スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活を豊かにするために簡単にできる習慣(自分への投資編)

生活を豊かにするために簡単にできる習慣をここに紹介したい。

それは

『生活に必要なお金以外のお金をできるかぎり投資しようと心がけ、ほんのわずかなお金を寄付や直接的な効果を生まないことに使う』

である。

始めに豊かという言葉を使ったが、僕は生活の豊かさは周囲の人たちによってもたらされると断言する。

僕は一人旅や部屋で一人読書にいそしむことを愛してさえいるが、それは周囲の人たちの温かさがあり、それがゆるぎないものである実感と確信があるからであって、もしそれらが失われてしまったら、そんな楽しみなぞ意味を持たなくなる。

孤独を愛せる状況こそ、至上の幸福なのだ。

では、周囲の人たちに温かみをもって迎えられるにはどのようにふるまい、行動すればいいのか?

こうした思いから前述の結論が導き出された。

この言葉にある投資は株や為替のような投資ではなく、お金のかわりに利益をもたらすようなものにお金を使うということである。

具体的にいうと、自分への投資は、旅や読書のような知的財産、経験・見聞を広めるようなことがら、あるいは見美容院やファッションなどのことである。

特に外見ではなく内面に効果をもたらすような、前者のようなものへの投資はより生活を豊かにしてくれるだろう。

当然のことながら、人の温かみというのは外見や肉体によって発せられるものではなく、内面・心によって発せられるものであるから、それらを豊かにしうる投資を心がけたい。

世界には心を豊かにするものに溢れている。

自然、旅、文学、芸術、科学・・・

それらで心を清め、鍛錬し、輝かせよう。

元来心は、そうした状態を欲しているから、もしそうした心をもった人に触れる機会があれば、きっと心地よさを感じ、相手は温かみを持って接してくれるであろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。