スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活を豊かにするために簡単にできる習慣(友人への投資編)

次に、友人への投資について。

あえて限定して友人としたのにはわけがある。

善や親切を意識的に施すのは友人までで十分であり、それ以上を求めてはいけない。

僕らはそれさえきっちりとできないだろうから。

友人に対して投資ができるようになれば、自然とそれは知人にまで広がっていくことだろうが、最初はそれほどの余裕がないと考えられるから友人まででいいのだ。

具体例を挙げれば、僕は旅が好きなのでよく旅へ行く。

そのときにこの友人への投資を積極的にやってみようと思う。

それは

友人におみやげを買って帰ること

である。

この友人への投資は実は難しく、その心を益するようなものがなにかというのはなかなかわかりづらいことだからだ。

おみやげを例にとって考えてみると、

まず友人はおみやげをもらえば率直にうれしい。

そしてその何人かの友人は自分も今度旅行に行ったときはおみやげを買ってきてあげようという気持になるであろう。

これが心の温かさである。

すると、それはひょっとしたら初めにあげたものよりも高価な価値あるものかもしれないし、ひょっとしたら価値の劣るものかもしれない。

しかし、いずれにしても大差はないはずである。

金銭的には損得もない、物々交換に過ぎないのであるが、注目すべきことに、付属的な価値がついているのだ。

それはなにかといえば、お互いの心の温かさに触れられたということと、自分の行ったことのない、あるいは知らない土地や食べ物を知れるという2重の心を益する出来事が添えられてくるのだ。

それを繰り返していくうちに、わらしべ長者のように大きな価値あるものに変わっていき、それにともなって生活は豊かになっていくだろう。

『得たものは分け与えよ』

とっても大事なことだと思う。

独り占め、欲張ることは豊かな生活とは無縁なことである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。