疑いもないわけだが。

それか、弱きもの、なにかにすがりつきたい、なんとしても金が欲しいという人を食い物にして成功するのも、簡単でいいのかもしれない。

成功には違いないものね。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。