スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生の教訓 『ゲーテとの対話』

『対象より重要なものがあるかね。対象をぬきにしてテクニックをどんなに論じてみてもしようがない!

対象がだめなら、どんな才能だって無駄さ。

近代の芸術がみな停滞しているのも、まさに近代の芸術家に、品位ある対象が欠けているからだよ。

この点をはっきり自覚している芸術家なんて、ほとんどいないよ。

何が自分の心の安定に役立っているのか、わかっていないのだね』

『誰でも旅行をするについては、何を見るべきか、何が自分に大切か、を知っていなければいけない』

『観念的理論的な方向から徐々に脱して、次第に瞬間的な状態の価値を尊重するようにならなければいけない』

『常に現在というものに密着していることだ。どんな状態にも、どの瞬間にも、無限の価値があるものだ。

なぜなら、それは一つのまったき永遠の姿、その代表なのだからね』     『ゲーテとの対話』エッカーマン著より

コンピューターなどのデジタル様式が発展し、ハイテク、理論が重んじられる時代となり久しい。

たいした学のない凡庸な人たちですら理屈と自己流の理論を振りかざし若輩者や弱者を攻撃し、打ち負かす。

そうして実のない人間ができあがり、実のない結果や功績、つくりものが完成する。

いつのまにか、どんな対象に有効にその理論が働くか、あるいは特殊技術を用いることができるのかということがもっとも重要であるということを忘れてしまっている。

頭が賢いから勉強をやらせ、いい学校へ入れる。いいや、これは間違いだ。

その頭脳の対象をなににするかを吟味する必要があるのだ。



芸術や、技術、文学など人力の及ぶところはなんのために存在するのかといえば心身の安定のためである。

これを自覚することでおのずからどのような仕事が必要で、どのように働けば社会に貢献でき、価値のあるサービスができるのかがわかってくるはずだ。

しかし、大半の人々はこのことがわかっていないし、自分が心身が安定しているとはどういうことなのかすらわかっていない。

こうしたことは年齢や経験、性別や社会的地位によらず、才能と感受性、純粋さ柔軟な頭脳を持っているによって理解できるのであって、むしろ若者の方が受け入れ、理解することのできることかもしれない。

だから僕はこのように言い切って、同時に自らも鼓舞したいと思っている。


偉人や賢人、優れた感性の持主、周りの人をひきつける魅力的な人物たちは旅好きの人が多いというのは偶然であろうか?

こうした適切な旅ができ、旅を楽しめる人間、すなわち、自分という人間を知り、何が必要か、何をするべきなのか、自分をいかに律し、コントロールして目的を達成するにはどうしたらよいかをわかっているということなのだ。

そういった優れた人間はやはりひとかどの者となるであろうし、人から見て魅力的に感じるだろう。


今までの人生の中で刷り込まれてきた価値観や観念、理屈は早くとっぱらってしまわなければならない。

常に変化する現在に対応し、柔軟な思考力を持って瞬間瞬間に適切な行動規範を持たなければならない。

そのためには、瞬間を尊重し、現在という時に確実に足をつけ、歩を進めることだ。

その瞬間をつなげていくことで永遠性、普遍性にたどり着くのである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。