『鬼怒川温泉』 日帰り入浴でも印象深い温泉地


山間の鬼怒川上流にある温泉地『鬼怒川温泉』は奥座敷の名とは似つかわしくないほどに、険しく荒々しく水が流れている。

そしてそれを見下ろしながら屹立する旅館、ホテルは大規模なものが多く、旅行者を少なからず圧倒する。

『華厳の滝』から旅の疲れを癒そうと、鬼怒川温泉に向かった。

これは僕の要望であった。

その『鬼怒川』の字面に魅力を感じるのは、きっと僕だけではないだろうと思う。

温泉地としても歴史と実績を持つ全国区の温泉であり、かつてほどの賑わいは見せていないものの、まだまだ寂れることなくシーズンには観光客が多く訪れるそうだ。

『ホテル白河 湯の蔵』で日帰り入浴に立ち寄った。

spa_06.jpg(HPより)

眼下に流れる鬼怒川を眺め、その激しさと木々の風に穏やかに揺れる対照が気持ちよかった。

石畳や湯口、湯船の囲みなどに意匠がほどこされており、泉質はややあっさりとしたものであったが、風呂はおもしろかった。

露天風呂は屋根つきの板張りでつくられ、その中心に風呂がきってある。

床も欄干も柱もすべて木材のみからなっていて、開放感とさわやかな雰囲気を演出していた。

疲れと汗を洗い流し、再び車に乗り込んだ僕たちは、車中泊に適した土地を求めて車を走らせたのであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる